集団ストーカーから逃れるには|嫌がらせトラブル解決方法

嫌がらせ解決方法つきまとい・ストーカー行為・巧妙で悪質な嫌がらせなど集団ストーカーから逃れるにはどうしたら良いのか?解決方法を発信しています。嫌がらせ・トラブル問題を解決して笑顔のある平穏な日常を取り戻しましょう!

嫌がらせ集団ストーカー解決方法ガイド

探偵が行う問題解決の基本手順
嫌がらせ被害者がやってはいけないこと!
調査の目的と証拠について
嫌がらせなどの相談先
集団ストーカー対策の専門家に相談しよう!

探偵が行う嫌がらせ問題解決の基本手順

【手順段階】 【ポイント】
問題の認識 問題であると認識すること。解決目標を決めましょう!
証拠を押さえて犯人に対して慰謝料請求をしたいなど
普段の日常を取り戻すためにどうすれば良いか?
目に見えている(発生している)ことだけが問題ではない!
原因の分析 被害状況を細かく整理し、問題を起こしている原因を分析してもらいましょう!
依頼前の相談ではヒアリングは重要です。
解決目標との間にある諸課題を探り出し、関係付けをします。
解決案の立案 問題の原因を除去する解決をご提案させて頂きます。
原因となっているものに影響されない解決策を考える。
調査を実施 解決策を実行する計画を立て、証拠を押さえる為に様々な角度から調査を実施する。
探偵なら被害を立証するだけの確たる証拠を掴む事ができます。
調査後のサポート
慰謝料請求や告訴
集団ストーカーや嫌がらせ被害の証拠を押さえたら弁護士に引き継ぎします。
弁護士は法律と交渉のプロです。弁護士ならば警察が被害届や告訴状を受理しやすい、裁判を有利に進められる。

※原因調査の分析の重要性として、調査・分析をしっかり出来るかどうかで、解決への道程は変わってきます。また多くの問題は調査・分析をすることで解決できるのです。3つの原因の分析は下記の通りです。

現状調査

嫌がらせ・トラブル問題の現状をしっかりと明確化し確実に調べることです。加害者人物像、被害状況と被害時期、現れていることの事実と情報を詳細に収集します。多くの関連データも集めることが重要です。

原因調査

嫌がらせ・集団ストーカー被害の現状調査結果を基に原因分析を実施します。問題には必ず原因があるはずです。そして深く原因を探っていきます。探し出した原因には、更なる原因(妬み)(恨み)(逆恨み)(嫉妬)があるかもしれません。こうして真の原因を突き止めていくのです。原因調査には、計画性も重要です。「いつ」「誰が」「どのように」「いつまでに」と効率的な調査を行います。

問題分析

嫌がらせ被害を受ける覚えがなく、実態が見えない問題、原因が明確にならないトラブル問題や、複雑に原因が絡んだ問題はどうしてもあります。簡単に解決できない原因のある問題については、過去の出来事をヒアリングし問題分析を徹底的に実施していきます。関係する様々な要素を見つけ出し、問題を整理体系化していくのです。

集団ストーカー調査の目的

集団ストーカー・嫌がらせ調査の目的は、被害者に対する嫌がらせ行為を止めさせるために、嫌がらせ被害の有無を確信した上で、嫌がらせ行為の証拠収集を行います。更に加害者を特定(氏名・住所・勤務先)することを目的としています。

調査の内容

  1. 嫌がらせ行為の有無を確認する。
  2. 嫌がらせ行為の証拠を記録化します。
  3. 嫌がらせ行為者の人物特定します。

嫌がらせの証拠について

  1. ストーカー規制法に牴触するストーカー行為及び嫌がらせ行為
  2. 迷惑防止条例に牴触するストーカー行為及び嫌がらせ行為
  3. その他、刑法、軽犯罪法等の法律に牴触する不法行為
  4. 上記の不法行為を行った加害者の存在が確認できた場合、その人物の氏名や住所を特定

証拠として相応しい例

  1. 自宅周辺に継続的にみだりにうろつく行為
  2. 繰り返し被害者につきまとう行為
  3. 被害者の行動を監視する行為、及び監視していると仄めかす行為
  4. 被害者に対して誹謗中傷・暴言・罵倒する言動、及び脅迫文や中傷文章を投函する行為
  5. 被害者の自学や敷地内に侵入する行為、及び家具・家財・車両等を傷つける又は盗む行為
  6. 被害者の進路を故意に防ぐ行為、及び言いがかり・すごみ・威圧的な言動をする行為
  7. 進路妨害を継続的に行う行為

※上記の事例に類する行為及びストーカー規制法・迷惑防止条例、及びその他の関係法令に牴触する行為は十分証拠となり得ます。

証拠として相応しくない例

  1. 被害者と目が合っただけの行為
  2. 被害者を遠くから睨みつけるだけの行為
  3. 被害者との見解の相違などで被害者に不快感を与えるだけの行為
  4. 被害者の独断(思い込み等)で加害者だと認識している人物の身元調査
  5. 被害者にだけ見える又は聞こえる(幻覚・幻聴等)の行為など

※上記の事例及びそれに類似する行為は、ストーカー規制法、迷惑防止条例、及びその他の関係法令に牴触しない行為であるため証拠とならない場合があります。

嫌がらせ被害者がやってはいけないこと!

  1. 時間が経てばいつか止めるだろう!
  2. 我慢すれば何とかなるだろう!
  3. 無視すれば諦めるだろう!

嫌がらせ被害対策の調査経験上と統計的にも時間が経過してつきまとい・集団ストーカー被害が止むことはありません。何度も嫌がらせ・ストーカー被害を受けた方は、常に恐怖心を抱いています。誰が本当の犯人なのか?時間が経過することによって、区別が付けない傾向にあります。「結んでいる糸が絡まり解けない糸」になってしまうのです。一度絡んだ糸は早々は紐解けません。なので早期解決する為に、専門家に相談することが良いのです。

むやみに家族や友人、無関係な人たちを疑わないこと!

嫌がらせ犯人・集団ストーカーの目的は心理的虐待です。そして孤立化することを狙っています。
ストーカー行為を受け続けていると、一般の人、嫌がらせとは無関係な人達にまで疑いを持つようになる傾向があります。
味方であるべき家族等から切り離し、被害者が孤立化することを狙った犯行なのです。相手の思うつぼにならないようにしましょう!

自宅や部屋に引きこもりにならないこと!

集団ストーカー被害でお悩み事の方は、一時も心身休まることが出来ません。しかし恐怖心で外出せず引きこもりになることはやめましょう!
外に出ず引きこもりが原因で仕事を続けることが出来なくなってしまい、退職を余儀なくされることもあります。また、ストーカー行為の影響で職場に嘘やを広められて、職場の上司や同僚からの評価や評判が著しく悪くなってしまうケースもあります。集団ストーカーから逃れるための引っ越しや専門家にストーカー対策を依頼することも出来なくなります。

自分で何とかしようとは思わないこと!

自分で解決することは不可能です。嫌がらせ犯人に直接問い詰めたが逆に訴えると強気だったり、逆に被害が大きくなることもあります。その他、警察に相談することは良いことですが、解決することはありません。警察は事件として犯罪が成立しないと判断した時は、対応してくれないのが実情です。被害者の中には、行政や市役所、警察に何度も相談したことで担当者から注意されたり、不愉快な言葉をかれられたりするケースもあるようです。自分で写真を撮ることは、無駄ではありません。しかし被害者が自ら撮影した記録は客観性が無いと判断されてしまうこともあり、せっかく撮影しても証拠として採用されないこともあるのです。

嫌がらせなどの相談先

①民生委員 「民生委員」は、民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員です。
②役所関係 役所 市役所・区役所や町役場など、自治体の行政をつかさどる組織
日常生活における困りごとなどの相談や問い合わせなどが可能である。
③弁護士・司法書士 離婚、相続、金銭の貸し借り、土地・建物、犯罪被害者などの法律に関すること
弁護士に依頼して立ち会ってもらい、示談書にて話し合いで合意された内容(謝罪文・誓約書・接触禁止、慰謝料請求、損害賠償、反故にした場合の罰則など)
④警察 犯罪の予防や捜査、その他取り締まりなどを行う組織
パトロールの強化など
⑤探偵・興信所 嫌がらせの証拠を押さえたり、ストーカーの正体を突き止めると同時に、ストーカーに対してつきまといを止めるような交渉を請け負うこともあります。
調査のプロなので有効な解決方法の一つです。
嫌がらせ被害やストーカー被害の相談先はあるのですが、役所・行政に相談しても解決できない!警察に相談してもなかなか動いてくれないで困っている方がほとんどです。①民生委員②役所関係③弁護士④警察などは、やはり証拠がないと解決の道は遠いですね。そこで頼りになるのは、証拠を押さえる為に調査会社である⑤の探偵・興信所に相談し解決策を提案してもらい調査してもらいましょう!ただし嫌がらせを得意分野とした集団ストーカーに強い探偵事務所を選ぶ必要があります。

集団ストーカー対策の専門家に相談しよう!

集団ストーカー被害者のお気持ちを十分理解し解決できるのは、日東探偵社は、集団ストーカーに強い探偵事務所です。解決策は一つに限りませんが、行政や警察に相談しても解決することはありません。
元の平穏な生活を取り戻すには、嫌がらせ・ストーカー対策の専門家に相談することが一番です。
集団ストーカーから逃れたい!
集団ストーカー被害、我慢できない!
早急に専門家に相談したい!
集団ストーカー被害にお悩みの方へ、嫌がらせ被害・つきまとい・監視・待ち伏せ・ストーカーに耐えられずにお悩みの方、ご相談には24時間対応しております。

嫌がらせ関連サイト

嫌がらせ対策調査
電磁波調査
ストーカー被害調査
嫌がらせによる悪臭・異臭調査
いじめ問題解決調査
集団ストーカー対策調査

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

PAGETOP