家族が電磁波被害を受けていると訴えている場合の正しい対処法

電磁波 嫌がらせ

電磁波被害を切実に訴えている大切な家族!「隣の家から電磁波攻撃を受けて寝れない」「電磁波攻撃や盗聴や盗撮をされている」「理解が難しくどう対応したら良いか分からない」「ネット上で誹謗中傷されている」「近隣住民に常に監視されている」「集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害で苦しんでいる」「自宅に盗聴器や盗撮器が仕込まれており行動パーンが読まれている」父親や母親、息子や娘がこのような言葉を口に出していたら早急な対処が必要です。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 大切な家族が電磁波被害を訴えていてどうしたら良いか分からない人
  • 電磁波の正しい知識を知りたい人
  • 集団ストーカーやテクノロジー犯罪を解決したい人
  • 家族が電磁波被害でどう対応と対処をしたら良いか分からない人
  • 探偵事務所に電磁波被害を依頼したが解決できなかった人

嫌がらせ・電磁波調査探偵ガイド

電磁波とは何か?

電磁波と電波はおなじもの?

電磁波という言葉は知っていても、きちんと理解している人は数少ないでしょう。それくらいわかりにくいものなのです。電磁波は目に見ないし、普通の人は感じないから、当然だと思います。
電磁波過敏症という言葉もあるように電磁波で苦しんでいる人は世界中で多いのです。電磁波という言葉はなじみがなくても、電波は誰でも聞いたことがありますね。

では電波電磁波の違いは、どこが違うのか解説します。簡単に説明すれば、磁という字の有無は意味がありません。電磁波と電波は同じと考えてください!厳密にいえば、電磁波という大きなグループの中で、ラジオやテレビ、携帯電話など無線の情通通信に使われているものを電波と呼んでいるのです。

 更に詳しく電磁波とは何か?
電磁波(でんじは)とは、「電場」と「磁場」によって発生する波・波動のことを言います。エネルギー放射現象の一種で電磁放射とも言われています。電磁波の性質としては、いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。波長によって物体に及ぼす作用が少しずつ異なってくる特徴があり、それぞれ違った呼び方をされることがあります。電磁波は一般に周波数(1秒間に生じる電磁波の「波」の数)であらわされ、いろいろな種類があります。

電磁波の正体とは何か?

電磁波は、空間を光と同じ速さで伝わっていく電気エネルギーです。

でも「電気は電線を伝わって送られるから理解できるけど、何もない空間をどうして伝わるの?」という疑問をもたれるでしょう!
そこを理解するには、まず「磁場」と「電場」について知る必要があります。
磁石にはS極とN極があり、離れていても互いに引き合います。つまり、磁石の周辺の空間には、他の磁石があると、違う極同士では引き合い、同じ極とは反発し合う不思議な力が動いているのです。磁場と電場は一見、無関係のように見えますが、実は密接にかかわっています。

磁場の発生源は電流だからです。この原理を利用したのが電磁石。電線をコイル状に巻いて電流を流すと、コイルの上下を貫くように磁場が発生し、コイルは磁石になります。
逆に、コイルの中に磁石を出し入れすると、コイルに電流が流れます。
 
その電流は、磁石の動きに合わせて磁場の変化を妨げる向きに流れるため、プラスになったりマイナスになったりする電流(交流)です。導線に交流の電波を流すと、それによって起きる磁場の変化がさらに新しい磁場を作り出して、次々と磁場と電場が交互に振動しながらへ空間を波のように伝わっていきます。このエネルギー(振動の波)が電磁波の正体なのです。
 

電磁波に関する用語と単位について

電磁波で苦しんでいる家族の為に、先ず出来ることは電磁波について正しい知識を知りましょう!
被害を受けていない家族からすれば電磁波被害は、なかなか理解が難しい問題です。
苦しんでいる家族の心の叫びを理解することが解決に繋がります。病気の疑いだけでは前に進みません。被害状況を理解することを心掛けましょう!
電磁波の全ての知識を得ようとするのではなく電磁波というものが一体何か?ある程度の知識だけで構いません!
 
(1)周波数と波長
電磁波は、光と同じ速さで(秒速30万㎞)で進みます。周波数とは、1秒間に変化する波の波動数。
 
波長とは、1周期の波(1回の振動)で進む距離。波長数が高くなるほど、波長は短くなる。周波数の単位はヘルツ(Hz)。1ヘルツは1秒間に1回の振動を意味し、波長は30万㎞。1キロヘルツ(kHz)=1000ヘルツ、1メガヘルツ(MHz)=100万ヘルツ、1ギガヘルツ(GHz)=10億ヘルツ。
 
(2)電磁波の強さと単位
電磁波の強さは、電場、磁場、電力密度などで評されます。
①電場
V/m(メートルあたりのボルト)
 
②磁場
 
A/m(メートルあたりのアンペア)ただし、通常はガウス(G)テスラ(T)が使われる。日常的な場面では、ミリガウス(mG)マイクロテスラ(uT)が多い。0.8A/m=10mG=1uT。送電線の影響で小児白血病の発生率が2倍と指摘されている値が4mG
③電力密度
 
携帯電話の中継基地局などからの電磁波の強さは、電力密度=1㎡2の平面を通過する電力量(W/m2)の単位を使う。
 
(3)非吸収率(SAR)
電場、磁場、電力密度が電磁波そのものの強さを表すのに対して、電磁波のエネルギーがどれくらい人体に吸収されるか示す値。薬に例えれば、電力密度は1錠の薬の中の含有量(㎎/錠)、SARは何錠摂取したかにあたる。
 
電波など100kHz以上の高周波の基準に採用されており、人体の組織1㎏あたり吸収される電力の割合(W/㎏)で表す。テレビやラジオの放送電波のように身体全体が電磁波を浴びる場合は、前進SAR(0.008W/㎏)が適用される。
 
(4)特に注意する必要がある電磁波
日常生活の中で特に気をつけたい電磁波は、超低周波と高周波である。超低周波(300Hz以下):特に送電線や家庭電気製品から発生する50Hz、60Hzの電磁波。高周波(10kHz~3000GHz):特に携帯電話で使用されるマイクロ波(300MHz~3000GHz)
 
関連記事もチェック
 
<<電磁波を利用した悪質な嫌がらせ!気になったらチェックしよう!
 
電磁波・嫌がらせ関連記事

テクノロジー犯罪か思い過ごしか白黒はっきりさせたい1テクノロジー犯罪での電磁波攻撃と集団ストーカーは切っても切れない関係性にあります。
関連サイト:「電磁波を利用した悪質な嫌がらせについて|電磁波攻撃から身を守る方法」←をクリックして下さい!

 

高齢の母親が電磁波被害を訴えている相談事例(嫌がらせ)

相談者: 40代 Aさん 女性
 
相談内容: 高齢の母親が電磁波被害で苦しんでいるので気持ちを楽にさせてあげたい。電磁波測定調査の結果で今後の対応を考えたい
 
依頼理由:私の母は現在80歳になります。父が亡くなってから母親が一人で生活するようになりそこから様子がおかしくなりました。時々電話が来るのですが、意味不明や話をすることがありました。
近隣住民とゴミの件でトラブルがあり注意をしたところ、老夫婦から嫌がらせを受けるようで、隣の人から監視されているなどつきまといをされているかもしれないと被害状況を伝えてきました。
母親の話を抜粋すると「監視」「盗聴」「盗撮」です。また買い物に出かけて帰宅すると、家の中のものが動かされている。勝手に家に入った痕跡があるというのです。
外にでると顔を見ると笑われ馬鹿にされているい嫌がらせを受けていると話しました。
母親が警察に110番して刑事が来てもらったようですが、人が入った痕跡がなく盗まれているものがないので被害届は出せないとのことでした。

地域的、町ぐるみで嫌がらせを受けている話も私としてはピンときません。
隣の家の住民が犯人だと決めつけているので、大きなトラブルがあったら怖いと思いつつ私が感じたのは、最初は認知症なのではないかと思いましたが、認知症とはまた違うように感じました。
母親の話がとても怪奇的ミステリーなもので信じることが出来ませんでした。
 
私は結婚して実家を離れて生活しております。母親に何かあってもすぐにはいけません。兄も家庭をもち実家を離れています。
実家から近くに住む兄が定期的に、母親を見ていますが、兄が「母親が電磁波被害に合っていると」と言い出したと聞きました。
兄の話をまとめると。
電磁波を受けているから睡眠取れず照射されている音が聞こえると体に痛みが感じる。寝ていても起きていても攻撃されている。
小鳥を飼っているのですが、小鳥の餌から電磁波が出ているかもしれない。
マッサージチェアから電磁波が出ている
エアコンに盗聴器が仕込まれている。
電磁波攻撃でチクチク・ピリピリとする

母親に一体何が起きたのか?心配で実家へ行きました。実家に入ったら部屋に家庭用のアルミホイルを部屋中に貼り付けていることに驚きを受けました。

以前よりも母親の言葉が激しくなりました。母親は、パソコン使うことができるので、色々とネットで検索しているらしいです。
生活トラブルでの電磁波被害やテクノロジー犯罪・集団ストーカーというものを見つけて自分が被害者なのではないと推測しています。

 
本当に母親の苦しんでいる姿を見ると辛いです。兄としては、母親の高齢だから一人で生活して何かあった時に何もできないから高齢者住宅に入所した方が良いと主張。母親にそのことを話したら兄と関係が悪化しました。
母の言葉では、兄は嫌がらせの被害を信じてくれない。頭がおかしいと言われて辛い。妄想や精神障害扱いされていると泣きながら話してきます。兄も子どもがいるのですが、発達障害の息子がいて母親を見る程余裕がないのは分かります。

 
私たちは、嫌がらせや電磁波についての知識もないので、盗聴発見調査や電磁波測定を調査してもらい、正しい知識を説明してもらえれば少しは何か良くなるのかもしれないと思いました。
 
 

 

電磁波測定調査で安心させてあげましょう

家族が電磁波攻撃をされて嫌がらせを受けていると話して来たら、被害者である家族の話を全て病気とひとくくりするのではなく、安心させてあげることが大切です。
何が原因なのかを被害者ととも考えてあげることも必要です。寄り添うことから始まります。お母様としても愛するパートナーである夫が他界され一人で生活していると、話し相手も居ず寂しいと思います。
孤立状態から周囲との関係が悪化して生活トラブルから始まった可能性もあります。どこに原因があるのかを探るために調査を行う必要があるようですね。
電磁波被害を受けているならば、電磁波の測定をすれば電磁波の有無が分かります。嫌がらせ専門家によるカウンセリングも解決方法の一つになります。
電磁波ではなければ他の問題があると思われますので、総合的に実態調査することが必要になるでしょう。

息子や娘が嫌がらせ被害を訴えている

息子や娘が職場でのパワハラや恋人との失恋で、部屋に閉じこもるようになり引きこもりになってから「電磁波攻撃を受けている」「集団で監視されている」「集団ストーカー被害に合っている
外出するとスマホで盗撮された」など、なかなか理解できないような言葉を発するようになった場合も、正しい対処法が必要です。
誤った対処法をすると、被害や症状が悪化し長期化する可能性があります。どこに相談したら良いか?分からない人が多いです。その場合、まずは一つ一つ被害を訴えている問題を調査していく必要があります。
例えば、電磁波攻撃ならば、電磁波測定調査を探偵に調査をしてもらうことも可能です。(ひこもりの息子が電磁波を受けていると訴えている嫌がらせ体験談と解決方法

電磁波・嫌がらせ関連記事

電磁や 嫌がらせ電磁波調査を検討しているご家族は!
関連サイト:「嫌がらせ・電磁波対策調査」←をクリックして下さい!

 

電磁波問題に対処する時の注意点

マンションやアパート住民から電磁波を受けている可能性があった際、直接苦情を言ったり玄関ドアに張り紙を貼ったりしないようにしましょう!余計にトラブルを複雑化させてしまう恐れがあります。
管理会社や役所、警察に相談することは悪くはありませんが、警察や役所、管理会社などは、電磁波について専門知識がないので、相談は聞いてくれますが、対処してくれません。電磁波問題で解決したい場合は、
専門知識のある探偵事務所に相談することが解決方法の一つになります。ご自身の自覚症状だけで電磁波攻撃と決めつけや誤った判断するのはよくありません。
電磁波を測定できる探偵事務所に電磁波測定調査を依頼し電磁波の有無を確認してもらい対処しましょう!

電磁波・嫌がらせやストーカー対策で選ばれる7つの理由

電磁波 嫌がらせ

嫌がらせ調査関連情報サイト

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい