幼馴染とママ友を探す方法|音信不通の昔仲の良かった幼馴染探し

ママ友と幼馴染探し

探偵事務所や興信所に相談や依頼される人探しは、家族の失踪や行方不明者を探すだけではありません。実際、音信不通の友人や昔仲の良かった幼馴染、同級生など親族以外の方を探すことがとても多いです。共通の友人同士が繋がりがあれば、探偵に依頼することなんてしないですが、ママ友や友人同士繋がりがなく連絡手段さえなく会いたくても会えなくお悩みになっている方がいることもあり、探偵事務所であれば、そのお悩みを
解決できるので、相談事例や費用感や相場など体験談も踏まえて本記事を参考にして下さい。

この記事はこのような方に向いています!

  • 音信不通の幼馴染と再会したい
  • 仲の良かったママ友と幼馴染が気になる
  • 探してもらい昔の話をしたい
  • どんな人生を送っているか知りたい
  • 自分以外に同じような悩みを抱えている人の相談事例を知りたい
  • 探偵事務所や興信所に人探し調査を依頼したいと検討している

目次

幼馴染を探したい目的は依頼者によってさまざま

幼馴染に会いたいと思う事情は、相談者や依頼者によってさまざまです。音信不通になり何十年も経つのに突然会いたくなりったり、気になったりする。
初めての幼馴染やママ友など思い出は消えることはありませんね。未就学児、幼稚園の頃、小学校時代にかけて、親同士がとても親しかったことも共に過ごした時間が、色あせない理由かもしれません。

幼馴染やママ友探したい目的ってどんなことがあるのかをご紹介

 

幼馴染を探したい目的のよくある具体例

幼馴染を探したいと思う理由も人によってさまざまです。
幼馴染が初恋の人だったりすれば、初恋の人がどんな大人になったのか気になりますね。
恋愛感情ではなく、友人としてこの先も連絡やたまに会って話をしたいと思う方も多くいます。

  • 相手の親の転勤で引っ越してしまった幼馴染と再会したい
  • 初めてできた友人と再会したい
  • 昔の思い出を共有したい
  • 親同士が仲が良く、親と話していたら懐かしくなり探したい
  • 親の事情で会えなくなったので今になり再会したい
  • 初恋の幼馴染がどんな人生を送っているか知りたい
  • 昔のような関係に戻りたい
  • 昔の幼い頃の自分をよく知る幼馴染と連絡を取り合いたい
  • 昔の写真を見つけて懐かしく感じて探したいと思った

 

ママ友を探したい目的のよくある具体例

昔とても仲の良かったママ友と離れ離れになってしまうのは、とても寂しいですね。
連絡が途絶えてしまったりすれば、何かあったのではないか?と不安になるかもしれません。

  • 連絡が途絶えてしまったので心配している
  • 生存がとても気になる
  • また昔のようにおしゃべりをしたい
  • 気の合う方だったので再会したい
  • アルコール依存症だったので身体が気になる

 

 

ママ友や幼馴染と会えなくなったり理由と3つの原因

ママ友や幼馴染と会えなくなった理由で一番多いの原因は、親の事情で転勤、引っ越してしまったことが多いです。その他にも離婚されて音信不通になってしまったことの理由も少なくありません。
父親としても一家の大黒柱で仕事に力を入れて出世のために転勤することは多いですし、致し方ないことだと思いますが、せっかく仲が良くなった方と会えなくなることはとても寂しいことです。離婚もそうですね。全ては親の事情です。

原因1(転校や転勤で会えなくなった)

仕事や家庭の事情で引っ越すことは珍しいことではありません。小学校低学年くらいまでであれば、クラスに1人や2人は転入生がいたのではないでしょうか。

原因2(離婚で離ればなれになった)

日本では年間どれくらいの夫婦が離婚しているか知っていますか?3組に1組の夫婦が離婚しているのが現状です。
非常にレアなケースですが、親同士がお互い不倫をしていて会えなくなったという一例もあります。

原因3(親の仲が不仲になったから)

育児をしていればママ友ができることがあります。しかし、そのママ友との付き合いにストレスを感じてしまう人も多くいるのが現状です。意外と多いのが、親同士が不仲になってしまったから会えなくなったという原因もあります。付き合い方の問題があると思いますが、距離感がとても近く言いやすい関係だと亀裂も入り仲違いすることあります。時間が経過して会いたいと感じる人もいます。

自分でできる人探し方法とは

検索方法人探し

もう一度会いたい幼馴染やママ友を自分で探す方法はあります。

無料で検索できるサービスは、GoogleやYahoo!で名前を検索ができます。仕事上でSNSを利用したりブログを本名の名前で載せている人や勤務先などでホームページ情報に掲載されている
方もいますし、論文や学校の部活動での記録でも掲載されているので情報は得られる手段になります。苗字や出身地・学生時代の部活や趣味など合わせて一緒の検索することで浮上してくる可能性が高くなります。
尚、漢字だけではなくローマ字を使用して検索することが望ましいです。
その他の人探し検索方法もご説明しています。

自分でできる人探し①共通の友人や知人への聞き込み

探したい相手との間に共通の友人や知人がいる場合は、探したい目的と事情をしっかり説明して調査に協力してもらうこともお勧めの調査方法です。但し事情と目的が他の方に言えない場合は、お勧めできません。
どのような事情が良いのかは?自分の本音でどこまで話せるかだと思います。嘘をついて、協力してもらうことは、相手も違和感を抱くので、本音勝負が良いです。

自分でできる人探し②転居前の所在地近隣に聞き込み

人探しの対象となる相手と音信不通の時間が浅い場合は、近隣住民に聞き込みをすることがお勧めです。
時間が経過していると近隣住民も転居していることが多いですが、一度現地に赴き聞き込みをすると転居時期などが分かりますし、協力してくれる住民もいるかもしれません。

自分でできる人探し③ネットの掲示板サイトに掲載する

ネット上で人探し掲示板サイトがあります。
掲示板では、費用がかかったり報酬制度があるので自分がだせる金額をしっかり決定することが望ましいです。
但し、偽の情報で報酬を得ようとする人も居るので注意が必要です。情報提供は現れますが、情報が正しいかは保証がないこともデメリットになります。

自分でできる人探し④法務局へ行って土地建物登記簿謄本を取得してみよう

土地建物を所有している人限定になりますが、法務局へ行けば誰でも土地建物登記簿謄本を取得することは可能です。
賃貸であれば、住んでいた大家の情報が掲載されているので、聞き込みをしてみましょう!

自分でできる人探し⑤ゼンリン地図で検索

ゼンリン地図で検索する方法は、昔の住所などが不明な場合、おおよその地域だけ分かっている場合に住んでいた住所を特定することが出来ます。但し、全ての情報がゼンリン地図に掲載されているとは限りませんので、情報の整理として活用しましょう!

自分でできる人探し⑥官報を確認しよう

官報とは、自己破産した人の情報が掲載されています。
転居した理由が、借金の噂があるならば、家族の名前を検索してみると情報が得られる可能性があります。
誰でも閲覧することは出来ますが、官報に掲載されていなけば何も情報は得られません。

自分でできる人探し⑦SNSで探してみよう

探したい相手がSNSアカウントを取得していれば、FacebookやTwitterの検索機能で情報が得られる可能性があります。
本名の氏名と名前、使用してそうなニックネーム又は、投稿しそうな趣味でハッシュタグをじぃうずに活用するとより検索に引っかかる可能性が高いです。
但し、人探し対象者がSNSを利用していなけば、手がかりもなく更新していなけば情報が得られない可能性も高いです。

自分で人探しは効率的か?探偵や興信所に依頼した方が良いか?

自分でできる人探し方法では成果が得られなかった場合に、人探しや行方調査を依頼できる探偵や興信所のメリット・デメリットを解説します。

メリット①自分で探すよりも時間がかからない・成功率が高いから

探偵事務所や興信所は人探し調査のプロフェッショナルです。上手な聞き込みや一般の方が入手できない
データベースを保有している探偵事務所も多くあります。迅速に効率的に人探しを進めてくれるので、調査対象者に迷惑を掛ける恐れもありません。

メリット② 事件性がない人探しでも行方調査や人探しが可能です。

探偵のイメージが強いのは、一般的に失踪事件や行方不明者の捜索だと思いますが、思い出の人や初恋の人も探してくれるのも探偵の業務の一つです。
事件性のない人探しでも調査は可能で、いつでも相談ができます。

メリット③協力が得られやすい

探したい方とトラブルが無くても一般の方が情報収集すると怪しまれたり変に疑われたりストーカー扱いされる恐れがあるので逆効果になり知りたい情報も集められないので、探偵であれば事情を説明し聞き込みや
データ調査を行い現在の住まいや連絡先を入手可能になります。

 

デメリット①費用がかかる

探偵事務所に人探しや行方調査又は連絡先を依頼する場合には、必ず費用が発生します。
費用については、探偵事務所によって違いがありますが、20万円~50万円くらいはかかるでしょう!

デメリット②100%ではない

探偵は人探しのプロフェッショナルですが、100%発見すると断定的に言いません。その場合、着手金を支払っても見つからない場合は、返金などはありません。
但し事前情報で、おおよその成功率は聞けると思いますので、相談時にどれくらいの確率で判明するか聞いてみましょう!

人探し調査(過去の相談事例と体験談)

人探し調査の相談事例や体験談を見てみましょう!

