集団ストーカーに強い探偵事務所とは|嫌がらせ対策と解決方法

集団ストーカーに強い探偵事務所

こんなお悩みありませんか?
集団ストーカー被害・テクノロジー犯罪(電磁波攻撃)などの嫌がらせ被害を受けていて
集団ストーカーに関する豊富な知識(嫌がること)と実績解決力がある探偵事務所を探したいけど、正しい探偵事務所選びが難しい
と探偵探しでお困りの方!探偵選びで解決するかしないか決まると言っても過言ではありまえせん。相談から依頼までの注意点をご説明している嫌がらせ解決に有益な情報サイトです。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 初めて探偵事務所に集団ストーカー被害の相談をする人
  • 集団ストーカー・テクノロジー犯罪などの嫌がらせ被害から逃れたい人
  • 他の探偵事務所に依頼をしたが解決できなかった人

目次

集団ストーカーとは

集団ストーカーとは、シンプルに説明すると嫌がらせを集団的に行う組織です。略語(集ストと称する)
詳しく説明すれば、組織的、宗教団体、村や町・地域全体から集団による嫌がらせ行為を目的としたストーカー行為(つきまとい・尾行・監視・待ち伏せ)嫌がらせ行為は、
 
盗聴、盗撮被害、騒音被害、電磁波被害、異臭被害、迷惑防止条例ギリギリでの犯行を巧妙な手口で悪質な行為を繰り返して行う加害者集団です。
恨みや逆恨みだったり、その他些細なトラブルをきっかけに、一人の人間からの嫌がらせがエスカレートし様々な人間が加わりターゲットを精神的に追い込み、社会から離脱させる愉快犯的な実例も報告されています。
 

集団ストーカーの目的とは

集団ストーカーは組織ぐるみで対象者を計画的に徐々にプレッシャーをかけて精神的に追い込んでいくことが目的です。
複数のストーカーが尾行、待ち伏せ、嫌がらせなど具体的な行動に入っていき、対象者を追い詰めていきます。真の狙いは、心理的虐待です、集団ストーカー被害者の日常生活を破壊する様な
 
不可解な出来事・事件・事故を繰り返し演出することで、被害妄想・幻覚・幻聴を増大させノイローゼにさせ、人間関係のトラブル等を引き起こし、悪評を周囲に吹き込み、被害者の社会的信用を失墜させ精神異常者の如く誘導します。被害者の自尊心や存在意義を破壊させようとします。
 

集団ストーカーの被害は家族や周囲の人に理解されない

集団ストーカーの被害を受けている事実をいくら周囲の人に説明しても信用と理解してもらえないで一人苦しんでいることでしょう!さらに集団ストーカーの被害を受けてるのではないかと不安や疑問を抱かれている被害者「本人」あるいは、「家族(母親・父親)(息子・娘)(兄・弟)の方や友人、知人、同僚、周囲の人々ににこの集団ストーカー犯罪を理解してもらいたいと願って一人で戦っているのです。理解だけではなく解決したいからこそ証拠を押さえたいと願っています。

長年集団ストーカー被害に遭われている方は、解決したい一心でスマホやパソコンのネット検索で「集団ストーカー解決方法」「嫌がらせの証拠を押さえてくれる探偵事務所」などと検索をして少しでも楽になりたいから解決をしてくれる機関を探しているいると思われます。

ネットではたくさんの情報が得られる中で正しい情報だけが得られるわけではありません。間違った情報も吸収してしまい情報整理がつかない状態になります。あれもこれもと詰め込み過ぎると頭の中が錯綜してしまい正しい判断ができないことが多いです。集団ストーカーの手口の一つである「電磁波攻撃」では、目に見えないものなのでなかなか理解されず周囲からは「頭がおかしい」や「変り者」で片づけられてる傾向にあります。

関連記事もチェック

<<家族や友人が電磁波被害を受けているかもと!気になったらチェックしよう

電磁波・嫌がらせ関連記事

電磁波 嫌がらせ家族が電磁波や集団ストーカー被害を受けていると訴えてきた場合の適切な対処法は!

 
関連サイト:「家族が電磁波被害を受けていると訴えている場合の正しい対処法」←をクリックして下さい!

 

集団ストーカーの手口と種類について

当事務所に寄せられた集団ストーカーの手口と種類は、そろって被害者の方が同じ攻撃をされている共通点があります。その中から最も多い被害状況と手口をご紹介しております。

私も同様な被害に遭っているかもしれないと、当てはまる項目やもしかしたら要注意で狙われているかもしれません。

集団による監視・つきまとい・張り込み

複数人による被害者への付きまといや監視・尾行をするため、外出する時間が相手の読まれていたり帰宅する時間帯も読まれるため行動パターンが加害者らに共有されていることの被害相談が多々あります。
加害者からすれば監視をしているよ!いつでもあなたの行動は全て把握しているよ!と精神的に追い込み、狙っているから逃れられない心理状況を作り上げているのです。
外出も怖くなり、人と会う事も怖くなり、「孤立化」を目的として集団ストーカーの手口になります。

通行人からすれ違いに悪口や嫌味を言われる仄めかし

自分の顔をみて笑っている人がいる。本人しか分からないことを通行人がすれ違いざまに言われることが一度だけではなく複数回、全く知らない人物から言われ続けると、偶然ではないことに気付くようになります。
心理的動揺や精神的に追い込みことが目的です。これが「仄めかし」の攻撃になります。
 

デマや嘘の情報をネット上で公開

集団ストーカーは、狙っているターゲットを陥れる目的で、個人情報を悪用し被害者になりすましデマや言われなのない嘘をネット上で公開します。

集団ストーカーはインターネット関連の技術レベルが高いのが特長です。2ちゃんねる・5ちゃんねるやダークウェブその他、数多くのネットで配信しているのが現状です。

犯行の痕跡が残らないようにネット上で公開と削除の繰り返しをしているので証拠が集めにくい問題ですが、サイバー犯罪やインターネット関連の技術が高い集団ストーカーでも完全なる犯罪は不可能です。

どんな刑事罰があるか
 
SNS上で根拠のない悪口を投稿すると、名誉毀損罪や侮辱罪などに問うこともできます。
 
国の現行法では「デマそのもの」を処罰・禁止する法律は存在しないですが、デマが他人の信用をおとしめる結果を招いた場合は、信用毀損罪が適用される。
デマが他人の信用をおとしめる結果を招いた場合、「信用毀損罪
 
「信用の毀損」または「業務の妨害」という危険が生じれば、それぞれ信用毀損罪・偽計業務妨害罪が成立します。
SNSやインターネット上のトラブルで、たびたび問題となるのが名誉毀損罪です。
 
人の社会的な信用を損なうような事柄を配信すると、名誉毀損罪に問われるおそれがあります。
「名誉を毀損」とは、名誉が傷つくという意味合いにとれますが、ここでは「社会的な信用を損なう」と解釈されます。
 
自分とよく似ている人物だったり、確実ではないなりすまし行為や怪しい・不快だ、気分が悪い、などと感じただけでは、名誉毀損罪は成立しません。

 

自宅内の物が移動する嫌がらせ行為(家宅侵入)

集団ストーカー被害に遭われている方は、何者かが自宅に侵入しているが、入った痕跡がなく透明人間のように姿を現すことなくタンスの中にある服が外に出されていたり、自宅の物が移動していたり、書類や物が無くなったりしています。見えない敵と戦っているのでとても精神的ダメージが強いです。
 
時計の位置が少しだけずれていたり、侵入したことを少し気付かせたい狙いがあるようです。
 
わざと気付かせることは、明らかに集団ストーカーの狙いでありこれも精神的プレッシャーが目的であると報告されています。
 
加害者側の狙いは、さまざまですが、主に知られたくない情報と裏側の真相を知っている又は知られているかもしれない人物に対しての「口封じ」「制圧」「圧力」などから大人の虐め行為の延長線で行うことがあります。
 
恨みや逆恨みを持った人物が黒幕である可能性があるかもしれません。また集団ストーカーの加害者も元々は被害者であった報告もあります。

 
類似の被害例
  1. 帰宅したらシャワーが使われた跡があった
  2. 物の配置が変わっていた
  3. パソコンが操作されていた痕跡がある
  4. 消したエアコンが付いていた
  5. ドアに傷が増えていることが多くなった
  6. 下着、服にオイルなど付けられている
  7. 電磁製品の誤作動・故障が発生する
  8. 食品・シャンプー・歯磨き粉が極端に減少している(スライティング)
  9. 障子が破られたり、穴を開けられている
  10. 衣服を縮ませる。(シャツやジーパンが明らかに縮んでいる)

※スライティングとは巧妙な手口でターゲットのみに証拠を残し、発狂させるために考案された犯罪手法

 

複数車両によるつくまといや嫌がらせ

自宅や職場、移動中に嫌がらせの被害に遭うのですから車両内や車を走行中に当然被害を受けます。

  1. 自宅を出ると同じタイミングで邪魔をしてくる車両
  2. 不自然な車輌を見かける
  3. ゾロ目の車両に遭遇する機会が多い
  4. 追い越していく車のナンバーを見るとゾロ目(111)(222)
  5. 偶然では片づけられない出来事が起きる
  6. 狭い路地で挟み撃ちされる妨害
  7. 自宅付近で徐行する車をがある
  8. あおり運転で困っている
  9. 自宅から離れた場所から怪しい車両に乗った人に監視されている
  10. 先回りをされて待ち伏せされている

関連記事もチェック

<<複数の車から狙われているかもと!気になったらチェックしよう

集団ストーカー関連記事

電磁波 嫌がらせ複数の車両による監視やつきまとい・嫌がらせ行為をもっと知りたい方は!

 
関連サイト:「車両による嫌がらせ行為について」←をクリックして下さい!

 

光を利用した心理作戦ブライティング

ブライティングは、車両(車・バイク・自転車)のヘッドライトを利用してターゲットに対して光を悪用した心理的嫌がらせになります。何度も点灯し繰り返される光は、受けた方からすれば不快感しかありません。
狙っていると心理的に圧力をかける行為です。

ブライティングの相談例
  1. 外出するタイミングで見たことない車のヘッドライトからバッシングを受けた
  2. 近隣住民ではない人物と小型のライトで照らされる
  3. 車を走行中、反対道路の何度も違う車からヘッドライトを照らされる
  4. 自宅を監視している車からチカチカと点灯させられる
  5. 通行人の自転車からまぶしい光のビームを受ける
  6. 自宅内で動くと必ず近隣住宅の部屋の電気が点灯する

 

ノイズキャンペーン(雑音攻撃)

ノイズキャンペーン音の攻撃では、生活音から、咳払い、壁を叩く音、天井の足跡、ドアの開け閉めなどターゲットに対してタイミングよく合わせて聞かせるものです。廃品回収車が通り過ぎるとタイミングよく知らない番号から自宅に電話がかかってきたり、営業の電話がかかってくることもあります。

コリジョンキャンペーン(わざとらしく衝突してくる)

すれ違いざまに通行人から進路妨害や身体に接触する嫌がらせ攻撃です。

コリジョンのタイプも二つあります。
①あからさまに仕掛けてくる堂々とした煽りタイプ
②証拠を取られないように徹底して偶然を装うタイプ

トラブルを起こさせて辞職へ追い込む目的があるので冷静に対応が必要です。
コリジョンは衝突という意味があり、通勤中や退勤中の電車内で、わざとカバンや体と何度もぶつけて
因縁をつけてくるので、挑発に乗らず相手にしないようにしなくてはいけません。

集団ストーカー対策の専門家に相談しよう!

集団ストーカー被害者のお気持ちを十分理解し解決できるのは、日東探偵社は、集団ストーカーに強い探偵事務所です。解決策は一つに限りませんが、行政や警察に相談しても解決することはありません。
元の平穏な生活を取り戻すには、嫌がらせ・ストーカー対策の専門家に相談することが一番です。
集団ストーカーから逃れたい!
集団ストーカー被害、我慢できない!
早急に専門家に相談したい!
集団ストーカー被害にお悩みの方へ、嫌がらせ被害・つきまとい・監視・待ち伏せ・ストーカーに耐えられずにお悩みの方、ご相談には24時間対応しております。

集団ストーカーについて正しい知識を理解しましょう!

集団ストーカー 正しい知識

Q集団ストーカーの目的って何?

A:集団ストーカーは組織ぐるみで対象者を計画的に徐々にプレッシャーをかけて精神的に追い込んでいくことが目的です。複数のストーカーが尾行、待ち伏せ、嫌がらせなど具体的な行動に入っていき、対象者を追い詰めていきます。真の狙いは、心理的虐待です、集団ストーカー被害者の日常生活を破壊する様な不可解な出来事・事件・事故を繰り返し演出することで、被害妄想・幻覚・幻聴を増大させノイローゼにさせ、人間関係のトラブル等を引き起こし、悪評を周囲に吹き込み、被害者の社会的信用を失墜させ精神異常者の如く誘導します。被害者の自尊心や存在意義を破壊させようとします。

Q自宅で待ち伏せしている場合はどうすればいいですか?

A:自宅前で明らかに不審な車や長時間、滞在している人がいる場合は、警察に通報しましょう。
集団ストーカーは、声を掛けられることを嫌がります。警察に通報すれば職務質問をしますので、職務質問した相手がどんな人だったかある程度教えてくれます。

Q通勤途中や道先でつきまといをしてきた人物を見かけたらどうすればいいですか?

A:明らかに自分を追いかけているとつきまといを確信したら警察に通報又は交番に立ち寄って下さい!
集団ストーカーが嫌がることは声を掛けられたりすることがとても嫌がります。
尾行されていることを感じたら、迂回したり角を曲がった時に立ち止まることで追いかけているかどうか判別できます。

Q集団ストーカーの手口って?

A:まずは最初に、狙う対象者の個人情報や行動パターンの収集から始まります。そして、盗撮・盗聴などの監視行為を行い常に被害者の行動をチェックします。その他、手口は巧妙で悪質な行為を一定場所・一定範囲・一定時間・一定期間・不定期に継続的に仕掛けてきます。 

Q集団ストーカー加害者と一般人の見分け方?

:何度も嫌がらせを繰り返し被害を受けた方は、冷静に判断できないこともあるので、全て人が集団ストーカー加害者と認識してしまう傾向にありますが、一般人と集団ストーカーの見分け方は第三者特に尾行や張り込みのプロである探偵に協力を要請しましょう。集団ストーカー側が拡散している「嘘の情報」に惑わされないように冷静な対応が必要となります。

単独で外出や行動するのは危険ですか?

:狙われている時に、単独で行動するのは不安がありますが、極力協力してもらえる人と行動しましょう!集団ストーカーからの狙いの危険レベルで異なりますが、一人で行動する場合は、常につきまといの証拠を押さえられるように、スマホで録画しながら歩行して下さい!
車で行動するならば車両の前後にドライブレコーダーを設置しましょう!

Q加害者に仕返し・復讐したいけど大丈夫ですか?

:いいえ。集団ストーカー加害者に仕返しや復讐したい気持ちは痛いほど理解できます。感情的になって復讐や仕返しをすることはしてはいけません。逆に加害者となってしまいます。嫌がらせの証拠を押さえたら法律の専門(弁護士など)に正当な方法で、訴え主張しましょう。

仄めかし行為が怖いですがどうすればいいですか?

:被害者からすれば常に仄めかしを受けているので怖いのは当たり前ですが、仄めかしは怖くありませんのでご安心ください!
仄めかしは、秘密を知っているなど暴露してやろうと不安を掻き立てるように落とし込んで精神的に弱らそうとしていますが、仄めかしの脅しに負けてはいけません。

ありもしない風評被害が起きているのでどうすればよいか?

:客観的に事実確認が必要になってきます。
ネット上にさらされているのか?それとも風評被害がある一部の特定に人物だけで起きているのか、近隣住民らに広まっているのかを確認する必要があります。
誹謗中傷はとても悪質な嫌がらせです。いつどこで風評被害が始まったのかを特定すれば集団ストーカーの犯人が浮きぼられてきます。

Q集団ストーカーの解決方法は?

:集団ストーカー被害の解決への近道は、証拠収集と犯人を特定することです!犯人の特定は、一般人と加害者の消去法で解決できます。
集団ストーカー被害に悩む方の多くは、集団ストーカー被害を受けてから長期間が経過している状況でご相談される方が少なくありません。自分の被害が集団ストーカーによるものなのか、思い込みなのか分からずに思い悩んでいる方が多く、被害をより深刻にしているのです。解決の糸口は、調査のプロである探偵に真実を明らかにしてもらうことです。

Q.嫌がらせを止めさせるにはどうしたらいいですか?

:刑事告訴と示談の方法がありますが、どちらも嫌がらせの被害を受けたという証拠は必ず必要になります。”嫌がらせをやめさせる”という目的に最も有効な方法が、相手との示談です。弁護士に依頼して立ち会ってもらい、示談書にて話し合いで合意された内容(謝罪文・誓約書・接触禁止、慰謝料請求、損害賠償、反故にした場合の罰則など)
完全に嫌がらせを止めさせるには、探偵が嫌がらせの証拠を押さえ弁護士が交渉し連携して嫌がらせを止めさせます。

集団ストーカー被害でお悩みの方へ

集団ストーカー・嫌がらせの証拠を押さえ平穏な日常に戻るために、探偵興信所・日東探偵社のストーカー・嫌がらせ被害対策サイトでは、専門家やカウンセラーが常駐し、全国の様々なトラブル相談をお受けしています。現在の被害状況をお伝えいただければ、それぞれに合ったサポートとプランをご提案いたします。24時間・365日受け付けており、相談は全て無料です。
もちろん匿名での相談も可能ですので、初めての方もお気軽にご連絡ください。

嫌がらせで選ばれる7つの理由

電磁波 嫌がらせ

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP