集団ストーカー監視されている被害|思い込みかはっきりさせるために必要な行動と判別方法

集団ストーカー 思い込みか

集団ストーカー加害者なのか一般人なのか?」「監視や観察されているかもしれない」「加害者か区別つかない」「自分の思考がずれているかもしれない?」「集団ストーカー被害の相談先が分からない」集団ストーカー被害や悪質な嫌がらせなどを受けていて周りから「思い込みが激しい」と言われた経験はありませんか?被害を訴えているのに・・なんで理解してくれないの?自分が遭っている被害が思い込みなのかはっきりさせるために必要な行動と対処法や改善方法を解説しています。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 集団ストーカー被害が思い込みなのかはっきりさせたい人
  • 監視している車や人が加害者なのかはっきりさせたい人
  • 集団ストーカー対策調査を探偵や興信所に依頼を検討している人
この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部長
記事の監修担当者:獅子田正秋
嫌がらせ犯人を現行犯逮捕した嫌がらせ調査のプロ集団!
嫌がらせ・ストーカー対策、実績のある探偵へご相談ください!

 

目次

集団ストーカーによる監視の手口

集団ストーカーの監視は一体どのように行われているのでしょうか?集団ストーカーも嫌がらせのプロ集団かもしれませんが、探偵も監視や張り込み・尾行のプロです。張り込みや監視はどのようにされているのかを紹介します。大きく分けて「徒歩監視」「車輌監視」「仕掛けカメラや置きカメラでの監視」「ハッキング遠隔監視・スマホを監視」などが挙げられます。集団ストーカー被害者の自宅の立地の環境に合わせて監視方法も大きく変わってきます。

①立張りでの監視(徒歩監視)

集団ストーカーのターゲットの自宅から監視を開始する例を挙げると、監視場所(自宅)が公園前であったり長時間人が待機していても目立たず不自然な場所ではない立地条件なら
監視はとても簡単です。ただし車輌を長時間停めておけない場合は、徒歩での張り込みを行う必要ああります。それが「立張り」での監視になります。
監視を行う際の服装も目立たない恰好が多いですね。探偵調査員も同じような目立たない服装を好みます。
人は色の特徴で覚えることが多いので、地味な服で監視をしています。

見分け方こんな人は注意が必要

  1. 長時間同じ場所で滞在している人物
  2. 自宅前をうろうろしている人物
  3. 自宅前を通ると自宅を意識している人物

②車での監視(車両監視)

商業地域や住宅でも大きな道路に面しているならば車輌での監視はとてもしやすいです。
監視し易い環境であれば、カモフラージュなどはせず堂々と運転席でターゲットを監視していますが、住宅街や道路が狭い立地条件だと
監視する側も運転席には乗らず助手席や後方席に乗り通りかかった人は運転手を待っているのだろうと思わせます。
時には、工事車輌など軽ワゴンタイプの車輛を利用するため、監視する立地条件に合わせて車輌も変えています。

見分け方こんな車輌は注意が必要

  1. 長時間車が駐車している
  2. 自宅を出ると走り出す車輌
  3. 自宅付近を何度も通り過ぎる車輌

③バイクや自転車等に(仕掛けカメラ監視)

立地条件が悪い監視場所であれば、バイクや自転車などに仕掛けた置きカメラを利用して監視することも可能です。塀のブロックの隙間にブロックの色に合わせたテープを貼り置きカメラをする方法もあります。
Wi-Fiネットワークカメラなどをターゲットの自宅付近に設置し遠隔監視する方法もあります。
ただし住宅街ど真ん中であれば近隣の住民に疑われやすく発見される可能性が高いので犯罪に牴触することを嫌がるので、ターゲットの生活パターンが把握できれば仕掛けカメラや置きカメラでの監視は避けるでしょう!
但し集団ストーカーは常に監視をしたい欲望があるので気をつけなくてはいけないです。

見分け方

  1. 自転車やバイクの不法駐車
  2. 見掛けない箱なのが置いてある
  3. 不自然な置物がある

④ハッキング遠隔監視(スマホを監視)

ハッキング行為はとても高度な技術が必要ですが、テクノロジーに強い人間であれば不可能ではありません!ハッキングされたスマホは、常に監視されている状態で隣に集団ストーカーがいるようなものです。
ハッキングされている状態を放置しておくと、情報漏洩や金銭搾取などの被害だけではなく、携帯端末を乗っ取られ第三者に対して攻撃されるていまいます。
スマホのカメラは起動され位置情報も全て把握されるのでとても危険な監視方法になります。

こんなスマホは注意が必要

  1. スマホを買い替えて新しいのに充電がすぐに減る
  2. 頻繁に迷惑メールが届く
  3. 身に覚えのないログイン履歴が残っている
  4. 知らないアプリが入っている

監視場所が戸建ての場合

戸建て住宅はとても監視がしやすいです。立地条件にもよりますが、集合住宅よりは簡単に在宅の確認が簡単にしやすいです。自宅内の電気の点灯など監視することができます。家の中を照明の明かりで監視することも可能です。ベランダでは洗濯物が干してなかったけどどこかお出かけ?玄関に簡単に入れる戸建てだと、玄関ドアの下に落ち葉を差し込んで出入りの確認し行動を監視されやすいですね。
高級住宅街では、住民のセキュリティの意識が高く、長期間の張り込み監視はとても難しく比較的早い段階で警察に通報があるので、離れた場所に分散して監視することを、探偵業界用語でも「点張り」と呼んでいます。

対策方法

  1. 門や玄関、裏口や勝手口、庭に面した掃き出し窓などが写るように防犯カメラを設置
  2. 暗くなっても撮影できる「赤外線LED」を搭載型の防犯カメラを選びましょう!
  3. 不審な車輌が駐車していたら車のナンバーを控えておきましょう!

監視場所が集合住宅(マンションやアパート)の場合

集合住宅(マンションやアパート)などでの監視は、道路に面して見渡してが良ければ監視は簡単です。戸建て住宅同様に、外部からい室内の電気の点灯で監視することができます。
さらに手の込んだ監視をするならば同マンションを一室借りて監視することも不可能ではありません。

対策方法

  1. ベランダ側では上階から明かりが確認されないように厚いカーテンなどで隠しましょう!
  2. 不審な人物を発見したら管理組合に相談しましょう!
  3. 出入口が複数あるならば出入りパターンを変えましょう!

つきまとい・尾行・待ち伏せ

集団ストーカー加害者は、監視・待ち伏せ・つきまとい・張り込みを繰り返します。尾行やつきまとい・待ち伏せはどのようにして行うのか?
集団的に一人のターゲットを尾行をするには、連携をとります。尾行はターゲットの行動を探ったり監視したりするために、気づかれないように後をつけることです。「バレない」ことが尾行の鉄則ですが、集団ストーカー加害者は尾行をしていることやつきまといをしていることをわざとらしく行います。では、尾行の手段とどんな狙いと目的があるのか?

徒歩尾行

一般的に尾行は2名以上で行われます。複数で行うことによりターゲットを見失う(失尾)リスクを回避できるからです。
集団ストーカー加害者は、より複数で尾行や待ち伏せを行っているとされています。
尾行中、気づかれてもその一人を切り捨てて別の加害者で追跡を行るから集団ストーカー被害者は、つきまといの証拠が押さえられないのです。

尾行を見破る方法と対策

  1. 尾行されていると感じたら曲がり門で一旦立ち止まる
  2. 尾行されていると察したら交番や警察署に立ち寄りましょう!
  3. 人通りの少ない路地へ入りましょう!

車輌尾行

車・バイク・自転車を使い分けて追跡を行います。
バイクは、渋滞している時にとても便利で小回りも聞くのでとても重要です。
車を車1台で追跡するには、とても難易度が高く見失う確率がとても高いです。
その為、集団ストーカーは複数台で追跡することが多く尾行だけではなく、犯罪すれすれの迷惑行為を行います。
迷惑運転やあおり運転など時には進路妨害を行いますが、同じ車輌を使用しません。
GPS機材を車の下につけられている可能性もあります。

追跡を見破る方法と対策

  1. 追跡を感じたら広い大型ショッピングモールなどの上階の駐車場に移動してみよう!
  2. 追跡車輌の「ナンバー」「車種」「色」「運転者の特徴」などを自然に確認しましょう!
  3. 車輌下に設置された機械・GPSを取り外す

関連記事もチェック

<<複数の車から狙われているかもと!気になったらチェックしよう

集団ストーカー関連記事

電磁波 嫌がらせ複数の車両による監視やつきまとい・嫌がらせ行為をもっと知りたい方は!
関連サイト:「車両による嫌がらせ行為について」←をクリックして下さい!

 

組織的(集団ストーカー)嫌がらせの手口と目的

組織的な嫌がらせ集団ストーカーの手口と目的は多岐に渡りますが、つきまといや監視行動には大きく分けて3つ目的があるとされております。

  1. 被害者(ターゲット)の情報収集
  2. 精神的な威圧行為
  3. 行動を制限するための精神的圧力

被害者(ターゲット)の情報収集

上記で説明した監視を行うことで、ある程度のターゲット(被害者)の行動パターンを把握することができます。嫌がらせを実施するにもターゲット自身のことを詳しく知る必要があります。
自宅を出る時間帯、移動手段(徒歩又は車)行き先や立ち寄り場所、接触する人物、弱みを握るためにあらゆる手段で徹底的に調べ上げられます。

精神的な威圧行為

つきまといや監視をしていることをわざと認識させることで、狙われていると精神的に圧力をかける目的があります。

  1. 24時間体制で監視されている
  2. どの場所に行っても同じような人物を見かける
  3. 電車の中に至近距離で目線を感じる
  4. 帰宅すると必ず走り出す車や人がいる
  5. むやみに車のライトを当てられる
  6. 通り過ぎる通行人が自分しか知らない話を仄めかす

など様々です。偶然的なものなのか気のせいか思い込みなのか?判断ができないのでとても被害者は苦しいのです。不安をあおり精神的に追い込むことが目的とされています。

行動を制限するための精神的圧力

行動を制限するために、「お前はどこに行っても監視できている」だから動かないように精神的圧力をかけてきます。その先の狙いは「孤立」だったり辞職だったりするので、負けてはいけません!一人で戦うことはせず専門家に相談することがとても重要です。

思い込みでやってはいけない行動

集団ストーカーの被害を受けていると全ての人が自分を監視・つきまとい・張り込み・待ち伏せ・尾行されていると敵視してしまいますが、思い込みで感情的になり攻撃的な行動は避けましょう!
たとえば、隣人が集団ストーカーにお金で雇われて監視されていると考えてしまった場合、直接相手の話を聞かずして一方的に犯人扱いすると近隣トラブルが発生して二次被害が生じてしまう可能性があります。
被害の実態を把握せずして謝った対応をしてしまわないように、専門家のアドバイスを聞いてから行動しましょう!

 
電磁波・嫌がらせ関連記事

テクノロジー犯罪か思い過ごしか白黒はっきりさせたい1テクノロジー犯罪での電磁波攻撃と集団ストーカーは切っても切れない関係性にあります。
気のせい思い込みなのか白黒はっきりさせたい方は、関連サイト:「テクノロジー犯罪か思い過ごしか白黒はっきりさせたい」←をクリックして下さい!

 

集団ストーカー加害者か一般人か区別する方法

集団による監視被害やつきまとい総合して嫌がらせの被害を受けた方は、とても恐怖心と不安感、外部の人間への不信感を抱いて生活をしているので、全ての人間が敵に見えてしまいます。通行人や会社の同僚、取引先、友人でさえお金で買収されていると
思ってしまいます。視野が狭い状態だと区別がつきません。一人で判別するには難しい問題です。
そこで客観的に加害者か一般人かを探偵が区別します。「ふるい」をかけることにより真の犯人を見つけることができるのです。

関連記事もチェック

合わせて読みたい関連記事

集団ストーカー集団ストーカーに関する知識を得よう!敵を知り己を知れば百戦危うからず
関連サイト:「集団ストーカーを知るための情報サイトQ&A」←をクリックして下さい!

 

まとめ:集団ストーカー対策

自らの被害を警察や自治体、友人や家族らに理解してされず「思い込みが激しい」と言われてしまう方は、徹底的に集団ストーカー対策調査を行う必要があります。
そこで頼りになるのが、調査のプロである探偵事務所!

  • 思い込みではないと主張を通したい方
  • 実際に集団ストーカーの被害に遭っている方
  • 集団ストーカーに強い探偵事務所をお探しの方

一人で集団ストーカーと戦うことは避けて強力な味方をつけなくては何も解決できません。
集団ストーカー調査は、探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい!

嫌がらせで選ばれる7つの理由

①安心の定額プランで分かりやすい料金体系

  • 契約まで費用は0円
  • 調査開始するまでは解約料0円
  • 予算に合わせた選べる料金プラン多数

②完全担当制で最後までサポート

  • 担当制が依頼者との信頼関係を築く
  • 女性相談員による対応も可能
  • 常に担当者と直接連絡が取れる安心感

③秘密厳守・安心のセキュリティ

  • 個人情報保護法を順守強化
  • サイバーセキュリティを徹底
  • 秘密の保持・徹底した個人情報の管理

④業界トップクラスの調査力

  • 嫌がらせ専門探偵事務所だからこそスキルとノウハウがある
  • 嫌がらせ全般に強い調査力と知識がある
  • 電磁波や盗聴盗撮など集団ストーカーやテクノロジー犯罪に特化

⑤依頼者ファースト満足度へのこだわり

  • 調査終了後も無期限でのアフターケアーとメンタルケア
  • 親切・丁寧にヒアリングを徹底している
  • 提携している弁護士事務所の紹介無料制度あり

⑥全国での調査対応しています。

  • 365日24時間体制
  • 全国に調査ネットワークがあり
  • 出張面談可能

⑦嫌がらせ犯人を現行犯逮捕!実績があり

  • テレビ番組で取り上げられた嫌がらせに強いプロの探偵事務所
  • 他の探偵事務所で証拠が取れない難易度が高い調査でも歓迎
  • 実績多数!年間相談数3000件!年間解決1000件以上
電磁波 嫌がらせ

嫌がらせ関連サイト

嫌がらせ対策調査
電磁波調査
ストーカー被害調査
嫌がらせによる悪臭・異臭調査
いじめ問題解決調査
集団ストーカー対策調査
集団ストーカーに強い探偵事務所とは|嫌がらせ対策と解決方法
ひこもりの息子が電磁波を受けていると訴えている嫌がらせ体験談と解決方法
家族が電磁波被害を受けていると訴えている場合の正しい対処法
電磁波攻撃をマンションの住民から嫌がらせを受けている|電磁波被害相談
電磁波を利用した悪質な嫌がらせについて|電磁波攻撃から身を守る方法

探偵のアイコン

悩んだらまずは
お気軽にご相談下さい。

探偵興信所・日東探偵社では、浮気調査・不倫調査、行方調査、危険ドラッグ、社会問題調査などを承っております。テレビ出演実績ありの安心して依頼できる探偵事務所です。

今まで数多くのご相談を頂き、年齢性別問わず、色々な方のお悩み解決をサポートしてきた経験で、皆様をサポートして課題解決していきます。

  • パートナーの浮気の証拠を揃えたい
  • 兄弟など家族の行方を捜したい
  • 子供がいじめ被害にあっているかも…事前対策
  • 元交際相手のリベンジポルノなど逆恨みを受けている
  • セクハラ・パワハラ・モラハラなどハラスメントを受けている
  • 嫌がらせの証拠を押さえてほしい
  • ストーカー被害で苦しんでいる
悩みのある夫婦

などなど、お悩みを抱えている方は、お気軽に相談をご利用下さい。
ご相談の上、最良の調査方法をご提案をいたします。
もちろん、費用に関するお見積もりは無料でご対応しております。

メールは24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事