人探し調査事例①(引っ越してしまった幼馴染を探してほしい)

30代女性 東京都在住
私の相談は、団地で上の階に住んでいた同級生の幼馴染を探しています。
学校から帰宅しても同じ団地なので近くの公園でよく遊んでいました。公務員専用の団地で親同士もとても仲が良く、一緒に夕飯を食べたり、アスレチックに家族で行ったりとても思い出が残っています。
私が小学校2年生の頃に、幼馴染は転居することになりました。親同士が仲が良かったので、引っ越してからも時々親同士連絡を取り合っていました。
しかし連絡を取り合っていない時期が3年程あり、母親が幼馴染の母親に連絡したら携帯電話が解約されていたと知りました。
3つほど離れた駅付近のマンションに住んでいたらしいのですが、その住所も母は知っていたのですが、行ったこともなくメモを捨ててしまったので連絡方法がありません。
毎日会ったりする仲ではないですが、二度と会えないと思うことが寂しく、幼馴染と再会したいです。

人探し調査結果

人探し調査結果について、氏名+生年月日+学歴やおおよその住まいの地域にて、データ検索を実施した結果、事前情報のマンションを調べることが出来ましたが、既に転居されおり転居先調査を実施した結果
現在の住まいを特定することに成功しました。後日、担当者より対象者のご家族に事情を説明し無事に連絡を取り合えることに成功して調査は終了しました。
調査期間:21日
費用:35万円(消費税別)

 

調査を終えての体験談

探偵さんに依頼する前ですが、大体の住まいを聞いていたから自分でも探せると高をくくっていましたが、全然検討が付かず途方に暮れていました。
依頼してから転居したマンションに住んでいないと聞かされた時は、もう会えない気がしましたが、その後の住所を調べてもらうことができて本当に感謝しています。
調べて頂きありがとうございました。

 

人探し調査事例②(ママ友の酒乱が原因で会えなくなった幼馴染を探してほしい)

20代女性 埼玉県在住

幼稚園の頃にバス登校で一緒だった幼馴染がいます。両親は、仕事の関係で地元ではない地域で住んでいたので、両親の友人の子ども達とは頻繁に会えない環境でした。初めてできた友達がバス登校で一緒だった子です。
小さいながらに覚えているのですが、両親とママ友も仲が良くお酒を飲んで酔っ払っていた記憶があります。居酒屋スナックみたいなところで深夜までカラオケをしていたことがあります。私たち姉妹は寝ていたと思いますが。深夜まで子どもを連れていたことを両親が喧嘩していたこともよく覚えています。親の話だとママ友はお酒を飲むとだらしなくなりママ友と少し距離を置くことにしたと聞きました。
それからは、うちの家でお泊りとかなく以前のような関係性ではなくなりました。私としては、私の親にも原因はあると思いますが、父親の話だと、自分たちのペースいわゆる家族のペースを乱すとダメだからと聞いたことがありました。子どもにとっても悪い影響しかないので、ママ友とはお酒を飲むことは控えたようです。住んでいる地域も同じなので、小学校も同じになりました。5年生の頃に、幼馴染が転校しました。
理由も幼馴染から聞いたのですが、パパとママが離れて暮らすことが決まったと知りました。当然親も知っていました。転校後10年が経過しても幼馴染と再会したいって思うようになりました。一番仲が良く喧嘩もしたりすることもいっぱいありましたが、気になる人です。大人になり親にその後の話を聞きましたが、連絡を取り合っていないので知らないと言われました。
でも父と母に相談したら、両親もその後が気になるから探すのに協力してくれましたが、手がかりもなく探すのは難しいのではないと探偵事務所さんに相談し依頼をしました。

人探し調査結果

人探し事前情報では、幼稚園時代から小学時代、転校する時の住所から転居先調査を複数回調査し無事に現在の幼馴染の方の住所を特定することに成功しました。
尚、ママ友は再婚されて幼馴染の方も苗字が変わっていました。
調査期間:25日
費用:35万円(税別)

 

調査を終えての体験談

この度は調べて頂き本当にありがとうございます。
まさか探偵さんまで使って調べたことを伝えたらびっくりしていたけど●●ちゃんはとても喜んでいました。●●ちゃんも私のことがとても気になっていたようです。
あの時、離れ離れになったこと悲しかったと話しておりました。色々ありましたが、本当に再会できて良かったです。その後親同士も連絡が取れて懐かしかったと喜んでいました。
親も協力してもらったからこそ再会することが叶いました。幼馴染のお母さんも元気そうで嬉しいです。機会があれば皆で再会したいです。

まとめ

幼馴染や友人を探すときは、SNSが有効ですが、最終的に自分で探せない人探しは、探偵事務所に依頼することが良いです。
探偵は、相談内容に寄り添い、調査力で目的を達成させることが出来ます。
お気軽にお問い合わせください。

人探し関連サイト

初恋の人探し調査(人探し専門サイト)
初恋の人探し、所在調査(東京探偵興信所)
初恋の人探し調査事例と調査料金について(埼玉人探し相談室)
思い出の人探し調査
同級生を探したい・会いたい人探し
データ調査(氏名検索)
思い出の人探しは自分でできる!?探偵ならではの4つの探し方を解説

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP