人探しを探偵事務所に依頼した際の料金相場と安くする方法を解説

人探し料金 相場

「人探しを探偵に依頼するのは怖い」「高額な料金を請求されるのではないか」「怪しい業者に騙されるのではないか」といった理由で、多くの人が探偵に相談を躊躇していることがあります。

しかし、都道府県の公安委員会に探偵業の届出をして、「探偵業届出証明書」を交付されている正式な探偵会社は、しっかりとした法的根拠のもとで活動を行っています。

探偵は警察と異なり、事件性があるかどうかを問わず人探しを受け付けますので、犯罪以外の依頼である場合でも対応してくれます。

どこにいるかわからなくなったご家族や恋人、会いたい人がいる方など、心配事で抱え込んでしまっている人は、探偵に相談することを検討してみましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 人探し調査を探偵に依頼する時に費用を安くする方法を知りたい人
  • 人探しや行方調査をどの探偵事務所に依頼したら良いか迷っている人
  • 初めて探偵事務所を利用する人

目次

探偵に人探しを依頼した場合の料金

人探しを探偵に依頼すると、料金が高額になることに不安を感じる方が多いかもしれません。しかし、探偵事務所によって調査料金は異なるため、事前に相場を確認することが大切です。

また、予算の制約がある場合でも、より充実した調査を依頼するためにも、料金を安く抑える方法を探ることができます。そして、料金が高くなる原因も知っておくことが重要です。

この記事では、探偵の調査料金の相場や、安く依頼する方法、料金が高くなる原因などを詳しく解説します。不安な気持ちを取り除き、効率的な人探しを実現するための情報を提供します。

料金相場は5日間くらいの調査で40万円前後

人探しを探偵に依頼する際、料金が高額になるのではないかと不安に感じる方が多いようです。一般的な相場では、5日間の調査で40万円前後がかかるとされています。ただし、探偵事務所によっては異なることや、調査日数や難易度によって変動します。

依頼内容によって、調査の難易度が大きく異なるため、具体的な見積もりを出してもらうことが大切です。例えば、行方不明になって間もない場合と、5年以上も消息を絶っている場合では、遠くへ行っている可能性が高く変わります。加えて、すでに亡くなっている可能性もあるため、調査内容に応じた金額設定が必要になります。依頼前には、詳しい話を探偵事務所と相談し、適切な料金設定に納得いくまで検討すると良いでしょう。

探偵や興信所の料金体系は3つ

探偵事務所は調査を依頼する人が多いため、いくつかの料金体系を導入しています。主には時間料金型やパック料金型があり、それぞれ特徴が異なります。時間料金型は、調査時間に応じて料金が発生する点が特徴的で、調査対象や調査の目的によって採用されることがあります。一方で、パック料金型は一定の金額を支払い、定められた調査範囲内で調査を行う方法です。どちらの料金体系でも探偵事務所によって、詳細な説明や計算方法が提示されています。

①時間料金型

時間料金型は、1時間あたりの調査料金が設定されているプランです。調査対象者の情報が多い場合や失踪から時間が経っていない場合など、調査が早く終わる可能性がある場合はこのプランを選ぶと、比較的お得に依頼できることがあります。

②パックプラン料金型

パックプラン料金型は、定められた時間と料金がセットになったプランです。例えば、8時間6万円のプランでは、8時間の調査が6万円で行えます。ただし、調査が短い期間で終わった場合、時間に応じた料金として支払うため、不必要な料金がかかる場合があります。そのため、必要な調査期間をしっかりと見積もって選ぶことが大切です。

③成功報酬型

成功報酬型は、人探しにおいて最もよく利用される料金体系は「成功報酬型」です。このプランでは、調査が成功しなければ報酬金は発生しませんが、依頼時に着手金が必要な場合があります。成功の定義は事前に確認しておく必要があり、難易度によっては報酬額が変わる場合もあります。このプランにはメリットとデメリットがあるため、細かく検討することが重要です。調査料金については尋ねにくいと感じるかもしれませんが、損をする可能性があるので、不明点があれば遠慮なく問い合わせをするようにしましょう。

料金を出来る限り安く抑えるポイント第6選

探偵に人探しの依頼をする際、料金が高くなってしまい迷ってしまう方がいるかもしれません。しかし、実は人探しの調査料金を安く抑える方法があります。以下で詳しくポイントをご紹介します。

可能な限り多くの情報を提供することが重要

探偵に人探しの依頼をする場合、探したい人に関する情報をできるだけ詳しく提供することが大切です。それは、調査対象の情報が多いほど探偵が足取りを追いやすくなり、行方不明者を早く見つけることができるからです。

例えば、探したい人の氏名や生年月日、年齢、身長や体重、本籍地、過去の住所、家族の住所、交友関係や趣味、教育歴、使用している車両の特徴など、できる限り多くの情報を集めておくことが重要です。

また、行方不明者が持ち出した可能性があるもの(例えばパスポート、保険証、通帳、印鑑、キャッシュカード、免許証、衣類など)を特定し、調査対象が残した手掛かりや足取りなども探偵に伝えておくと、調査の効率が上がります。

さらに、電話番号やメールアドレス、SNSのアカウント、また医療機関や病院を含む行きつけの場所など、探したい人の身の回りに関わるさまざまな情報を探偵に提供することで、調査の成功率が高まることもあります。

とにかく、「できる限りの情報を提供すること」が、人探しの調査を成功させるためのポイントとなります。探し始める前に、少しでも多く情報を集めておくようにしましょう。

早い段階で探偵に依頼することが重要

人探しを行う場合、調査期間が長引くことで費用が高くついてしまうことが一般的です。そのため、短期間で調査を完了させるようにすることが、費用を節約するためには非常に重要です。

特に、行方不明者の場合は、いかに早く調査を開始するかが非常に大切です。行方不明者の情報が多ければ多いほど、調査は早期に終了する可能性が高くなります。一旦時間が経過してしまうと、行方不明者の情報が失われてしまい、調査の難易度が上がってしまう恐れがあります。

また、自殺目的で失踪した場合にも、調査開始が遅れるほど生存率が低くなる傾向にあります。さらに、事件や事故に巻き込まれる恐れもあるため、早期に行方不明者の情報をつかむことが重要です。

実際に、警察庁の統計によれば、全国の行方不明者の届出受理数は2019年において86,933人でした。そのうち所在確認されたのは97%にあたる84,362人でしたが、特に8~14日目の間には確認された割合が3.5%まで低下していることがわかります。このように、時間が経つほど人探しは難しくなるため、早めの調査依頼が必要です。

失踪者の行方がわからなくなってから時間がたつほどに、見つかる可能性が低くなり、見つかるまでに長い時間がかかるといわれています。そのため、行方不明になってしまった人の安全性を考えると、すぐに探偵に相談することが重要です。相談をためらっている間に、事態が深刻化してしまうこともあります。早期に探偵に依頼することで、失踪者の発見につながる可能性が高いといえます。

引用:令 和 元 年 に お け る 行 方 不 明 者 の 状 況

明確な料金体系を設定している信頼性のある探偵事務所を選ぶこと

探偵の調査費用は複雑な傾向があり、見積もり内容以外に追加料金がかかることがあるため、費用見積もりには慎重になる必要があります。そのため、料金体系が明瞭で信頼性のある探偵事務所を選ぶことが大切です。

中には、見積もり以上の料金を請求せず、分かりやすい料金表をホームページで公開している探偵もあります。例えば、探偵興信所日東探偵社の場合、見積もり以上の料金は一切請求されず、詳細な料金表もホームページで確認できるため、安心して人探しを依頼できます。したがって、探偵を選ぶ際は、料金体系が明瞭で信頼性のある探偵事務所を選ぶようにしましょう。

高い調査力を持つ信頼性のある探偵事務所を選択すること

調査期間を短縮し、効率的に結果を出すには、調査力の高い探偵事務所に依頼することが重要です。安価な探偵事務所に依頼すると、調査力が低く、結果が得られず、非常に高額になることがあります。命に関わる行方不明者や犯罪事件の調査などの重要な調査では、緊急性が高いため、迅速な調査が必要です。

創業年数が長い探偵事務所や、全国に拠点を持つ大手探偵事務所は、調査のノウハウを積み重ねてきたため、高い調査力を持ち、迅速かつ効率的な調査が可能です。また、地域に根差した探偵事務所を選ぶことも有効です。探偵事務所のホームページを確認し、どのような調査に力を入れているか、また、取材協力をしているメディアがある場合は、質の高い調査が期待できることがあります。結論としては、調査期間を短縮し、効率的に結果を出すには、探偵事務所の調査力や実績を確認し、信頼できる探偵事務所に依頼することが大切です。探偵興信所・日東探偵社ではテレビ出演実績ありの信頼できる探偵事務所です。

調査期間を決めて計画的に調査を進めること

調査期間が長引けば、調査料金も高くなってしまいます。そのため、調査期間を決めて計画的に調査を進めることが大切です。特に人探しの場合は、時間が経つほどに見つけにくくなってしまうため、調査期間を短く設定することが重要です。

しかし、調査期間が短くても、探偵の調査力が低いと失敗する可能性が高くなります。そのため、調査力の高い探偵事務所に依頼することが必要です。高い調査力を持った探偵は、短期間で効果的な調査を行い、見つかりにくい人物をでも見つけることができます。

もしも調査期間内に見つからなかった場合は、別の探偵事務所に依頼することも検討しましょう。別の探偵が持つ視点で調査することで、意外にも見つけることができる場合があります。最終的には、調査期間を決め、調査力の高い探偵に任せることで、短期間で正確な結果を得ることができます。

成功報酬型で追加料金が発生しない探偵事務所に依頼することがおすすめ

失踪した人を捜索する場合、すぐに見つけることができないことがあります。依頼する前に注意すべきことは、、成功報酬型で追加料金が発生しない探偵事務所に依頼することです。しかし、成功報酬型は一見安く見えますが、後から追加で料金を求められることがあるので注意が必要です。

成功報酬型で追加料金がない探偵事務所に依頼することで、少なくとも料金面で安心することができます。

ただし、成功報酬型では「成功」の定義について問題が起こる場合があります。そのため、「成功」の定義を確認することも重要です。それでも、成功報酬型で依頼することは、費用を抑えたい人におすすめの方法です。

探偵事務所選びから解決までの流れ

行方不明者の捜索を探偵に依頼する場合、不安を感じることなく依頼するためにも、探偵探しから解決までの流れを確認することが重要です。一般的な流れは、まず探偵に依頼内容を相談し、調査方針や費用についての説明を受けます。その後、探偵が調査を開始し、必要な情報や証拠を収集します。最終的に、行方不明者が見つかれば報告があり、必要に応じて関連する手続きを進めます。

信頼できる探偵を選び探しましょう

探偵に行方不明者の捜索を依頼するには、信頼できる探偵事務所を選ぶことが重要です。まず、インターネットで「人探し 探偵」と検索し、いくつかの探偵事務所のホームページを確認しましょう。ただし、ホームページの見栄えや表示されている情報だけで判断するのは危険です。

探偵事務所を選ぶ際には、まず「探偵業届出証明書」がホームページに記載されているか確認しましょう。この証明書は、探偵業を営むために必要な法的証明書であり、探偵事務所が正当な業者であることを証明しています。

また、ホームページが作り込まれていて、分かりやすい料金表が掲載されているところも信頼できる探偵事務所のポイントです。会社概要も記載されている場合、より信頼性が高くなります。探偵事務所を選ぶ際には、慎重に検討し、自分にとって最適な探偵を選びましょう。

相談から契約

探偵に依頼するにあたり、信頼できる探偵事務所を選ぶことが大切です。インターネットで「人探し 探偵」と検索していくつかピックアップし、電話やメールで相談をすることをおすすめします。対応がスムーズで丁寧な探偵事務所であるか確認し、実際に会って相談してみましょう。探偵の対応の丁寧さ、質問への回答の仕方などに注目してください。一方で、依頼を焦らせたり、料金の話をうやむやにする探偵への依頼は避けましょう。

探偵を比較するときには、料金だけでなく、調査力や世間からの信頼性、ベテラン調査員の有無、創業年数、解決実績、中間報告の有無などにも注目して比較しましょう。

探偵を選んだら、必ず契約書を作ってもらってください。契約書を作成しないことは探偵業法違反に当たるため、契約書を作成しない探偵は信頼できない可能性があります。また、契約書を確認してからの契約が最も安全な方法です。契約書には、依頼内容、料金、期間、調査内容などが明確に記載されていることを確認してください。

調査実施

探偵に行方不明者の捜索を依頼すると、決められた期間にわたって調査が行われます。調査の内容については、依頼者の希望や調査目的によって異なりますが、一般的には以下のような方法が用いられます。

まず、探偵は情報収集を担当します。情報収集には、調査対象者の家族や友人、知人などに話を聞く「人脈調査」や、調査対象者が持っている可能性のある携帯電話やクレジットカードなどの情報を調べる「情報収集調査」があります。

次に、探偵は現場調査を行います。現場調査には、調査対象者がよく出入りする場所や、連絡があった可能性のある人物の周辺を監視したり、調査対象者自身の行動を追跡する「尾行調査」があります。

また、探偵は技術的な調査方法を用いることもあります。例えば、調査対象者の通話内容やメールのやり取りを監視する「通信傍受調査」や、調査対象者が居場所を変えた場所を調べる「GPS調査」があります。

いずれにしても、探偵の人探し調査はプロの技術と経験に基づいたものであり、秘密厳守のもとで行われます。

 

探偵の人探し調査方法について

探偵による人探し調査の具体的な内容を詳しくご紹介します。探偵は、聞き込みや尾行をはじめとする調査方法を用いて、捜索対象の行動や居場所を把握します。

探偵の調査方法1:情報収集のための聞き込み・行動を追跡する尾行

行方不明者の捜索において、まずは関係者に対する聞き込み調査が行われます。聞き込みをすることで、行方不明者の情報や手掛かりを知ることができます。しかし、自分で行方不明者の情報を聞き出すのは難しいことが多いため、プロの探偵に任せた方が効率的です。

探偵は、聞き出しのテクニックを駆使して関係者から情報を集めます。また、尾行調査も行います。自分で尾行すると相手に気づかれてしまうリスクがありますが、探偵はバレることなく相手を追跡することができます。

探偵による聞き込みや尾行調査は、必要な場合に行われ、捜索対象者の動向や情報を収集することで、捜索を効率化します。探偵の専門知識や技術を活用し、成功率を高めることができます。

探偵の調査方法2:行方不明者が残した痕跡を分析し追跡

探偵は、部屋に残されたわずかな痕跡からでも人を探し出すことができます。彼らは豊富な経験と優れた洞察力を駆使し、依頼者が見落としてしまった手掛かりを見つけることができます。顔写真や小さな痕跡だけでは、素人が行方不明者を見つけることは困難ですが、プロの探偵は直観や観察眼を駆使し、依頼者が想像もできないような手掛かりから人を探し出すことができます。プロの探偵に依頼することで、素早く確実に行方不明者を見つけ出すことができます。

探偵の調査方法3:独自の調査方法データ調査

探偵は、独自の調査方法である「データ調査」を行うことがあります。これは、インターネットやデータベースを駆使して、特定の人物や情報を収集することです。例えば、過去の裁判記録や企業の情報公開記録、SNS上の情報やブログ記事などを調査し、依頼者が探している情報を見つけ出します。探偵たちは法律を遵守し、プライバシーに配慮した上でデータ調査を行います。

調査報告:依頼者に対して調査結果を報告

探偵が行う調査報告とは、依頼者に対して調査結果を報告することです。探偵は、調査結果をまとめた報告書を作成し、依頼者に提供します。報告書には、調査内容や調査時期、調査結果の詳細などが記載されています。また、必要に応じて写真や映像なども添付されることがあります。報告書は、依頼者のプライバシーを尊重しながら、正確かつ明瞭に記述されることが求められます。探偵の報告書には、法的な争いで使用できることもあり、そのためには正確で客観的な情報が必要とされます。担当制の探偵事務所であればリアルタイムで報告が可能です。

人探し調査に関するよくある質問

探偵に依頼して、人探しを行う際に気になることや、理解しづらいことがあるかもしれません。そこで、人探しに関するよくある質問にお答えしていきます。

問題解決までにどれくらい期間かかるの?

行方不明者を探す人探し調査にかかる期間は、さまざまな要因によって異なります。その人が行方不明になってからどのくらいの期間が経過しているか、その人の情報がどれだけ提供されるかによって、期間が決まります。調査力が高い探偵に依頼すれば、情報が不足していても短期間で見つかる可能性があります。しかし、情報が豊富でも探偵の質が低い場合は、調査期間が長くなってしまいます。

調査難易度が高くない場合は、1週間程度で見つかることもあります。しかし、行方不明になってからの期間が長い場合は、3ヶ月程度かかることもあります。そのため、探偵の力量と状況によって調査期間が変わってくることがあるということです。

最終的には、探偵事務所との相談や説明をしっかりと行い、期間の見込みを把握することが重要です。事前に伝えた期間を大幅に上回ることがないよう、全力で調査してくれるはずです。加えて、調査結果の報告や、見つからなかった場合の対応策等も含めて、探偵事務所との信頼関係構築が大切です。

優良な探偵事務所がよく分からない?

確かに、探偵事務所はたくさんありますので、どの探偵事務所が優良なのかわかりにくいこともあります。しかし、以下の点に注目して探偵事務所を選ぶと良いでしょう。

1. 公安委員会への登録がされているか
2. 実績があるか
3. 料金が適正か
4. カウンセリングなどの面談があるか
5. 対応が丁寧で誠実か

以上のポイントに注目し、複数の探偵事務所を比較して選ぶことをお勧めします。また、友人や知人が利用した事がある探偵事務所についても情報収集すると良いでしょう。

情報が不足していても、古い情報でも探せますか?

探偵事務所による人探し調査は、手がかりが少ない場合でも可能です。たとえば、名前しか手がかりがなくても、相手の背格好や出会った場所、時間、話し方、会話の内容などから情報を開拓することができます。

また、SNS上での関係であっても、出会ったSNS、会話の内容、相手の写真、SNSのIDなどから情報を検索することができます。情報が少なくても、依頼しても見つからないと自己判断するのではなく、まずは探偵に相談することをおすすめします。

探偵に相談すると、「こういう情報はないか」「こういうところに情報があるから探してみてほしい」といった助言を受けることができます。手掛かりが少ない場合でも、探偵事務所と協力することで、人探し調査を効率的に進めることができます。

人探しの成功率はどれくらい?

人探しの成功率は、状況や手掛かり、依頼者の情報提供内容等によって異なります。手掛かりが少なく、名前や写真しか提供されない場合や、長年行方不明となっている場合などは、成功率が低くなります。しかし、過去の経験やノウハウを持ち、さまざまな調査手法を駆使することで、探偵事務所では高い成功率を誇っています。依頼者から提供された情報をもとに作成される調査計画や、慎重かつ迅速に調査を進めることで、適切な情報を収集し、人探しの成功につながることがあります。ただし、100%の成功率を保証することはできません。

不安なのは、追加料金が発生しないか?

探偵に依頼した際、初めに提示された見積りと清算時の金額に差が生じ、高額になってしまったというトラブルがあるかもしれません。しかし、成功報酬型、そして追加料金が一切かからない探偵事務所を選ぶことで、そのような問題は解決できます。

探偵の調査料金には、経費なども含まれています。そのため、一見安価な見積もりでも、後から追加費用がかかってしまうということはありません。探偵事務所を選ぶ際には、追加料金がないかどうか、また、調査範囲や期間が変更された場合にかかる費用についても確認するべきです。

依頼前には必ず契約書を確認し、自分が納得するまで説明を受けることが大切です。万が一、追加調査が必要になった場合には、探偵と相談してから進めるようにしましょう。悪質な探偵事務所だと、勝手に追加調査を行い、その費用を請求することもあります。依頼する探偵事務所を選ぶ際には、信頼できるかどうかもしっかりと確認することが重要です。
探偵調査によっては、必要な調査費用が予想以上にかかった場合など、追加料金が発生することがあります。その場合、事前に依頼人に告知し、依頼人の承諾を得ることが必要です。また、探偵事務所によっては、あらかじめ料金プランを提示してくれるところもあります。

探偵事務所の選び方:人探しに強い探偵事務所がおすすめ

人探しを依頼する際、どの探偵事務所に依頼するか迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。その際におすすめなのは、人探しに強い探偵事務所です。人探しに強い探偵事務所は、高い調査力を持ち、全国に広いネットワークを有しています。

中でも特におすすめしたいのが、探偵興信所・日東探偵社です。日東探偵社は、人探しをはじめとする様々な調査分野において高い実績を持っています。彼らは、慎重かつプロ意識の高い調査手法を駆使し、依頼者の要望に応えます。

また、日東探偵社の料金についても低価格であり、初めての方でも安心して利用できます。料金システムも明確で、事前にシミュレーションができます。例えば、個人を特定するための人探し調査であれば、約5万円から依頼を受けています。徹底した調査によって、スピーディかつ確実な結果を提供してくれます。

まとめ

今回の記事では、人探しを探偵事務所に依頼した際の料金相場と安くする方法や「行方不明者を探す際の探偵の相談方法と、行動を起こす重要性について」

行方不明者を探す際には、探偵に相談することが一つの方法として考えられます。具体的な料金について気になる方も多いでしょうが、まずは探偵に相談してみましょう。予算を伝えれば、予算内で可能な調査方法を教えてもらえます。

しかし、時間が経てば経つほど、行方不明者の足取りは掴めなくなり、命の危険も高まる恐れがあります。そのため、まずは行動を起こすことが大切です。

また、警察に頼れなくても探偵はあなたの力になってくれます。後悔しないよう、今できる最善を尽くしましょう。あなたが探したい人を見つけ出すことも可能です。相談だけでも始めてみることをおすすめします。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP