探偵になる方法と仕事の実態を徹底解説!探偵になるにはどんな資格や能力が必要?

探偵になりたい人 

この記事では、探偵になりたい人のために、探偵という仕事の内容やメリット・デメリット、探偵になるために必要な資格や能力、探偵になる方法や実際の仕事の流れ、探偵の平均年収や将来性などを詳しく紹介しています。探偵に興味がある方はぜひ参考にしてください。

この記事は、以下のような方へおすすめの内容です。

  • 探偵になりたいと思っている方
  • 探偵の仕事内容や資格について知りたい方
  • 探偵の仕事の実態や将来性について知りたい方

探偵になるためにはどうすれば良いですか?

法律によって「調査業」として定められている探偵は、多くのメディア作品から、不思議な職業だと思われる方もいるでしょう。しかし、実際にはビジネスとして確立されているのです。

探偵になる方法は、一般的には探偵事務所や興信所で働いて実務経験を得ることです。また、近年では探偵を育成する目的で作られた探偵学校に通うことも増えてきています。

自分で探偵事務所を開業する場合には、探偵業届出証明書が必要ですが、探偵事務所や興信所に就職する場合には、特別な資格は不要です。面接に合格すれば、誰でも挑戦できる職業なのです。

ただし、探偵になること自体は難しくないとしても、探偵として働き始めた後は、自分の限界や顧客獲得の難しさに直面することが多いです。

よくあるケースですが、探偵学校を開設している探偵事務所では、卒業後に雇用ではなく独立といった形で外注として契約を結びことが多いですが、独立後仕事が来ずに廃業する探偵も多いので廃業の数も圧倒的に多いのが現実です。

そのため、探偵を仕事として続けたいのであれば、長く運営されている探偵事務所や興信所に就職するのがおすすめです。

探偵学校で学ぶこととは?探偵になるためのポイント

探偵という職業は、特別な資格や学歴が必要なわけではありません。誰でも探偵事務所に入ってから知識やスキルを身に着けることができます。しかし、それは簡単なことではありません。

そこで、探偵スクールという選択肢があります。探偵スクールでは、実際の現場で必要な技術や、探偵業に関する法律知識や報告書作成などの理論的な知識を学ぶことができます。

しかし、探偵スクールには高い費用がかかりますし、探偵として働くときに活かせる内容かどうかも重要です。時間とお金を無駄にしないためにも、探偵スクールの種類や特徴を把握しておく必要があります。

探偵スクールは主に、講習タイプとテキストタイプ、実地研修タイプの3種類があります。それぞれの長所と短所を紹介しますので、探偵スクールに通って探偵を目指す方は参考にしてください。

知識や法律の講義

講習タイプは、探偵に関する知識やスキルをセミナーや講習会で学ぶスタイルです。参加者は主催者に申し込み、指定された会場に行って、他の応募者と一緒に探偵の勉強をします。

講習は、大抵は8時間のものや1日くらいのものが多く、土日以外などに開催されます。本業があるけど、将来的に探偵になりたいという方に向けて企画されているものがほとんどです。

文章のスタイル

テキストタイプは、探偵学校が出版している調査方法マニュアルなどの教材を使って学ぶスタイルです。探偵学校が実践している探偵業の方法がテキストに書かれているので、それを読んで知識を身に着けます。

ただし、テキストタイプは文字だけの知識習得になってしまうので、経験を積むことはできません。講習や実地研修などで実際に探偵の技術を学ぶことができない方が選ぶ方法です。

実技研修講習

実地研修タイプは、テキストタイプや講習タイプと一部共通している探偵学校ですが、探偵事務所が運営しているものがほとんどです。

このタイプでは、探偵事務所が実際に受ける依頼を模擬調査として体験できます。探偵の機材の使い方や調査の方法を実際に学ぶことができます。

ただし、このタイプは時間や労力がかかるので、授業料が他の2タイプよりも高い傾向になりますが、実技講習がないと次のステップには行きません。

大体の探偵学校では、講習と実技を組み合わせてのタイプになります。

探偵になるために必要な資格や能力

探偵になるために必要な資格は、法律上は特に定められていないが、探偵業法に基づいて都道府県知事から探偵業の許可を受ける必要がある。また、探偵業界では民間資格として探偵資格検定試験や社団法人の認定試験などが実施されており、これらの資格を取得することで知識や技術を証明することができます。

探偵になるために必要な能力

探偵になるために必要な能力は、集中力、臨機応変、観察力や洞察力、論理的思考力、コミュニケーション力、交渉力、忍耐力、判断力、行動力、情報収集力、分析力、報告力などが挙げられます。全て揃ってないと探偵になれないということではありませんが、調査員の能力としては必要になる能力になります。また、カメラやビデオカメラの撮影のスキルやGPSなどの機器の操作や自動車運転免許も必要である。尾行調査では2輪免許がありバイク運転の技術が高いと探偵事務所では重宝されます。では具体的にどんなスキルと技術が必要なのかを見て行きましょう!

張り込みや尾行のスキル

尾行の技術はとても簡単ではありません。ただ追いかけるのではなく対象者にバレないように追いかけます。
単純なようでとても難しい技術です。まだ成りたての新米調査員の時は、見失うことを(失尾)が嫌なので無理して
追いかけて相手にバレてしまうことがありますが、尾行や張り込みは対象者に警戒させてしまった場合は、即座に中断しなくてはなりません。張り込みと尾行の時は、必ず目を離さない、足元を見る、目を合わさないことです。
一定の距離感を持ち、時には接近する必要もありますが、臨機応変に対応して同じ調査員と連携をとり尾行し証拠を押さえて行きます。
張り込みは長時間になることがありますが、集中力と体力が必要です。

撮影技術

カメラやビデオカメラなどの機材を使えることは、探偵の仕事にとって必要不可欠な技能です。なぜなら、探偵の調査では、写真や動画で証拠を残すことが多いからです。浮気調査や素行調査などの場合、対象者とその関係者の密会や行動を撮影することで、依頼者に事実を伝えることができます。そのため、探偵はほとんどのケースで、写真や動画などの撮影を行うのです。
撮影方法も各探偵事務所によって教え方はや撮影方法は違いますが、ビデオカメラであれば、ビデオカメラを独自に隠すカバーを取り付けて撮影します。撮影は技術の高い調査員であればブレずに綺麗に撮影します。
対象者の顔、全身、持ち物、靴、鞄、特徴など細かく撮影します。対象だけではなく、入店したお店の看板や買い物したもの青看板なども同時に撮影するのでどこでなにをしていたのかを画像で説明できるように全て撮影します。その技術は日々の経験が活かされます。

多くの探偵調査員が使用しているビデオカメラは、CX-520系です。現在では4kビデオカメラを使用している調査員も多くいますが、大きいのでCX系がベストです。
ちなみにカメラは2台持ちが良いです。

 

パソコンの技術

探偵は調査だけでなく、報告書の作成も仕事の一部です。報告書はパソコンで作りますから、パソコンのスキルが必要になります。写真や動画を加工・編集できると便利ですが、専門的なスキルは求められません。

パソコンで入力作業ができるくらいの、基本的なスキルがあれば大丈夫です。一般的なパソコンの知識があれば大丈夫です!撮影した動画を画像にして報告書に貼り付けるだけです。

ただし、報告書は依頼者に渡すものですし、公的な機関に提出することもあります。だから、誤字脱字・変換ミスなどがなく、きちんとした報告書を作ることが大切です。

法律の知識

探偵は法律知識がないと仕事ができない業種です。意外でしょうか?

探偵は警察や弁護士のように、捜査権などの特権はありません。だから、調査をするときは法律に従わなければいけませんし、関係する法律を知っておかなければいけません。

  • 他人の自宅に無断で入った場合は、の刑罰は、「住居侵入罪に該当する可能性あり」
  • GPSを取り付けて監視する行為は、「ストーカー規制法に牴触する可能性あり」

さらに、探偵の仕事は、浮気や離婚問題、ストーカー、盗聴・盗撮など、色々な民事・刑事問題に関わります。依頼者に正しいアドバイスをするためにも、それぞれの問題についての法律の知識が必要です。

実は、探偵の中には、弁護士資格や行政書士資格を持っている人もいます。探偵として開業する前に、そうした資格を取得している人もいるのです。

もちろん、自分で勉強したり、探偵学校に通ったりして、探偵になる前に技能や知識を身につけることもできますし、探偵として働き始めてから、経験を通して学ぶこともできます。

でも、「探偵には法律知識が必要だ」ということは覚えておいてくださいね。

探偵の仕事ってどんな仕事?

一般の方の人が、探偵と出会うことは少ないので、ドラマでは難事件を解決する探偵の姿が描かれますが、現実の探偵業はそうではありません。探偵が最も多く行う仕事は、浮気や素行調査といった人間関係の恋愛や金銭トラブルに関するものです。
初恋の人や同級生など昔繋がりのあった人と再会したい人探しから大切な家族が失踪してしまい行方失踪を行います。

息子や娘の結婚相手や新規採用者の身辺調査もよく行われます。さらに、盗聴器や盗撮カメラの発見や、失踪人や行方不明者の捜索も探偵の仕事に含まれます。探偵は、こうした日常的な調査業務をメインにしています。

探偵になるといくら稼げる? 平均年収や給料の相場を解説

探偵になりたいと思う人は多いかもしれませんが、実際に探偵として生活していくことは簡単ではありません。探偵の年収や給料は、どれくらいなのでしょうか?

探偵の年収や給料は、探偵事務所の規模や地域、探偵の実力や経験などによって大きく異なります。一般的には、大手探偵事務所に雇われている探偵は、多くて月収30~50万円、個人事業での探偵事務所や地方専門の探偵は20万円前後が相場です。これを年収に換算すると、300万円から500万円前後が平均値となります。

しかし、このような平均値はあくまで目安であり、信頼と実績のある探偵になれば、大手企業の専属などになって数千万円という年収を稼ぐことも可能です。逆に、仕事が少なかったり、拘束時間が長かったりする場合は、割に合わないと感じることもあるでしょう。探偵事務所では、相談員・契約担当者・調査員の役割があります。大手探偵事務所で稼ぎたい人は、契約担当者がお勧めです。現場で働きたい人は調査員が良いでしょう!

探偵の年収や給料を上げるためには、スキルや知識を高めて多くの依頼をこなすことが必要です。また、独立して自分で仕事を取ることも一つの方法です。探偵になるという夢は素敵ですが、現実的な待遇もしっかりと把握しておくことが大切です。

探偵の仕事は結果がすべて! 将来性を高めるために必要なこととは

探偵になるという夢は持っていても、将来性に不安を感じる人も多いでしょう。探偵の将来性は、どういったものなのでしょうか?

探偵の将来性は、個人の実力や実績に大きく左右されます。探偵の仕事は、依頼人の要求に応えられるかどうかが重要です。依頼人から信頼される探偵になれば、仕事が増えて収入も上がります。

探偵社に所属している場合は、多くの依頼をこなして目立つことが必要です。探偵社によっては、個人の実績を評価してくれるところもあります。独立して自分で仕事を取る場合は、過去のクライアントからの紹介や口コミなどが重要です。

探偵の将来性は、自分で切り開くものです。結果を出して信頼を得ることが、将来性を高めるために必要なことです

探偵って誰もなれるのかな?

探偵になりたいと思っても、自分には条件が合わないと諦めている人はいませんか?実は、探偵になるためには、学歴や性別、資格などはあまり重要ではありません。探偵になるために必要なのは、コミュニケーション能力や学習意欲、そして探偵としての適性や姿勢です。

探偵事務所によっては、学歴や性別、資格よりも、こうした能力や姿勢を重視して採用しています。女性の探偵も、男性の探偵と同じように活躍できる場面が多くあります。男性では入りづらい場所や、女性の気持ちを理解できる場面などです。女性であっても、探偵になる夢を諦める必要はありません。

また、探偵は未経験者でもなれる仕事です。新卒だけでなく、転職して探偵になった人もたくさんいます。前職での経験や社会経験、探偵と関係なさそうな資格でも、探偵の仕事で役立つことがあります。

ただし、注意したいのは年齢です。探偵の仕事は体力が必要なことも多いので、若すぎたり高齢だったりすると難しいかもしれません。一般的には、20代半ばから50代までが探偵に向いている年齢と言えます。

もし自分がこの年齢帯に入っていなくても、チャレンジする価値はあります。探偵になるために大切なのは、自分の可能性を信じることです。

まとめ

この記事では、探偵になりたい人向けに、探偵という仕事の魅力や難しさ、探偵になる方法や条件、探偵の仕事内容や待遇、探偵の将来性などを詳しく解説しました。探偵は誰でも挑戦できる職業ですが、それだけでは成功できません。法律知識や技術を身に着けて信頼される探偵を目指しましょう。

  • 探偵になるためには、特別な資格や学歴は必要なく、誰でも挑戦できる職業ですが、法律知識や技術を身に着ける必要があります。
  • 探偵学校は、探偵として働くために必要な知識やスキルを学ぶことができる場所で、講習タイプやテキストタイプ、実地研修タイプなどがあります。
  • 探偵の仕事は、浮気や素行調査などの人間関係のトラブルを解決することが多く、張り込みや尾行、撮影などが主な業務内容です。
  • 探偵の年収や給料は、探偵事務所の規模や地域、探偵の実力や経験などによって異なりますが、平均的には300万円から500万円前後です。
  • 探偵の将来性は、個人の実力や実績によって変わりますが、依頼人から信頼される探偵になれば、仕事が増えて収入も上がります。
  • 探偵になるために必要な能力は、集中力や臨機応変さ、観察力や洞察力、論理的思考力やコミュニケーション力などです

探偵になりたい方は、是非相談して下さい!

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP