探偵は名前も分からない場合でも人探し可能?情報が少ない場合の探し方

探偵は名前も分からない場合でも人探し可能?情報が少ない場合の探し方

「探偵に依頼し、名前や顔のみといった情報が少ない場合でも行方不明者を見つけることは可能?」」

行方不明者を探すためには、情報がたくさん必要なように感じられるかもしれません。しかしながら、探偵に頼めば情報が少なくても行方不明者を見つけ出すことができるのです。

たとえ名前や顔など少ない情報しか持っていなくても、探偵は専門的な技能を駆使し、情報収集やネットワークを駆使してターゲットの居場所を割り出します。

この記事では、探し方に重点を置き、情報が少ない場合の探し方を紹介しています。そして、依頼者が探偵に依頼することをためらわなくてよいよう、探偵に求められるスキルやノウハウにも触れています。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 名前を知らない相手の居場所を探したい人
  • 人探しの調査費用を把握したい人
  • 名前不明での人探し調査で必要な情報を知りたい人

名前不明でも探偵に人探しを依頼できる?

人探し調査と言えば、家出して行方が分からなくなってしまった家族の所在調査や、パートナーの浮気相手の調査などがイメージされることが多いでしょう。しかし、実は名前も分からずに相手を探すという依頼も存在します。

名前が分からない人探し調査の具体的な事例としては、見知らぬ相手から受けた恐喝や脅迫の被害で警察に通報をしたが、相手が特定できずに困っている場合や、インターネット上で知り合った相手に詐欺被害に遭った場合などが挙げられます。

ただし、探偵事務所や興信所でも引き受けられないケースもあります。たとえば、単に顔や写真だけをもって「この人の行方を知りたい」という場合や、ただの好奇心から「この人に会いたい」という依頼は、プライバシーやプライドにかかわる問題に発展しかねないことがあるため、引き受けることはできません。

名前が不明でも調査を依頼したい場合は、できる限り有効な情報を提供するようにしましょう。例えば、相手の身体的特徴や使用している車両の情報、生年月日、職業などを把握していれば、調査が進む可能性が高まります。

また、調査方法はケースバイケースで異なるため、探偵事務所や興信所を利用する場合は、どのような方法で調査を行うのか、どのような費用が発生するのかなど、事前によく確認しておくことが大切です。

名前不明でも大丈夫!探偵に依頼する名前が分からない相手でも可能か

答えは可能です!名前が分からない相手を探したいケースで、自分自身で調査を行うのは非常に困難です。そこで、探偵事務所・興信所の専門知識を活用することが適切であると言えます。例えば、名前の知らない女性に一目惚れした場合や、幼少期に友達だった人の名前が思い出せない場合、あるいは事故で助けてくれた人の名前がわからない場合などが挙げられます。

探偵事務所・興信所では、名前が不明であっても、専用のデータベースや調査方法を駆使して相手を見つけ出すことが可能です。情報が少ない場合でも、元々持っている情報から相手の特定につながるような情報を手に入れることができます。さらに、SNSやインターネットで知り合った相手とのトラブルで名前が分からない場合でも、プロの探偵に依頼すれば、トラブルを解決することができます。

要するに、名前が不明であっても、探偵事務所・興信所に任せれば、人探し調査は可能です。探偵事務所・興信所は、相手を特定するために必要な情報を収集することができますので、迷った場合にはまずは、プロの力を借りることをお勧めします。

名前不明情報不足でも探せる!探偵に依頼する少ない情報からの人探し方法

ターゲットの情報が限られている場合でも、探偵に依頼することができます。

例えば、出会い系で知り合った人に妊娠させられてしまった、行きつけの店で知り合った人にお金を貸したら持ち逃げされた、一目惚れしたカフェの店員に思いを伝えたい、ネットで知り合った人とトラブルを抱えているなどの場合が挙げられます。

依頼者がターゲットの名前しか分からない場合でも、実はその他にも提供できる情報があるかもしれません。身長・体重など身体的特徴、あだ名、出会った時の状況、喋っていた方言、趣味、メールアドレス、携帯電話番号、アルバイト先、勤務先、行きつけの店など、どのような情報でも探偵に伝えることが重要です。

さらに、探偵には専門的な技術やノウハウがあり、少ない情報でも調査可能な場合があります。そのため、些細な情報でも正確なものであれば、調査の成功率は上がります。

つまり、少しでも情報を提供することが、探偵にとって大きな手掛かりとなります。人探しを依頼する際には、ターゲットの情報だけでなく、どのような些細な事でも探偵に報告するようにしてください。

独自のデータベース調査方法で検索する

ターゲットの情報が限られている場合でも、探偵事務所に依頼することができます。探偵事務所は、独自に蓄積したデータベースをもとに検索を行います。データベースに情報が載っている場合、その情報をもとに聞き込みや調査を行うことができます。

近年では、ネットの普及により、検索エンジンやSNSなどで名前を検索することで自分で人探しをすることができます。ターゲットの名前が珍しい場合、自分で見つけることができる可能性もあります。

探偵は探偵の中で情報を保有していることもあり、一般の方が入手できないような情報をゲットすることも可能です。

しかし、注意点もあります。特に、自分で調べる場合は、プライバシーの問題があります。自分で調べた情報をもとに、ターゲットを追跡してしまうことは、ストーカー行為として違法になる場合もあります。探偵事務所に依頼する場合でも、プライバシーの問題に配慮した調査が必要です。

一般に探偵・興信所によって会員制のデータベースや独自の情報リストが存在し、そこから直接所在地が分かる場合もあります。また、電話帳や住宅地図などを使用した調査も行われます。しかし、これらの情報は断片的であるため、データ調査は地道な聞き込みや張り込みに対して補完的に用いられ、確実な情報を取得していくことが求められます。つまり、データ調査は確かな情報を得るための手段の一つであるといえます。

聞き込みや尾行

探偵に依頼する際、ターゲットの情報が限られている場合でも、事務所が独自に蓄積したデータベースを使用することで、候補となる居場所や住所を見つけることができます。 また、ターゲットの母校や勤務先に対し、関係者に聞き込みを行うことで、当時の情報や住所の変遷を確認することができます。これに加え、通信販売の履歴や公的機関での手続きなど、ターゲットに関する既存の情報から、居場所や行動パターンを探ることもできます。

探偵が名前が分からない相手を探す方法として、聞き込みや張り込み調査が一般的に思われるかもしれませんが、実はデータ調査も探偵の有効なツールの1つです。

しかし、データ情報だけで情報収集ができるわけではありません。データ情報を基に、対象者の身の回りの人物に聞き込みをして、確実な情報を収集します。

例えば、SNSやデータベースを活用して、対象者の情報を集め、それらを元に友人や関係者、知人などに調査をかけていきます。探偵調査において、確かな情報を得るには調査スキルが欠かせません。

こうした聞き込みや張り込み調査は、地道な作業となりますが、探偵の真骨頂とも言えます。現代においてもデジタル化が進みましたが、こうした実地調査によって得られる情報は、探偵調査において非常に重要になります。

SNSやインターネットを使用する

SNSやインターネットを使用した調査方法には、以下のようなものがあります。

1. SNSの情報収集:FacebookやTwitterなどのSNS上で、ターゲットのアカウントからリンクされた友達やフォロワー、投稿した画像や文章などの情報を収集します。

2. インターネット検索:Google検索や人名検索エンジンを使って、ターゲットに関する情報を収集します。たとえば、公式サイトやブログ、ニュース記事などが該当します。

3. 電子メール調査:ターゲットの電子メールアドレスを入手し、メール送信履歴などを調べます。

4 セキュリティカメラ調査:ターゲットが出入りする場所の周辺に設置されたセキュリティカメラを調査し、映像データから情報を収集します。

これらの調査方法を活用することで、探偵・興信所は、ターゲットの所在地や行動パターン、人脈などを調べることができます。

探偵に依頼する際に有用な情報の提供方法について

人探し調査において、ターゲットとなる相手の情報を多く集めることが成功率を高める上で重要です。依頼する際に提供すべき情報や、名前がわからない相手の探し方など、探偵に依頼する上で知っておくべき情報をご紹介します。

人探し調査において提供すべき情報

人探し調査において、依頼者が提供する情報によって探偵の活動に大きく影響します。以下が、提供すべき情報の例です。

  1. 対象者の氏名
  2. 生年月日、年齢
  3.  最後に居住していた場所や居場所に関する情報
  4.  職業や勤務先、学校・大学等の情報

これらの情報は、探偵が行う調査活動の精度やスピードに大きく影響します。情報が少ない場合は、調査に失敗する可能性が高くなってしまいます。

名前がわからない相手を探す手段

名前がわからない相手を探す場合でも、探偵なら専用の方法を使用して調査を行うことができます。以下が、代表的な手段です。

– 目撃証言や写真、アバターなどから顔写真を特定し、顔認証システムを使用する。
– 声質や口癖から、有料の音声検索サービスを利用して、録音データから該当者を特定する。

また、もしターゲットが実在しない場合や、個人情報保護の観点から特定できない場合は、調査に限界があることもありますので、あらかじめご了承ください。

ターゲットとなる相手の身体的特徴の情報が必要です。具体的には、身長や体重、それに加えて他の身体的特徴などが挙げられます。また、あだ名やSNSのハンドルネームなど、通り名や匿名で使用する名称も重要です。

次に、ターゲットが最後に出会った場所やその状況なども重要です。これらは、ターゲットの行動パターンや趣味嗜好などの情報が得られるため、人探し調査において重要な情報となります。

最後に、趣味や行きつけのお店など、ターゲットの嗜好が把握できる情報は、探知調査において成功率を高めるために重要です。これらの情報を提供することで、より的確かつ迅速にターゲットを追跡できるため、人探し調査においては有用な情報となります。

情報不足で調査が困難な場合、調査費用が高額になる可能性がある

人探し調査は探偵事務所や興信所に依頼することが一般的ですが、調査費用がかかることは避けられません。

人探し調査の料金相場

人探し調査の費用相場は、調査内容や依頼先の探偵事務所や興信所によって異なりますが、一般的には以下のようになっています。

・着手金:100,000円~300,000円程度
・成功報酬:150,000円~300,000円程度
・合計費用:10万円~600,000万円程度

ただし、調査内容が複雑で難易度が高い場合や、時間がかかる場合は、費用が高くなる傾向にあります。また、調査期間や調査方法によっても費用が異なるため、依頼前に費用について確認しておくことが重要です。

人探し調査を依頼する場合、費用がかかることは避けられません。費用は、探偵事務所や興信所によって異なりますが、一般的には固定の着手金と成功報酬がかかります。

着手金とは、基本料金のことで、人件費や出張費などの諸経費が含まれます。成功しても失敗しても同額支払わなければならない費用です。

成功報酬とは、人探し調査が成功した場合に追加で支払う費用のことです。報酬は、調査内容や依頼先によって異なり、固定料金やタイムチャージ制である場合もあります。

調査期間が長引けば、費用も自然と高額になります。また、相手の名前が分からない場合などは、調査期間が長くなるために費用も高くなりやすいという点にも注意が必要です。

料金トラブルを避けるためにも、報酬が固定料金かタイムチャージ制かどちらになっているかを事前に確認してから依頼するようにしましょう。

人探し調査の依頼料金が高額になる場合の要因

人探し調査を依頼する際、調査対象者の名前がわかっていても、調査が困難な場合があります。たとえば、調査対象者が逃げている可能性がある場合や、情報が少なく、確実性が低い場合などです。

これらのケースでは、調査に時間がかかり、費用が高額になる場合があります。そのため、事前に調査の予算を明確にすることが重要です。予算内で調査期間を設定してもらえれば、費用を抑えることができます。

例えば、お店で知り合った人にお金を貸して、逃げられてしまった場合などは、相手が意図的に身を隠している可能性が高いため、調査に時間がかかりやすく、費用が高額になる可能性があります。こういった際は、依頼前に予算について相談し、費用面を抑えることが大切です。

人探し調査で成功率を高めるためにはどうすればよいか?信頼できる探偵社を選ぶポイントを紹介!

人探し調査において、探偵事務所・興信所に頼ることで高い成功率が期待できます。実際に、一般的にその成功率は70%~80%程度と言われています。

探偵事務所は民間企業であるため、公的に保存された個人情報を検索する権限は持ちません。しかし、独自のネットワークや情報源を活用することで、多くの調査実績があります。

特に人探し専門の探偵事務所は、全国に協力者や情報ツールが足るので、広域での人探し調査も得意としています。そのため、相手の名前がわからないなど情報が少ない場合でも、探偵事務所に頼ることで迅速かつ確実に調査を進めることができます。

また、探偵事務所はプロフェッショナルな調査員や専門家をそろえており、確かな調査力を持っています。そのため、探偵事務所に依頼することで、自力での人探し調査よりも効率的かつ正確な調査が期待できます。

人探し調査において、情報不足や難点にぶつかった場合は、探偵事務所・興信所に頼って調査を進めることをおすすめします。
また、探偵事務所はプロフェッショナルな調査員や専門家をそろえており、確かな調査力を持っています。そのため、探偵事務所に依頼することで、自力での人探し調査よりも効率的かつ正確な調査が期待できます。

人探し調査において、情報不足や難点にぶつかった場合は、探偵事務所・興信所に頼って調査を進めることをおすすめします。

成功率100%を謳う人探し調査業者には注意が必要

探偵事務所や興信所といった人探し調査業者を利用する際には、成功率の高さが重要なポイントとなります。しかし、どの探偵事務所であっても人探し調査は100%成功するとは限りません。

特に相手の名前もわからない場合は調査が難しく、最後まで見つからないこともあります。このような状況において、「成功率100%」などと謳っている探偵事務所は、実際の成功率とはかけ離れていることが多いのです。

これは、誇大広告や悪徳業者による手法の1つであり、虚偽報告や高額な料金請求につながる可能性があります。また、成功報酬を支払わせるために実際には目的を達成していないケースもあり得ます。

そのため、設立から間もない探偵事務所でありながら、数百件を超える成功実績を持っていると表記している業者にも注意が必要です。

こうしたトラブルを回避するためには、信頼できる情報源や口コミを参考にし、運営が適切であると判断できる探偵事務所や興信所を選ぶことが大切です。成功率100%を謳う業者には、注意して慎重に取り扱っていくことが望ましいでしょう。

人探し調査において依頼までのスピードが成功率を高める!

人探し調査を成功させる上で、最初の一歩である依頼までのスピードが非常に重要です。特に相手の名前がわからない場合は、調査を始める前から情報の正確性が落ちてしまうため、早急に行動を起こすことが求められます。

なぜ依頼が早い方が良いのかというと、時間が経過すればするほど目的の人の記憶が薄れていくからです。また、引っ越しや転勤などで遠方に行ってしまうと、捜索がますます困難になってしまいます。

例えば、幼少期の友人を捜す場合は、情報が古くなっていくため、初動が早いほど成功率が上がります。このような場合には、探偵事務所や興信所に依頼することが有効です。

迷っている方は、無料相談フォームなどを活用して、まずは問い合わせをして見積もりを取るなどから始めてみることをおすすめします。人探し調査は時間が経つほどに難しくなるため、依頼までのスピードが成功のカギとなることを忘れずに行動してください。

名前不明でも人探しはプロの探偵に依頼が良い

「名前不明でも安心!探偵に依頼する人探しの方法とメリットとは?」というタイトルで、名前がわからない人の人探しに関する情報をまとめた記事をお届けしました。記事の中では、人探し調査が可能な点とともに、探偵を使う場合のメリットや依頼する際のポイントについて解説しました。また、名前がわからない場合でも相手の身体的特徴やSNS上のハンドルネームなどから有効情報を得られる場合もあるため、些細な情報でも共有しておくことが大切だというアドバイスを掲載しています。さらに、「日東探偵社」では人探し調査に関する無料相談を受け付けていることも紹介しました。緊急かつスムーズに人探しを解決したい方は、探偵社や興信所に相談してみることをオススメします。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連タグ

関連記事

PAGETOP