集団ストーカーを知るための情報サイトQ&A

集団ストーカー探偵興信所・日東探偵社が運営する嫌がらせ被害・ストーカー対策情報サイトには、全国から様々な集団ストーカーのご相談が寄せられます。その中でも特に多く見受けられる相談Q&Aをまとめました。
相談内容と類似する被害に遭われている方は、今後に被害が悪化する可能性があるため要注意です。

集団ストーカーについての探偵ガイド

嫌がらせ調査と分析の必要性
集団ストーカー被害事例
集団ストーカー相談ポイント
集団ストーカーについてのQ&A
集団ストーカー被害でお悩みの方へ

嫌がらせ調査と分析の必要性

実際に嫌がらせの被害を受けた方は、とても恐怖心と不安感を抱いて日々過ごしています。複数の車両のうち加害者車両と一般車両の区別がつかなくなり全ての車両が嫌がらせ車両と判断してしまう傾向にあります。探偵が行う嫌がらせ調査では、複数の車両で行う集団的な嫌がらせを行う車両を絞り込み客観的に判断し、ふるいにかけて加害者車両を特定し証拠を押さえます。調査はとても重要なのです。全く身に覚えのない方や近隣トラブルから生じた嫌がらせ行為では、内容も違うので分析が必要になってきます。

集団ストーカー被害事例

  1. 偶然出会う確率はありえないのに何度も会う事がある。
  2. 自分だけが嫌がらせ被害(攻撃)を受けているので家族に気付いて貰えない。
  3. 通勤ルートや自宅を見張られている気がするので犯人を特定してほしい。
  4. 自分しか知らない情報を知らない人が知っている。
  5. 監視や進路妨害などの危険行為を受ける。
  6. 近隣トラブルが原因で集団ストーカーを受けている。
  7. 警察や役所に相談しても解決ができない。
  8. 盗撮された画像がインターネットで共有され拡散されている。
  9. 待ち伏せされ、同じ人物、または似た人物と何度もすれ違う。
  10. 勤務先でデタラメな噂を流されて辞職を追い込まれた。

集団ストーカー相談ポイント

  1. 集団ストーカーはいつから、何が原因で起きたのか?
  2. 集団ストーカーに関係する人物の整理しましょう!
  3. 集団ストーカーによって被っている被害の把握は?
  4. 集団ストーカーを具体的にどの様に解決したいのか?

集団ストーカーについてのQ&A

Q集団ストーカーとは?

A:嫌がらせ・ストーカー行為を組織的に嫌がらせを行う加害者集団です。不特定多数の人間が特定の人物に24時間365日、ありとあらゆる手法で複数の車輌による尾行、自転車の追尾を行うこともあります。時と場合によって、駅や出先などあらゆる場所で先回りをして待ち伏せします。

Q集団ストーカーの目的って何?

A:集団ストーカーは組織ぐるみで対象者を計画的に徐々にプレッシャーをかけて精神的に追い込んでいくことが目的です。複数のストーカーが尾行、待ち伏せ、嫌がらせなど具体的な行動に入っていき、対象者を追い詰めていきます。真の狙いは、心理的虐待です、集団ストーカー被害者の日常生活を破壊する様な不可解な出来事・事件・事故を繰り返し演出することで、被害妄想・幻覚・幻聴を増大させノイローゼにさせ、人間関係のトラブル等を引き起こし、悪評を周囲に吹き込み、被害者の社会的信用を失墜させ精神異常者の如く誘導します。被害者の自尊心や存在意義を破壊させようとします。

Q集団ストーカーの手口って?

A:まずは最初に、狙う対象者の個人情報や行動パターンの収集から始まります。そして、盗撮・盗聴などの監視行為を行い常に被害者の行動をチェックします。その他、手口は巧妙で悪質な行為を一定場所・一定範囲・一定時間・一定期間・不定期に継続的に仕掛けてきます。 

Q集団ストーカーが突然始まったら?

冷静な対応が必要ですね。集団ストーカーの被害は長い時間をかけて、ターゲットの長所・短所や行動パターンを分析してターゲットの前に加担者を配置させます。突然かつ不自然に行く先に現れますが、感情的にならず基本は「無視」「気にしない」が最も有効な対策方法です。アンカリングという手法をよく利用するので、相手の思うつぼにならない様にしましょう。

Q集団ストーカー加害者と一般人の見分け方?

:何度も嫌がらせを繰り返し被害を受けた方は、冷静に判断できないこともあるので、全て人が集団ストーカー加害者と認識してしまう傾向にありますが、一般人と集団ストーカーの見分け方は第三者特に尾行や張り込みのプロである探偵に協力を要請しましょう。集団ストーカー側が拡散している「嘘の情報」に惑わされないように冷静な対応が必要となります。

Q複数の車両による嫌がらせの対策は?

:車両による嫌がらせの対処法については、被害状況をヒアリングさせて頂き、今までの被害状況を徹底的に分析します。その後「逆監視」を行い状況を把握する調査を行います。先ず管轄する警察に相談することをおススメします。しかし警察も決定的な嫌がらせの証拠がないと動いてくれません。嫌がらせの動かぬ証拠を押さえる為に探偵を利用することが早期解決する方法なのです。対策の一つとしては、つきまとい車両のナンバーを記録することです。

Q加害者に仕返し・復讐したいけど大丈夫ですか?

A:いいえ。集団ストーカー加害者に仕返しや復讐したい気持ちは痛いほど理解できます。感情的になって復讐や仕返しをすることはしてはいけません。逆に加害者となってしまいます。嫌がらせの証拠を押さえたら法律の専門(弁護士など)に正当な方法で、訴え主張しましょう。

Q集団ストーカーの被害に向き合うためには?

A:悲観にならずに、被害に合わせて生活リズムを変えてみましょう!
集団ストーカーの被害に遭われても、普段通りに生活することです。買い物や出勤時、退勤後、又は外出先で、複数の車両に監視・尾行、待ち伏せされている感じたら、冷静に回避することが重要です。被害がひどい場合は、買い物を家族に付き添いサポートしてもらったり、生活環境を工夫してみましょう。自宅に閉じこもることはストレスにもなり加害者の思惑通りになるのでやめましょう!

Q集団ストーカーの解決方法は?

:集団ストーカー被害の解決への近道は、証拠収集と犯人を特定することです!犯人の特定は、一般人と加害者の消去法で解決できます。
集団ストーカー被害に悩む方の多くは、集団ストーカー被害を受けてから長期間が経過している状況でご相談される方が少なくありません。自分の被害が集団ストーカーによるものなのか、思い込みなのか分からずに思い悩んでいる方が多く、被害をより深刻にしているのです。解決の糸口は、調査のプロである探偵に真実を明らかにしてもらうことです。

Q.嫌がらせを止めさせるにはどうしたらいいですか?

:刑事告訴と示談の方法がありますが、どちらも嫌がらせの被害を受けたという証拠は必ず必要になります。”嫌がらせをやめさせる”という目的に最も有効な方法が、相手との示談です。弁護士に依頼して立ち会ってもらい、示談書にて話し合いで合意された内容(謝罪文・誓約書・接触禁止、慰謝料請求、損害賠償、反故にした場合の罰則など)
完全に嫌がらせを止めさせるには、探偵が嫌がらせの証拠を押さえ弁護士が交渉し連携して嫌がらせを止めさせます。

集団ストーカー被害でお悩みの方へ

集団ストーカー・嫌がらせの証拠を押さえ平穏な日常に戻るために、探偵興信所・日東探偵社のストーカー・嫌がらせ被害対策サイトでは、専門家やカウンセラーが常駐し、全国の様々なトラブル相談をお受けしています。現在の被害状況をお伝えいただければ、それぞれに合ったサポートとプランをご提案いたします。24時間・365日受け付けており、相談は全て無料です。
もちろん匿名での相談も可能ですので、初めての方もお気軽にご連絡ください

嫌がらせ関連サイト

嫌がらせ対策調査
電磁波調査
ストーカー被害調査
嫌がらせによる悪臭・異臭調査
いじめ問題解決調査
集団ストーカー対策調査

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

PAGETOP