名前だけでも人探しは可能か?探偵に依頼する具体的な方法と注意点

人探し 名前だけ

人探し調査
久しぶりに連絡を取りたい友人や学生時代の同級生、インターネットを通じて出会った人、マッチングアプリで出会い別れた恋人など、喧嘩別れした元恋人など、思い出したら胸が苦しく探したいけど、名前だけしか分からないでお悩みの方は、想像より多いです。そもそも名前だけで人探しができるのか?そんな疑問も多くありますが、名前だけでも人探しは可能です。あなたの大切な人との再会をサポートします。この記事では、名前だけの情報で探偵に人探し調査の依頼する際の注意点を解説します。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 名前だけで人探しができるか知りたい人
  • 名前だけしか情報がない場合でも探したい人
  • 名前だけを頼りに探偵に人探しを依頼する注意点を知りたい人

名前だけの情報しかない場合での人探しはどんな時?

名前だけで人探し

名前しか分からない人を探したいとお考えの人はどういった人物なのでしょうか?人探しの相談でも想像以上に多い「名前だけしか知らない」特定の人物の居場所や連絡先を知りたいと探す方はとても多いです。
過去に当社に寄せられた相談を一部紹介しています。

  • 元恋人との思い出の物が出てきて思い出すようになり会いたくなった
  • 学生時代に一方的に好きだった同級生と連絡を取り合いたい
  • バイト先でお世話になった恩人に再会したい
  • マッチングアプリで出会い交際中の彼氏や彼女が突然連絡が途絶えたので探してほしい
  • SNSを通じて知り合った人と疎遠になりもう一度連絡を再開したい
  • 還暦を機に初恋の人の現在の近況を知りたい
  • ゲームアプリ内で連絡を取っていた人に会いたい
  • お金を貸したが名前だけしか分からない

上記の相談では、学生時代の同級生に突然会いたくなった、音信不通の人ともう一度連絡を取り合いたいなど、昔繋がりのあった関係性の人物を思い出して探してほしい相談も多いです。「名前だけしか手がかりがないどう探せばいいのか?」「名前しか分からないけど、どうしても再会したい」といった気持ちになるのは、未練や後悔、懐かしさがあり気になるから探そうとするのです。

名前だけの情報で人探しは困難である

名前だけを手がかりに人を探すことは非常に困難です。効率的かつ正確に目的を達成するためには、いくつかの重要なポイントを理解しておく必要があります。
名前だけで人探しを行う場合、情報の不足や偽名の可能性も考慮しなくてはならず、予想外の困難が生じることが多いです。
名前だけで人探しを行う場合のリスクは以下の通りです。

  • 必ず名前が本名とは限らず偽名の可能性も視野に入れておく
  • 気持ちの温度差があり探してほしくない可能性がある
  • 予期せぬトラブルが発生する可能性がある

必ず名前が本名とは限らず偽名の可能性も視野に入れておく

名前だけで人を探す際には、その名前が偽名である可能性を常に考慮する必要があります。理由として、多くの人が匿名性を確保するために偽名を使うことが一般的であるからです。インターネット上での出会いでは特に、相手が偽名を使用していることがよく見られます。例えば、SNSやマッチングサイトで知り合った相手が偽名を使っていると、正確な情報に基づいた結果を得るのは非常に難しくなります。

気持ちの温度差があり探してほしくない可能性がある

相手が何らかの理由で見つかりたくない、または連絡を避けたいと考えている可能性がある場合があります。これは相手のプライバシー保護や個人の自由を尊重することを重視するためで、無理に探す行為は相手の意思を軽視することになりかねません。例えば、名前を隠す心理としては、関係性を深く持ちたくない気持ちが隠されています。過去のトラウマや嫌な経験を避けたい人、あるいは生活のリセットをするために過去との接触を断った人などが考えられます。こうした理由で連絡を避けたい人もいます。

予期せぬトラブルが発生する可能性がある

名前だけで個人を探す際には、多くのリスクが伴います。情報が限られていると、誤解や認識違いによるトラブルが起こりやすくなります。たとえば、名前が同じ別の人物を誤って特定してしまい、その結果としてその人に迷惑をかけたり、さらには法的な問題に発展する可能性があります。

名前だけの少ない情報で探偵に人探し依頼は可能か?

名前しか知らない相手を探すのは非常に困難ですが、人探し専門の探偵を利用することで可能性が広がります。ここでは、人探しに役立つ情報や名前だけの情報で探偵に人探しを依頼する方法とそのメリットについて解説します。

経緯をご説明することで、よりスムーズにご依頼を進められる

探偵に人探しを依頼する際には、依頼にいたった経緯をできるだけ詳細に伝えることが非常に重要です。探偵は、依頼者から提供された情報を元に最適な調査方法やアプローチを選定し、調査をより効率的に進めることができます。そのため、依頼者は経緯の詳細を共有することで、調査の成功確率を大いに高めることができます。

個人レベルではない探すプロのスキルと経験

個人レベルで考えると名前だけで探す方法は、SNS(Facebook・x旧Twitter)Google検索やYahoo!検索して名前を検索することくらいしかできないですが、人を捜すプロの探偵であれば、不可能ではありません。聞き込みや・張り込みなどその他に独自の情報ルートで本人に辿りつくことが出来るものです。

人探しに役立つ情報

人探しに役立つ情報
人探し調査の成功率を上げるためには、特定の人物の情報量と情報の信憑性でみつかるのかが左右されます。人探しに役立つ情報は下記の通りです。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 実家住所
  4. 家族構成
  5. 学歴
  6. 勤務先
  7. 電話番号(携帯・自宅)
  8. 出身地
  9. 交友関係
  10. SNSアカウント
  11. 写真

上記の情報がすべて揃っていないと探せないのではなく情報が多いほど成功率は高くなります。
下記の情報も手がかりとなります。

  • 趣味や習い事
  • あだ名
  • 身体的特徴
  • 出会った場所
  • 待ち合わせしていた駅など

人探しに役立つかどうか分からない些細な情報でも事前に整理することをおすすめします。

名前だけの人探し調査でよく依頼があるケース

名前だけの情報を頼りに探偵に依頼するケースは多々あります。様々な相談の中でよくあるケースは下記の通りです。

  • マッチングアプリや婚活サイトで出会った人を探すケース
  • 過去に交際していた彼氏や彼女と不本意な別れをして後悔して探すケース
  • 学生時代に片思いしていた相手を探すケース

マッチングアプリや婚活サイトで出会った人を探すケース

マッチングアプリで出会い交際又は交際する一歩手前で別れてしまった「名前だけ」しか分からない連絡が途絶えてしまった人を探したいと探偵に依頼するケースがあります。
マッチングアプリで知り合った相手を探す場合、限られた情報から効率的に検索する方法を知ることが重要です。マッチングサイトの特性上、相手の詳細な情報が限られていることが多いため、効率的な検索方法を用いることで、情報の少なさを補うことができます。

過去に交際していた恋人と不本意な別れをして後悔して探すケース

過去に付き合っていた昔の恋人と思いがけない別れをして後悔の念に駆られ時を経て謝罪の言葉を伝えたいけど歳月が流れる中で相手の住所や連絡先が変わっていることがよくあります。また、別れ際に連絡先を消去してしまうことも多く連絡を断ち切ってしまう人もいるいるので探偵に依頼することがあります。

学生時代に片思いしていた初恋の人を探すケース

学生時代に片思いしていた初恋の人などを探してほしいと探偵に依頼するケースがあります。当時、好きだという気持ちを伝えきれないまま悔しい気持ちを残していることが嫌で心の整理を目的としたケースも多々あります。

お金を貸して逃げられてしまったケース

名前しか分からない相手にお金を貸してしまい逃げられてしまったケースでも探偵に依頼することが可能です。
探偵は、SNS、過去の関係者など多くの情報源を活用して、対象者の居場所を特定します。そのため、依頼者が持っている情報が少なくても、探偵の技術と経験によって有力な手掛かりが得られるのです。

名前だけしかわからない人探しを探偵に依頼する際の注意点

探偵に名前だけで人を探す依頼をする際には、まず情報が少ないため費用が高くなる傾向があります。また、調査期間が長引くことも予想されるため、迅速な解決を望む場合には追加料金が発生する可能性があります。ホームページで過度な広告を打ち出している探偵事務所には注意が必要で、適正な費用や探偵業届出証明書の有無も確かめましょう。

十分な情報がないと費用が高額になる

名前だけの情報を基に探偵に人探しを依頼することは可能です。しかし、情報が十分ではないのが名前だけの人探し調査です。一般の人探しよりも情報量が少なく調査費用も高額になる可能性もあるので、費用を抑えるためには、名前以外のどんな少ない情報でもできる限り集めることが必要です。
例えば、会話の中で得た情報を整理してみましょう。

情報不足な人探し調査は長期化する

情報が少ないと、調査期間が長くなる傾向にあります。これは、調査員が必要な情報を収集するのに多くの時間を費やす必要があるためです。具体的には、名前だけの手がかりしかない場合、それらの情報を元に追加のデータを探し出す作業が必要となります。名前検索から得た情報、電話番号から住所やその他の連絡先情報を追跡する作業は時間がかかり、一つずつ情報を精査していくため、全体の調査プロセスが遅くなります。

極めて度が過ぎるホームページは危険のサイン

ホームページで過度な広告を打ち出は危険

探偵に人探しを依頼する際、ホームページで過度な広告を打ち出していないか確認することが重要です。過剰な広告を掲載している探偵社は、信頼性に欠ける可能性が高いからです。例えば、「100%見つかります」といった具合に確実性を保証する広告や、他の探偵事務所にはないと断言するような内容が含まれている場合、後々のトラブルにつながるおそれがあります。過度な期待を持たせる広告や誇大な表現は、実際の調査成果とは大きく異なり、顧客に不満を抱かせる結果となることが多いです。

まとめ:探偵に依頼すれば名前だけの情報でも探してくれる

情報が名前だけでも探偵に人探しを依頼できる理由として、探偵は専門的なスキルと幅広いネットワークを駆使して調査を進めることがあります。単に「名前しかわからない」という状況でも、多くの場合探偵は有効な手がかりを見つけ出すことができるのです。例えば、特定の名前と関連する情報を収集していく過程で、独自の調査方法やソーシャルメディア(Facebook・Instagram・x(旧Twitter)や利用してその人物につながる情報を絞り込むことが可能です。
名前しかわからない相手を探している場合は、信頼できる探偵事務所に相談してみましょう。多くの探偵事務所では無料相談を提供しており、その場で依頼者が抱える問題に対して具体的なアプローチ方法や費用見積もりを提示してくれます。まずは無料相談を利用して、具体的な調査の流れや費用について詳しく確認し、次のステップに進む計画を立てましょう。名前だけしかわからない場合でも、専門家の助けを借りることで効率的かつ正確に人探しを成功させることができます。
探偵に依頼する際には、依頼に至った経緯や持っているすべての情報をしっかりと伝えることが重要です。これにより、探偵が調査を開始するための有力な手がかりを得やすくなり、調査がスムーズに進むでしょう。特に、相手が使用している可能性のある偽名や、過去の交際相手、マッチングサイトで出会った相手、お金の貸し借りに関する詳細など、依頼者が知る限りの情報を提供することが不可欠です。
日東探偵社では、過去の事例で名前だけの情報を基に探し出すことに数多く成功してきました。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
心の整理や復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連タグ

関連記事

PAGETOP