思い出の人探しは自分でできる!?探偵ならではの4つの探し方を解説

この記事では、思い出の人を探す方法についてご紹介します。

思い出の人にもう一度会いたいけれど、いざ探そうと思っても探し方が分からないと困ることってありますよね。

今回は自分で思い出の人を探す方法と、自分で探すのに限界がきた場合の対処法に「探偵事務所への依頼」の検討も紹介します。

思い出の人を探す方法が分からないという悩みを解決してくれるのが、探偵です。探偵に依頼することで、自分で探すよりも本格的に調査してくれるため、納得のいく結果を期待できます。

自分で思い出の人探しをしたい人、自分で探すのに限界を感じたら探偵への依頼も考えている人はぜひこの記事を参考にしてください。

 

この記事はこんな人へおすすめです

 

  • 思い出の人を自分で探す方法を知りたい人
  • 思い出の人を自分で探すことに限界を感じている人
  • 思い出の人探しを探偵に依頼するとどうなるのか知りたい人
  • 思い出の人探しをする場合の注意点を知りたい人
  • 探偵事務所に依頼する場合に必要な相手の情報は何かを知りたい人

 

思い出の人探しを自分でする3つの方法

自分で思い出の人探しをしようとしても、どうやって探せばよいのか方法が分からないという人は多いのではないでしょうか。そこで、自分で思い出の人探しをする方法を3つ紹介します。

思い出の人探しを自分でしようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.知人から情報を集める

最初に行うとよいのが、知人からの情報集めです。思い出の人が学生時代の知り合いなら、思い出の人と同じクラスの人、近所に住んでいた人など、共通の友人にあたる人に情報を聞いてみるとよいでしょう。

引っ越してどこに住んでいるのか分からなくても、知人なら知っている可能性があります。同窓会に出席すると多くの知人に会えるので、思い出の人について聞いてみるチャンスです。

2.インターネットで情報を集める

最近では、何らかのSNSを利用している人が多く、思い出の人もSNSを利用している可能性があります。本名でSNSを利用している場合もあるので、インターネットで一度検索してみましょう。

SNSを発見できなくても、何かの賞を受賞していたり、職場のホームページに載っていたりと、インターネットで検索をすると情報が出てくることがあります。

インターネットで情報を集めても、住所など詳しい情報を見つけられることはほとんどありません。しかし、そこから探す糸口が見つかる可能性があります。

3.卒業アルバムから情報を集める

卒業アルバムに名簿が載っていれば、思い出の人の当時の住所が分かります。そこからさらに思い出の人を探せる可能性があるため、卒業アルバムをチェックしてみましょう。

現在では、個人情報保護の観点から卒業アルバムに住所などの名簿が載っていることはほぼありません。しかし少し前であれば、卒業アルバムに名簿が載っていることがあります。

自分で思い出の人探しをするのは難しい!?思い出の人探しをする注意点とは?

注意点画像

自分で思い出の人を探す3つの方法を紹介しましたが、実際行ってみると、なかなか情報を得られない・・。と思うことが多いでしょう。なぜ自分自身で思い出の人探しをするのが難しいのでしょうか。

自分で思い出の人探しをする難しさと、思い出の人探しをするときの注意点を解説します。

個人情報の観点から情報を得ることは難しい

個人情報保護の観点から、インターネット上に住所などの詳しい情報が載っていることはほぼありません。個人が人を探すために、相手の詳しい情報を得る方法はほとんどないのです。

過去の住所を知ることはできても、そこから転居先を見つけるということも難しく、現在までたどり着くことは少ないでしょう。

自分で思い出の人探しをするのは、時間と労力がかかる上に、見つけ出すことができないという結果になる可能性も大いにあります。

ストーカー規制法に抵触する可能性がある

知人に思い出の人について聞き出すなど思い出の人に近づけるように情報を集めていると、不審がられてしまうことがあります。自分の情報を聞きだそうとしている人がいると思い出の人が知れば、ストーカーだと思われてしまうこともあるでしょう。

自分にとっては、思い出の人と久しぶりに会いたいという純粋な気持ちだったとしても、相手にとっては違う可能性があるのです。そのような場合には、ストーカー規制法に抵触する可能性があると覚えておきましょう。

プロに任せれば安心!探偵が行う思い出の人探しの4つの方法

自分で思い出の人を探すのは難しいと感じたら、探偵への依頼を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

プロに任せれば、本格的な方法でしっかりと調査してもらえます。では、どのような方法で探偵は人探しをするのでしょうか。4つの方法を解説します。

1.情報を持っていそうな人への聞き込み

探偵は依頼された情報を元に、情報を持っていそうな人へ聞き込みを行います。探偵は第一印象で相手から信頼を得られるように努め、怪しまれずに情報を集めるプロです。素人が聞き込みを行うよりもしっかりと情報を集められることがあります。

2.ネット情報から探す

ITに詳しい探偵事務所では、広大なインターネット上から相手の情報を隅々まで検索し、探し出してもらえる可能性があります。

インターネットで知り合った相手を探し出す場合、自分で探す方法は限られてきますが、探偵なら進展を求められることもあるため、一度探偵に相談することがおすすめです。

3.公開情報から探す

商業登記簿、不動産登記簿、住宅地図のデータベースなど、公開されている情報から思い出の人を探してもらえます。自分で公開情報から探すことも可能ですが、会員登録が必要であったり、有料であったりと、簡単に公開情報を見られるわけではありません。

探偵なら、どのような公開情報から思い出の人を探すとよいのかノウハウが分かっています。探偵にお任せすれば、プロの技術で探してもらえるのです。

4.データベースから探す

探偵が閲覧できるデータベースが存在し、多くの探偵が利用しています。条件を満たすことで合法的に存在するデータベースで、氏名や住所などの情報が入っているため、見つけられる可能性が高くなるのです。

このデータベースは、全国民の情報が網羅されているとは限らず、情報が最新版であるとも限りません。しかし多くの情報が入っているデータベースを閲覧できるため、そこから見つかる可能性はあります。

探偵に依頼する時に提供するとよい情報とは?

探偵に依頼する画像

探偵に依頼する時に重要なのが、情報提供です。思い出の人について、持っている情報をできるだけ探偵に提供しましょう。

では、どのような情報を提供するとよいのでしょうか。提供するとよい情報について解説します。

名前や生年月日

名前や生年月日が分かるときには必ず提供しましょう。SNSで知り合った相手は、本名が分からないときがありますが、そのようなときにはハンドルネームでもよいので提供すると探しやすくなります。

漢字表記や読み方、名字まで知っていることは探偵に提供するとよいです。

過去の住所や写真

現在の住所や写真はなくても、過去の住所や写真があれば、提供しましょう。過去の住所からその周りに住んでいる人に聞き込みをするなどの調査ができます。

子どもの頃の写真しかなくても、面影から思い出の人を見つけられる場合があるため、過去の写真でもOKです。卒業アルバムや昔のケータイなどを見て、写真を探してみましょう。

学校や職場

過去に通っていた学校や、職場について分かれば情報を提供すると、そこから新たな情報が得られる可能性があります。

現在は職場が変わっていても、同業種で働いている可能性や、まだ以前の職場の近くに住んでいる可能性などから調査を進めることもあるでしょう。

知りうる限りの連絡先

現在の電話番号やメールアドレスを知らなくても、過去の連絡先でもよいので探偵に伝えましょう。

過去の連絡先と思っていた連絡先でも、実は依頼者のことをブロックしているだけで、他の人からの連絡なら受付けている可能性があります。

データベースで検索すると、情報を得られることもあるため、過去の連絡先も貴重な情報となるのです。

探偵に依頼するなら気を付けたい2つのポイント

探偵に依頼するときには、2つのポイントに注意しましょう。探偵に依頼すれば、自分で探すよりも的確な方法で調査してもらえますが、注意もあります。

探偵に依頼する料金の相場とは?

自分で調査するときには、費用はかかりませんが、探偵に依頼すると費用がかかります。探偵事務所によって料金は異なり、調査の難易度にも左右されるため、事前に見積もりを依頼しましょう。

費用の相場は、5万円から100万円と大きな開きがあります。思い出の人の情報が多ければ、調査の難易度は下がり、本名も分からないほど情報が少なければ、調査の難易度は上がり、その分費用が高くなるのです。

費用と調査内容を精査して、探偵に依頼するか考えるとよいでしょう。

情報が少なくても見つけられる?

思い出の人に関する情報が少ない場合でも、探偵に依頼することは可能です。調査の難易度が高いため、時間と費用がかかります。また、必ずしも探し出すことができるとは限りません。

情報が少ないと自分で探すこと自体が困難になりますが、探偵なら自分で探すよりも幅広い調査を行ってもらえる可能性があります。情報が少ないときでも、探偵に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

人捜し料金プラン

思い出の人探しは、自分で行うと詳しい情報がなかなか見つけられず、難航する可能性があります。そんなときには、探偵に相談してみることがおすすめです。

探偵は、独自のノウハウとデータベースなどプロの技術を活かして、思い出の人を探してくれます。思い出の人の情報が少ないというときでも依頼は可能なので、まずは相談にいってみましょう。

探偵に依頼するときには、情報量が要です。氏名や住所、写真など、不確実な情報であっても探偵に提供することで、調査が進む可能性があります。

思い出の人を探したい人は、探偵へ依頼することもぜひ視野に入れてみてください。

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP