名前だけで住所を調べる方法はあるの?必ず知っておくべき注意点も解説

名前だけで住所を調べる方法はあるの?必ず知っておくべき注意点も解説

人探し調査

昔の恋人の現住所を知りたい」「両親の離婚後に会えなくなった実の親の居場所を知りたい」かけがえのない人との出会いと別れがある人生で名前だけしか分からない特定の人物の住所を知りたいと思うことはあるでしょう。この記事では、自分で名前だけの少ない情報だけで住所を調べる方法について注意点も合わせて紹介していきます。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 名前だけで住所を調べる方法を知りたい人
  • 名前だけで住所を特定する注意点を知りたい人
  • 名前だけで探偵に依頼して住所を調べてもらいたい人

名前だけで住所を調べる方法とは

名前だけで住所を特定することは、非常に困難ですが不可能ではありません。名前だけで住所を調べるために有効な方法についてご紹介します。
ここでは、SNSや検索エンジンを活用する方法から、正当な公式な書類を利用する方法まで、具体的な手段を順を追って解説していきます。それぞれの方法の利点と注意点についても触れていますので、自分に合った方法を見つけて実践してみてください。

  1. Googleの検索窓で調べる
  2. 写真で位置情報を調べる
  3. 画像検索を使う
  4. 戸籍附票を取得する
  5. SNSを利用して調べる
  6. ハローページで検索して電話番号を調べる

Googleの検索窓で調べる

名前だけで住所を調べる方法の一つとして、Googleで検索を行うことが可能です。Googleは非常に強力な検索エンジンであり、多くの情報が集まるため、名前で検索するだけでも関連情報が見つかる可能性が高いです。例えば、名前と一緒に趣味や特徴などのキーワードを入力することで、SNSのプロフィールや公的なデータベースの情報がヒットすることがあります。珍しい漢字の名前であれば、絞り込むことが簡単ですが、「佐藤」「鈴木」「高橋」など日本で一番多い苗字だと同姓同名の人物にあたるかもしれません。Google検索を活用して、関連するキーワードを工夫しながら使用することで、住所を調べる手助けとなる情報を見つけることができます。Googleの検索窓を利用して個人の住所などは特定できないかもしれませんが、過去又は現在住んでいる都道府県を絞ることができるかもしれません。

Google以外のYahoo!やBingなどの検索窓も利用してみましょう。

写真で位置情報を調べる

名前しか手がかりがない特定の人物の住所を調べる方法として、SNSなどに上げられた写真から位置情報を割り出せる可能性があります。
その写真の周りの風景や建物などの情報を基に、居場所を特定することができます。しかし写真から情報が集めらることができない場合は、Google拡張機能のEXIF Viewer」などを活用することで位置情報が得られるかもしれません。現代のスマートフォンやデジタルカメラで撮影された写真には、位置情報が含まれていることが多くあります。ただし、一部のユーザーはプライバシー保護のために位置情報をオフにしている場合もありますので、全ての写真に位置情報が含まれているわけではありません。

画像検索を使う

画像検索を活用することで、名前だけでは見つけられない情報にアクセスできる可能性があります。インターネット上にはテキストだけでなく画像として多くの情報が存在しており、画像検索エンジンはそれらの情報を網羅的に検索できるからです。例えば、対象者のプロフィール写真を使用してGoogle画像検索を行うと、その写真が使われている他のページやSNSアカウントが表示されることがあります。これにより、追加の情報や手掛かりを得ることができるのです。画像検索を駆使して、名前だけでは見つからない詳細な情報を取得しましょう。

戸籍附票を取得する

生き別れた娘や離婚して会えなくなった父など親族であれば、戸籍附票を取得して、名前だけで住所を調べることができます。
例えば、相手の過去の住所が必要な場合や、転居歴を確認したい場合に戸籍附票は大変有効です。
戸籍附票は正式な手続きを経て取得できるため、信頼性が高い情報源として利用できます。取得方法は市役所などの行政機関で申請する必要があり、本人や親族など一定の条件を満たすことが求められます。手続きには身分証明書の提示や申請書の記入が必要となりますので、事前に必要な書類を確認しておくと手続きがスムーズに進むでしょう。
このように、戸籍附票は非常に有効な手段であり、転居歴や過去の住所を確認する際に役立ちますが、個人情報保護の観点からも正当な理由が必要です。取得を希望する際は、この点についても十分に理解しておきましょう。

SNSを利用して調べる

名前だけを頼りにSNSで住所を調べる方法があります。非常に多くの人々が自分の生活の一部として、住所や位置情報をSNSに公開しているため、こうしたプラットフォームを活用して特定の情報を見つけることが可能です。SNSのプロフィールや投稿には、必要な情報が含まれている場合があるため、これを利用します。
例えば、FacebookやInstagramでその人の名前を検索することができます。検索結果に表示されるプロフィール情報や投稿内容を確認することで、住所に関連する手がかりを得ることができます。特に、Facebookではその人の友達リストやフォロワーリストを確認することができるため、共通の友人を通じて更なる情報が得られる可能性があります。また、Instagramでは投稿された写真に位置情報が含まれている場合があり、これを手がかりにして住所を特定することも可能です。
SNSでの探索を活用し、名前だけで住所を調べる方法の一つとして実践してみると良いでしょう。しかし、他人の個人情報を探ることには慎重になるべきです。誤った使い方はプライバシー侵害に繋がるリスクがあるため、取得した情報の利用については十分な配慮が必要です。

ハローページで検索して電話番号を調べる

ハローページは個人の電話番号を容易に検索するための便利なリソースです。名前だけで住所を調べたい場合、電話番号から住所を逆引きすることが可能です。例えば、NTT東日本やNTT西日本が提供するハローページでは、固定電話の番号が公開されているため、それを手がかりに個人の住所を特定することができます。ただし、個人情報保護の観点から、取得した情報の取り扱いには十分な注意が必要です。

名前だけで限られた情報から住所を特定する際の注意点

名前だけで限られた情報から住所を特定する際の注意点

名前だけで住所を特定するのは魅力的に聞こえるかもしれませんが、成功するためにはいくつかの注意点を理解しておく必要があります。以下に、特定のリスクや起こり得る問題について解説します。
名前だけで住所を特定する時に注意すべき点は、まず名前しか分からないことが情報の限界であることです。同姓同名が多数存在する可能性が高いため、間違った情報にたどり着くリスクがあります。また、個人情報を不用意に検索することはプライバシー侵害に当たる可能性もあるため、慎重に行う必要があります。
正しい情報と方法を用いることで、リスクを最小限に抑えることができ、探偵事務所を利用する場合は料金や結果の信頼性なども考慮することが重要です。

情報が不十分な場合、見つからない可能性がある

情報が不十分な場合、目的の住所を見つけるのが非常に困難になります。名前だけで探す場合でも、他の手がかりがないと情報の絞り込みが難しく、これにより検索結果が膨大になり、目的の情報にたどり着きにくくなります。例えば、名前だけでウェブ検索を行っても、同姓同名の人が多数存在するため、無関係な情報が大量にヒットする可能性があります。また、一部の人はネット上に個人情報を公開していないため、検索そのものが無駄になることもあります。他の情報をできるだけ収集し、それを組み合わせて検索を行う努力が必要です。情報が少ない場合は検索の正確性が大きく低下するため、目的に達するための手間と時間が増加します。

偽名だったらそもそも見つからない可能性が高い

偽名を使用されている場合、住所を特定するのは非常に困難です。理由は、偽名は本人が故意に身元を隠すために使うことが多いため、通常の検索方法や資料では本当の住所情報にたどり着けないからです。例えば、SNS上で偽名を使用している場合、そのアカウントに関連する情報すべてが嘘の情報である可能性が高く、正確な住所を見つけることはほぼ不可能です。偽名によってその人のプロフィール全体に嘘が含まれているため、事実の情報を得るのは難しいということを念頭に置く必要があります。

調べる時間は長くなる可能性がある

名前だけで住所を調べる際には時間がかかる可能性が高いことを理解しておくことが重要です。本名が正しく名前以外の情報を沢山ある場合でも、自分で探す場合は、時間がかかる可能性は高いとお考え下さい名前だけを手掛かりにする場合、他の情報がないため特定作業が難航しやすく、検索方法を駆使しても情報が見つかりにくいことがあります。
しかし、名前だけで短期間で住所が判明するケースもありますので、少ない情報でも諦めず探しましょう。

プライバシーに十分な配慮をする

相手の個人情報を取り扱う際は、常にプライバシーに十分な配慮をする必要があります。法律や倫理的な面からも、個人のプライバシーを守ることは非常に重要だからです。個人情報が漏洩すると、相手に心理的なストレスや被害を与える可能性があります。例えば、SNSで相手の情報を調べる場合でも、無闇に情報を拡散しないことが求められます。特定の住所を無断で公開したり、第三者に教えたりする行為は避けるべきです。相手のプライバシーを尊重しつつ、必要な情報だけを適切に取り扱いましょう。

探偵は名前だけで住所特定することはできるのか?

名前だけで住所を特定することは、個人で行うには難易度が高いですが、探偵に人探し依頼することは可能です。ではどんな相談が多く寄せられたのかまとめてみました。

  • 昔の彼氏を探してほしい(転居してしまい連絡先も分からない)
  • 過去の恋人に会いたい(結婚してしまい旧姓しか分からない場)
  • 学生時代の恩人に感謝の気持ちを伝えたい
  • SNSで知り合った人物ともう一度会いたい
  • 交際相手が突然連絡が途絶えた(名前しか分からない)

依頼者の提供する過去の出来事や記憶を基にして、探偵がその人の行動パターンや関連情報を洗い出すことが可能です。たとえ名前しか知らない相手でも、人探しのプロである探偵の力を借りることで住所を特定する可能性は十分にあります。
探偵事務所によってスキルや調査力の違いはあります。探偵は、聞き込み以外の独自のデータ調査方法を駆使してわずかな手がかりから名前だけしか分からない人を探し出せるのです。

少ない情報から人探し調査を依頼した料金相場

人探し料金相場については、15万円~60万円です。
情報が少ない依頼には、通常よりも高額な料金がかかることが多いです。情報が少ないと、調査にかかる時間と労力が増えるためです。探偵事務所はその分のコストを依頼者に転嫁することになります。例えば、名前だけで住所を特定する場合と、電話番号など他の情報がある場合では、後者のほうが調査が簡単で料金も抑えられることがあります。より多くの情報を提供することで、調査費用を抑えることができる可能性があります。

名前だけの人探し依頼で料金を安くする方法

名前だけの人探しで料金を抑える方法があります。探偵事務所に依頼する際、情報が少ないと調査に手間がかかり、その分料金が高くなることが多いためです。
まず、依頼する前に可能な限り自分で情報を集めることが重要です。例えばSNSを活用し、相手のプロフィールや投稿内容から居住地に関する手掛かりを探すことができます。また、公共機関を訪れて戸籍附票などの公式文書を取得することも有効です。これにより、探偵に提供する情報の精度が高まり、調査の効率が上がるため料金を抑えることができます。
さらに、探偵事務所に依頼する際は、事前にしっかりと料金の見積もりを取ることが大切です。探偵事務所は多くの場合、調査の範囲や難易度に応じて料金を柔軟に設定しています。自分がどの程度の情報を提供できるかを具体的に伝え、費用対効果の高いプランを提案してもらうことが求められます。
加えて、複数の探偵事務所に問い合わせて比較検討することも、料金を抑えるための一策です。インターネットで評判を調べ、口コミを参考にしながら信頼できる事務所を選ぶことで、無駄な出費を防ぐことができます。
このように、名前だけの人探しでは、事前準備と情報の収集を行うことで、探偵の料金を抑えることができます。コストを抑えるための工夫を怠らず、賢く利用することが重要です。

まとめ

名前だけで住所を調べる方法は、多様な手段があるため成功の可能性が高まります。様々な情報源や方法を活用することで、一つの手段だけでは得られない結果を得ることができるからです。例えば、FacebookやX(旧Twitter)、Google検索、戸籍附票の取得などが挙げられます。それぞれの異なる手段を組み合わせることで、住所を特定する成功率が上がるでしょう。SNSを利用する場合、アカウント名や投稿内容から手がかりを得ることが可能ですし、公式な記録として戸籍附票から正式な住所を取得する方法も有効です。そういった多面的なアプローチが、調査の成功率を高める鍵となります。

一方、名前だけで住所を調べる際には、個人情報保護と法的な制約を十分に理解しておくことが重要です。理由は、相手のプライバシーを侵害すると、法的な問題が発生する可能性があるためです。個人情報の無断収集や、不適切な方法での情報取得は、プライバシー侵害にあたり法的な問題が生じることがあります。例えば、SNS上での不正な情報取得や、第三者機関からの正規の手続きを経ない情報取得は違法となりえます。したがって、法的な制約と個人情報保護を遵守しながら調査を進めることが不可欠です。どんな方法であれ、相手のプライバシーに配慮した慎重なアプローチが求められます。

日東探偵社では、名前だけの少ない情報を頼りに捜索して見つけてきた実績が数多くありますので、まずは無料相談をしてみましょう。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
心の整理や復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP