探偵による所在調査のすべて|所在調査が可能なケースと費用

探偵 所在調査 費用

所在調査の費用について、費用相場や料金の決め方、支払い方法まで一挙に解説!人探し調査の際に必要な情報をお伝えします。
所在調査は、情報が限られている特定の人物の所在を割り出す調査です。家出や失踪者だけでなく、初恋の人と会いたい、恩人と感謝の気持ちを伝えたいので再会したいといった依頼もあります。また、公的な所在調査もありますが、今回は探偵が行う所在調査について詳しく説明していきます。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 所在調査について詳しく知りたい人
  • 探偵に所在調査を依頼することを検討している人
  • 所在調査にかかる費用について知りたい人

この記事では、所在調査とは何か、探偵が行う所在調査の概要、所在調査が可能なケース、所在調査にかかる費用、探偵に依頼する際の注意点などについて詳しく説明しています。所在調査について詳しく知りたい方や、探偵に所在調査を依頼することを検討している方にとって、参考になる内容となっています。

所在調査とは何か、探偵が行う所在調査の概要について

所在調査とは、特定の人物の居場所や行動パターンを調査することを指します。探偵が行う所在調査は、プロの技術と経験を活かして、正確かつ迅速に行われます。

所在調査は、様々な理由で依頼されることがあります。例えば、家出人や行方不明者の捜索、浮気調査、ストーカー対策などが挙げられます。探偵は、依頼者の要望に応じて、最適な調査方法を選択し、調査を行います。

探偵による所在調査は、法律や倫理に則って行われます。個人情報の取り扱いにも細心の注意が払われ、依頼者のプライバシーが守られます。探偵に所在調査を依頼することで、安心して調査を任せることができます。

所在調査によって明らかになること

  1. 特定の人物の居場所:所在調査によって、特定の人物の居場所を特定することができます。
  2. 特定の人物の行動パターン:所在調査によって、特定の人物の行動パターンを把握することができます。
  3. 特定の人物の関係者:所在調査によって、特定の人物が接触している人物や組織を特定することができます。

以上が、所在調査によって明らかになることです。探偵は、依頼者の要望に応じて、最適な調査方法を選択し、調査を行います。

所在調査を依頼することができるケース

探偵に所在調査の依頼がある実際のケースとして、次のようなものがあります。

  • 徘徊癖がある祖母が帰宅しないため、捜索をお願いしたい
  • 多額のお金を貸した相手が逃亡し、現在の居場所を特定してほしい
  • 街で出会った興味深い人物について、詳しい情報を知りたい
  • 旦那が駆け落ちしてからというもの、手紙だけが置かれ心配な日々を解消したい
  • 家出した子供が帰ってこないので、探してほしい
  • お世話になった方にお礼をしたいので、その方の住所を教えてほしい
  • 生き別れになった子供の現在の状況や居場所が知りたい
  • 出会い系サイトやオンラインゲームで知り合った人に会いたい
  • マッチングアプリで知り合った人に会いたい

冒頭で触れた通り、『人探し』に関連するあらゆるリクエストが可能です。

探偵は犯罪に関連する案件を扱わない

プロの探偵事務所は、所在調査ならば可能ですが、犯罪に加担するおそれがある場合やモラルに反する場合は、たとえ報酬が高額であったとしても原則として受けないことが一般的です。例えば、ストーカー行為や芸能人の自宅住所を特定するために依頼するような内容は、受けないことが決まっています。

そうした中で、実績のある優良探偵事務所であれば、依頼者が本当の調査目的を告げなくても、悪質な行為に関する調査結果であるかどうかを見極めることができるとされています。

探偵事務所は、経験豊富な専門家が集う場所であり、何でも請け負うことができるというわけでもありません。探偵は法律に基づき、プライバシーに関わる情報を含む調査においても慎重に行動し、法律の範囲内で調査を実施していくことが求められます。

所在調査で実際に実施される調査

それでは探偵が所在調査を行う手法や技術を説明しましょう

聞き込み調査

探偵事務所による聞き込み調査は、一般的な聞き込みとは異なり、目的や取り組み内容を偽装することがあります。この手法は「内偵調査」と呼ばれ、調査対象者が自分が調査されていることに気づかないように行われます。

張り込み調査

張り込み調査は、探偵が素行調査や人探しを行う際に、よく用いられる手法の1つです。探偵は特定の場所に待機し、調査対象者の動きを監視します。張り込みが行われる場所としては、調査対象者が頻繁に出入りする自宅、勤務先、立ち寄り先などが挙げられます。

探偵が行う張り込み調査にはいくつかの方法があります。代表的な方法としては、次の3種類があります。

  1. 外張り:探偵が屋外で張り込みを行うことです。
  2. 内張り:調査対象者の自宅や会社、立ち寄り先などの近くの民家や建物内で、周囲の了解を得て張り込む方法です。
  3. 流し張り:外張りや内張りが難しい場合に行われる方法で、調査対象者の自宅や会社、立ち寄り先などが監視できる範囲を歩きながら通行人に扮して張り込みを行います。

データ調査

探偵事務所によるデータ調査とは、依頼者から提供された資料(データ)を基に、独自の調査方法にてネットや出版物、名簿、電話などを活用して、目的としている情報(住所、経歴など)を収集する方法です。この方法は、尾行や張り込みのような実地調査を必要としません。また、聞き込み取材も、通信手段を利用して対面での取材を行わずに済ませることができます。

所在調査の料金

探偵に実際に所在調査を依頼する際の料金相場についてご説明いたします。

所在調査の費用についての一般的な相場

一般的に、所在調査の料金相場については見当がつかない方が多いと思いますが、実際にはさまざまな料金プランがあります。例えば、特定の対象に向けた5日間程度の調査には、40万円程度で依頼できるプランもあります。ただし、所在調査が高額になる場合は、元となる情報量が明らかに少ない、調査範囲が広範囲、などの要因があげられます。また、長期間にわたる調査や情報量が少ない場合、調査範囲が広がるほど、料金は増加する傾向にあります。基本的な情報がある場合や、短期間で行う狭範囲の調査の場合は、定額プランを利用することで、費用対効果の高い調査を行うことができるでしょう。

探偵や興信所の料金体系は3つ

探偵事務所は調査を依頼する人が多いため、いくつかの料金体系を導入しています。主には時間料金型やパック料金型があり、それぞれ特徴が異なります。時間料金型は、調査時間に応じて料金が発生する点が特徴的で、調査対象や調査の目的によって採用されることがあります。一方で、パック料金型は一定の金額を支払い、定められた調査範囲内で調査を行う方法です。どちらの料金体系でも探偵事務所によって、詳細な説明や計算方法が提示されています。

①時間料金型

時間料金型は、1時間あたりの調査料金が設定されているプランです。調査対象者の情報が多い場合や失踪から時間が経っていない場合など、調査が早く終わる可能性がある場合はこのプランを選ぶと、比較的お得に依頼できることがあります。

②パックプラン料金型

パックプラン料金型は、定められた時間と料金がセットになったプランです。例えば、8時間6万円のプランでは、8時間の調査が6万円で行えます。ただし、調査が短い期間で終わった場合、時間に応じた料金として支払うため、不必要な料金がかかる場合があります。そのため、必要な調査期間をしっかりと見積もって選ぶことが大切です。

③成功報酬型

成功報酬型は、人探しにおいて最もよく利用される料金体系は「成功報酬型」です。このプランでは、調査が成功しなければ報酬金は発生しませんが、依頼時に着手金が必要な場合があります。成功の定義は事前に確認しておく必要があり、難易度によっては報酬額が変わる場合もあります。このプランにはメリットとデメリットがあるため、細かく検討することが重要です。調査料金については尋ねにくいと感じるかもしれませんが、損をする可能性があるので、不明点があれば遠慮なく問い合わせをするようにしましょう。

所在調査費用が高額になる理由

所在調査費用が高額になる理由として、以下のようなものが挙げられます。

調査対象者に関する情報が少ない場合

調査対象者に関する情報が少ない場合、探偵はより多くの情報を収集する必要があります。そのため、調査範囲を広げながら進めていく必要があり、調査に必要な人員や労働時間が増加することが予想されます。その結果、費用も高額になりやすい傾向があります。

調査が困難であるため(難易度が高い)

所在調査対象者が認知症やうつ病などの病気にかかっていた場合や、行方不明になってから長期間が経過していた場合、または本人が探されることを拒んでいる場合など、調査の難易度は非常に高く、場合によっては所在調査そのものが不可能な場合もあります。そのため、無理に調査を続けることは、調査費用だけがかさんでしまうリスクがあるため、慎重に検討する必要があります。

調査範囲が広範囲に及ぶ場合

調査範囲が広範囲に及ぶ場合、探偵はより広い範囲を調査する必要があるため、調査に必要な人員や労働時間が増えることがあります。その結果、調査費用が高額になる傾向があります。ですので、探偵は常に効率とコスト削減を考慮しながら調査を進める必要があります。

調査期間が長期にわたる場合

査期間が長期にわたる場合は、探偵が調査中に必要な情報を定期的に更新するための手続きが必要になります。また、調査中の情報収集や監視を継続的に行うため、多くの資源や時間を費やす必要がある場合があります。また、調査対象者の日常生活や行動が予想外に変化することもあり、調査の再調整や情報収集の見直しが必要になる可能性があります。それに伴い、調査期間が長くなるため、コストも増加することがあります。

調査対象者が意図的に身を隠している場合

調査対象者が意図的に身を隠している場合、探偵は調査を進める上で様々な困難に直面することがあります。例えば、調査対象者が住んでいる場所や行動する場所を把握することができず、そのために調査の効率が大幅に低下することが考えられます。

また、調査対象者が偽名や偽住所を使用している場合には、正確な情報を把握するために多大な労力が必要になります。探偵は、多角的なアプローチを用いて調査を進め、あらゆる手段を駆使して調査対象者の身を隠す意図に対処する必要があります。例えば、インターネット上での調査や、調査対象者の身の回りの人々を調べることも有効な手段となります。しかし、調査対象者の身を隠す意図が強い場合には、調査の限界もあることを覚えておく必要があります。

これらの場合、調査に必要な人員や労働時間が増加するため、費用も高額になりやすい傾向にあります。

 

所在調査の費用を抑える方法

所在調査の費用を抑えるためには、以下のような方法があります。

調査対象者に関する情報をできるだけ多く提供する

探偵が調査対象者に関する情報を多く提供される場合、調査範囲を限定できます。その結果、必要な人員数や調査にかかる時間を減らすことができるため、コストを抑えることができます。

調査対象者に関する基本情報、例えば氏名、年齢、性別、職業、住所、電話番号などを知ることは有益です。更に、調査対象者が最後に目撃された場所や日時、よく訪れる場所等も探偵が役立つ情報となります。

調査範囲を狭める

調査範囲を限定することで、探偵はより効率的に調査を進めることができます。これにより、必要な人員数や労働時間を削減し、費用削減につなげることができます。

たとえば、調査対象者の最後の目撃情報や頻繁に出入りする場所などの情報を提供することで、探偵は調査範囲を限定することができます。

自らも調査を行うように努める

探偵など調査のプロではない方でも、自分自身でも所在調査が可能です。
例えば、あなたが行方不明になった友人を捜すために、探偵などのプロに依頼することができますが、費用が高額になる場合があります。しかし、インターネットやSNSなどを駆使して、自分自身でも所在調査を試みることができます。つまり、プロのような高度なスキルや知識がなくても、自己流である程度の調査を行うことができるということです。このように、自らも調査を行うことで、コスト削減にも繋がります。もちろんプロと同等の調査を行うことはできませんが、次の項目で、自己流で行える所在調査の方法を解説していきます。

所在調査が自分自身でも可能

自分自身や友人、家族で行える調査について以下にまとめました。

自分で行える所在調査の手法

もし時間的余裕があったり、緊急性があまり高くない場合には、自分で手掛けることができる以下の調査方法を使って、情報を把握することがおすすめです。

  • パソコンの履歴や部屋の痕跡を探す         
  • インターネット上の掲示板を活用する
  • Facebookの投稿で情報を共有
  • 行方不明者の消息を探すためのポスターを作成する
  • 住民票を正式な方法で取得する
  • 地道に聞き込みをする
  • 外部の専門家や業者に調査を委託する

行方不明者を探す際に、より具体的な方法や成功するためのコツを知りたい場合は、関連する記事を読むことをおすすめします。そのような記事は、実際に行方不明者探しに携わった人々の経験をもとに書かれており、手がかりを見つけるためのアドバイスや掲示板を効果的に利用する方法などが紹介されています。

自分で行う所在調査メリットとデメリット

自分で行う所在調査には、利点と欠点があります。

一方で、自分自身で行えば、費用を節約できるというメリットがあります。また、あくまで自分自身が情報を集め、問題解決に取り組めるため、早期解決で見つかる可能性があります。

一方、所在調査自体に専門的な知識が必要であることや、適切な情報を入手することが難しいことがあるため、自分自身で行うことにはリスクが伴います。また、自分の知らない情報にアクセスする必要があるため、プライバシーや倫理的な問題が発生する可能性もあります。

以上のように、自分自身で行う所在調査にはメリットもあればデメリットもあるため、慎重な判断が求められます。

信頼できる探偵事務所を選ぶためのポイント

探偵事務所を選ぶ際には、以下のポイントに注目することが重要です。これらのポイントをチェックすることで、信頼できる探偵事務所を選ぶことができます。

  • 行政処分の履歴がないか確認する。
  • 電話で料金についての質問に対して適切な回答があるか確認する。
  • 面談は事務所内で行われるか確認する。
  • 探偵業届出証明書が事務所にあるか確認する。
  • 提出される調査書が裁判で有効な証拠となるか確認する。
  • 担当者との相性が良いか確認する。
  • 報告はリアルタイムにもらえる確認する。
  • 利用者の目的に合わせた複数の料金プランが用意されているかを確認する。

上記のポイントを参考にすることで、信頼性の高い探偵事務所を選ぶことができます。これらのチェックポイントを確認することで、自分にとって適切な探偵事務所を見つけることができます。

まとめ

この記事は、所在調査の費用についての相場や料金の決め方、支払い方法などを解説しています。所在調査とは、特定の人物の居場所や行動パターンを調査することを指します。探偵が行う所在調査は、プロの技術と経験を活かして、正確かつ迅速に行われます。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP