生き別れた親を探す方法と注意点!人探し調査のポイントとは?

生き別れた親を探す方法と注意点!人探し調査のポイントとは?

生き別れとは、肉親や兄弟姉妹が生きている間に離れ離れになることを指しますが、現代ではSNSやインターネットの普及により、再会に向けた情報や手段が充実しています。

まずは、生き別れた家族を探す方法として、探偵事務所や人探し専門の興信所に依頼する方法や、市区役所などに問い合わせる方法などがあります。また、最近ではDNA検査を利用した方法も注目されています。

しかし、再会に向けた人探し調査には注意点もあります。家族としての再会を望んでいても、相手が再会を希望していない場合もあるため、相手の意向を尊重することが重要です。また、それぞれの立場や家族史などにより、再会が思わぬトラブルを引き起こすこともあるため、専門のサポートを受けることも大切です。

お互いに幸せになる再会を目指して、注意点を踏まえた上で、正確な情報と効果的な手段を活用して生き別れた家族と再会することができるという希望を持てます。

「生き別れの家族を探す方法と注意点!再会に向けた人探し調査のポイント」というタイトルで、生き別れになった家族との再会について解説します。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 自分で親を探す方法を知りたい人
  • 生き別れた親を探す方法
  • 人探しは専門の探偵事務所がおすすめ
  • 探偵に人探し調査を依頼する前に知っておきたい注意点を知りたい人

相続などの手続きにおいて、生き別れになってしまった家族と連絡を取る必要があるケースもあります。しかし、その家族の居場所が分からないために問題が解決できないということもあり得ます。そうした場合には、家族を捜索する方法を知ることが大切です。捜索の方法を把握しておくことで、問題を解決するためのペースが早くなるかもしれません。

 

自分で親を探す方法を知りたい人

生き別れの親を自力で探す場合、警察や探偵に調査を依頼するのではなく、以下の3つの方法を利用することが大切です。

①区市町村などの役所で戸籍の附票を取得する
②親戚や知人に話を聞いて情報を集める
③SNSを使って情報を探す

これらの方法を利用することで、自分で探すことができます。生き別れの親を探す方は、この3つの方法をチェックしておくことが重要です。

区市町村などの役所で戸籍の附票を取得する

まずは、自分の住んでいる市区町村の役所を訪れ、戸籍の附票を確認することが大切です。

戸籍にはかつて住んでいた住所が記載されており、戸籍の附票を確認すれば、生き別れた親の現住所を探し出すことができる場合があります。

ただし、他人の戸籍の附票を取得することはできません。しかし、親や祖父母、兄弟姉妹、配偶者、子孫であれば附票の申請が可能です。ただし、親などの場合、本人が現在の住所を変更していないか、除籍になっていないかを確認する必要があります。

親戚や知人に話を聞いて情報を集める

生き別れの親を探す場合、親戚や知人に話を聞くことが重要な情報収集方法になります。

親しい人たちは、生き別れになっている家族に関する情報を持っている場合があります。

例えば、幼少期に生き別れた場合、母親から父親に関する情報を得ることができるかもしれません。

そのため、生き別れの家族の捜索においては、親戚や知人に話を聞くことを考えておくと良いでしょう。

SNSを使って情報を探す

まずは、生き別れた親の名前や写真をSNS上に投稿してみることが大切です。特にFacebookやTwitterなどのSNSは、多くの人が利用しているので、情報収集に役立つ可能性があります。

また、SNS上には生き別れた親の友人や知人がいるかもしれません。その人たちとコンタクトを取って、生き別れた親の居場所に関する情報を集めることもできます。

さらに、SNSには探偵や専門家が運営するページもあります。そのようなページを利用することで、専門家による情報収集やアドバイスを受けることも可能です。

ただし、SNS上での情報収集には、プライバシーに配慮する必要があります。特に、他人の個人情報をSNS上に投稿することは避け、適切なマナーを守って利用するようにしましょう。

以上のように、SNSをうまく活用することで、生き別れた親を探し出すことができるかもしれません。ただし、SNS上の情報には注意しなければならないことを忘れずに、適切な方法で利用するようにしてください。

生き別れた親を探す方法

生き別れた親を探す際には、主に3つの方法があります。それぞれについて解説します。

  • 自力で情報を集める方法です。家族や親戚、知人などから情報を収集し、生き別れた親の居場所をつかむことができます。
  • 警察に相談する方法があります。警察で手続きを行うことで、生き別れた親の居場所情報を得ることができる場合があります。
  • 探偵に人探し調査を依頼する方法があります。プロの探偵に依頼することで、高い調査能力を活かして生き別れた親を探すことが可能です。

これらの調査方法をチェックし、自分に合った方法を選びましょう。

生き別れになった親を探す方法①:自力で情報を集める

生き別れた家族を探す場合、最初は自分自身で情報を集めることが大切です。

自力で探すことで、すぐに会いに行くことができたり、探偵や警察に依頼するよりも費用を節約することができます。

また、「警察沙汰にしたくない」といった場合でも、自力で調べることができます。

生き別れた家族を探したい場合は、まずは自分自身で情報を集めることを考えてみることをおすすめします。

生き別れになった親を探す方法②:警察に相談する

自力での調査が難しい場合、警察に行方不明者届を出すことも考えましょう。

事件や事故・災害などに巻き込まれている可能性がある場合、警察は迅速に捜索を開始することができます。

特に、認知症の方や未成年者が行方不明になった場合は、すぐに警察に相談しましょう。

適切な手続きを踏んで警察に捜索を依頼することで、迅速に家族を見つけることができます。

但し、生き別れた親を探す場合は、警察に相談しても家出失踪とは違い受理されないこともあるので、まずはお住まいの管轄している警察署に相談することが良いでしょう。

生き別れになった親を探す方法③:探偵に人探し調査を依頼する

自力での調査が難しい場合や、警察に相談する必要のない場合は、探偵に人探し調査を依頼することも一つの方法です。

生き別れた家族だけでなく、昔の恋人や友人、恩師などを探すこともできます。

探偵は聞き込み調査などを駆使して、徹底的な人探し調査を行い、手掛かりを見つけます。

探偵にしかできないような調査もあるため、依頼をしてみることで人探しの手助けをもらうことができます。

人探しは専門の探偵事務所がおすすめ

家族を探す場合、自力での調査や警察に相談することもできますが、探偵に人探し調査を依頼することも考えましょう。

探偵は専門的な知識や技術を持っており、探偵にしかできない特別な調査も可能です。

そのため、手掛かりが少なかったり、情報を収集するのが難しい場合でも、探偵に依頼すれば見つける可能性が高くなります。

また、探偵が行う調査は、プライバシーに配慮されたものとなるため、探し始めたことが相手にバレる心配もありません。

人探しをする場合、探偵に調査を依頼する理由があることをご説明します。

自分では情報収集に限界がある

人探しをする場合、自力での情報収集は一般的ですが、実際には情報を得るのは難しい場合があります。

例えば、SNSで情報収集をしようとしても、正しい情報を見極めることが困難であり、個人情報が漏れるリスクもあります。また、聞き込みをすることも一般的ですが、調査に慣れていない人が行うと時間や労力がかかってしまう上に、情報を得ることが難しい場合もあります。

このような場合は、調査専門の探偵に相談することをおすすめします。探偵は、個人情報を管理しながら人探しをスムーズに進めることができ、より効率的に情報を集めることができます。また、様々な調査手法を用いて情報を収集するため、人探しのプロとしての実力を持っています。自力で情報を得ることが難しい場合は、探偵に相談することが有効です。

警察への相談で事件性がない場合は捜索は不可能

人探しをする場合、警察に相談する方法もありますが、事件性がある場合を除き、積極的な対応は期待できません。

警察は事件を解決するための機関であり、人探しをするための機関ではないためです。

一方、探偵事務所は、警察が対応しないような人探し調査を引き受けています。

例えば、「生き別れた親を探したい」「昔お世話になった恩師と再会したい」といった希望がある場合も、探偵事務所に相談することができます。

事件性がなく、警察では相談に乗ってもらえない人探し案件の場合は、探偵事務所に相談して専門家の力を借りることをおすすめします。

探偵に人探し調査を依頼する前に知っておきたい注意点

人探し調査を探偵に依頼する際には、注意するべき点が3つあります。

  • 複数の探偵事務所を見比べることが大切
  • できるだけ多くの情報を集めて準備することが重要
  • 安心して依頼できる探偵事務所を選ぶ

生き別れの親を探すために探偵に依頼する場合、注意点を把握したうえで信頼できる探偵事務所を選びましょう。

複数の探偵事務所を見比べることが大切

人探し調査を探偵事務所に依頼する場合、費用は10万円から60万円程度となることが一般的です。ただし、調査の難易度や探偵事務所によって費用は異なるため、事前に複数の探偵事務所に見積もりを出してもらうことが非常に大切です。

また、中には「完全成功報酬制」の料金プランを採用している探偵事務所もあります。これは、調査に成功しない限り、一切の料金が発生しないというものです。しかし、ほかの料金プランよりも割高な報酬となることが多いため、慎重に選ぶ必要があります。

さらに、適正な価格で自社の調査について保証をする探偵事務所もあります。これによって、自社が行う調査内容において正確であることが保証されたり、予算設定が明確になるおかげで、コストパフォーマンスが良くなることもあります。

最終的には、いくつかの探偵事務所に相談に行き、費用の相場や料金プランを把握した上で、誠実で信頼できる業者を選ぶことが重要です。

できるだけ多くの情報を集めて準備することが重要

生き別れた親を探す場合、人探し調査を専門とする探偵はわずかな情報からでも所在を探し出すことができますが、より多くの情報がある方が調査はスムーズに進み、費用も効率的に抑えられます。

そのため、探偵に依頼する前に事前にできるだけ多くの情報を集めて準備しておきましょう。例えば、親の戸籍の附票を取得し、除籍される前の住所などを探偵に伝えることで調査は進みやすくなります。

また、親の実家や勤務先の住所などが判明しているのであれば、探偵の手助けになることがあります。

探偵に依頼する前に、親について知っていることはなるべく探偵に伝え、調査をスムーズに・安く進めるようにしましょう。

安心して依頼できる探偵事務所を選ぶ

人探し調査を依頼する際には、探偵業の届出を正しく行っている信頼できる探偵事務所であるかどうかをしっかりと見極めることが非常に重要です。

不当に高額な報酬を請求してくる悪質な探偵事務所や、費用を請求したにも関わらず調査をしていなかったりするリスクがあるため、事前にホームページなどで探偵業の届出証明番号を確認し、信頼できる探偵事務所であるかを確認しましょう。

また、探偵業の届出を正しく行っていることは公安委員会によって確認できます。探偵事務所が届け出を済ませていることを確認することで、信頼できる探偵事務所を選ぶことができます。

生き別れた親の捜索や人探しは探偵に相談することがおすすめ

生き別れた親や家族を探しているのであれば、探偵事務所に人探し調査を依頼することをおすすめします。

人探しのプロである探偵は、スキルやノウハウを活かして徹底的に調べ上げてくれるためです。

戸籍の附票では分からない親の現住所も、探偵の調査であれば調べられる可能性があります。

生き別れた親・家族の調査に限らず、「音信不通になっていた友人に会いたい」「お金を貸した相手がいなくなったので探したい」といった人探し案件でも対応可能です。

また、多くの探偵事務所では相談・見積もりを無料で対応しています。

人探しをしたいと考えている方は、まずは探偵事務所に相談することをおすすめします。

生き別れた家族と再会する際のポイントと注意点

家族であっても何十年も会っていない人と再会することに抵抗を感じる人もいます。一度別れてしまってから長い年月が経つと、その間にお互いに変化があったり、心境が変わってしまっていたりすることがあります。

しかし、生き別れた家族と再会することは、大切な再会の機会であることも事実です。再会することで、過去の出来事を振り返り、新しい出発をすることができます。

再会は相手の立場や気持ちを尊重しよう

生き別れた家族と再会する場合、自分たちが再開を望む相手にとって、急に現れることは驚きや混乱を招くことがあります。特に、相手が自分たちが住んでいる場所を突き止めた方法に疑問を抱いている場合は、気持ちが落ち着かないことが多いです。

このような場合、素直に事情を説明して、お互いが納得できる形で再会するよう心がけましょう。調査を依頼した理由や、再会したい気持ちを率直に伝え、過去の出来事や現在の状況について話し合うことが大切です。

再会後は、互いに時間をかけてお互いに話を聞き、お互いの生活や趣味、家族構成などについて話し合いましょう。互いの置かれた状況には個人差がありますので、相手の感情を尊重し、お互いが快適に過ごせる環境や関係を築くことを目指すことが重要です。

再会前にお互いの状況を確認することが大切

生き別れた家族を見つけた場合、すぐに会って話したくなる気持ちは理解できますが、まずは手紙やLINE、メールなどを活用してお互いの状況を確認することが重要です。

初めてのコンタクトの際には、お互いの生活や家族構成、現在の状況について書きたいことを伝えたり、昔の話を思い出したことを共有しましょう。徐々に会話が弾んでくれば、警戒心も解けていくはずです。

また、再会するタイミングは慎重に選びましょう。お互いのスケジュールや場所などを相談して、お互いが楽しい気持ちで会える時間帯や場所を選ぶことが大切です。再会が初めての場合は、初対面の人と会う感覚もありますので、リラックスして自然な流れで話すことができる場所や環境をセッティングすると良いでしょう。

まとめ

生き別れた親や家族を探す場合、自力での調査や警察への相談、探偵への依頼などがあります。

自力で調査する場合には、役所の窓口で戸籍の附票を取得することや、親戚や知人に聞いて情報を得る方法がありますが、情報漏洩のリスクや、情報を得られない可能性があることがあるため、注意が必要です。

探偵事務所に相談する場合、複数の事務所から見積もりを出してもらい、費用や方法、実績などを比較し、信頼できる事務所を選ぶことが大切です。探偵事務所は、プロの技術や知識を持った専門家であり、より確実かつ迅速に情報を収集することが可能なため、人探しには適しています。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連タグ

関連記事

PAGETOP