恋しい昔の恋人探し|人生の階段振り返る

恋しい昔の恋人探し|人生の階段振り返る人生の階段を振り返ると、忘れられない思い出が蘇ることが多々ありますね!昔の恋人に会いたいという気持ちの相談や探してほしい依頼は少なくありません。
個人的な悩みなので、第三者に相談できないで一人で苦しんでいることも事実です。そんな時は、人探しのプロフェッショナルである探偵へ依頼するのも一つの選択肢です。
昔の恋人に会いたい気持ちを諦める前に、人探しに特化した専門の探偵事務所が最後までサポートします。
今回は人生の階段を上り過去の気持ちの整理をつけたいと思う埼玉県在住の男性の人探し調査依頼の体験談をご紹介します。

この記事は、下記のような人におすすめです。

  • 昔の恋人を思いだして会いたいと思う人
  • 探す人の情報が古く情報が少ない人
  • 人探しを探偵に依頼を検討している人

探偵に人探し調査を依頼しようと思ったきっかけは?

きっかけは!何度も夢に出てくること

人生は100年時代で、寿命は延びましたが、60歳(還暦)になると、若い時に比べて体も思うように動かず、体力の低下を強く感じることがあります。あと何年生きられるのか、そんなことを考えると、今を大切に生きようと思う気持ちと、過去の恋人への謝罪や心の整理をつけたいと思うようになりました。

昔の恋人とは、お互いに結婚を約束した仲でした。彼女との出会いは高校生時代で、別の高校に通っていましたが、親がボランティア活動をしている際に出会いました。同じ県内の高校で近かったこともあり、個人的に連絡を取り合い、交際するまでの関係になりました。彼女は僕の大学の志望校が東京であることを知り、看護師になりたいという熱意を持ち、看護の勉強を熱心にしていました。

僕の都合に合わせてくれたのかもしれませんが、彼女も親元を離れ、東京の看護学校に行くことを決めました。無事に大学に合格後、慣れない東京都で生活を始めましたが、友人もできず、彼女も勉強が忙しく、すれ違いが多くケンカもよくしました。夢を壊す原因になる自分がいて彼女をこれ以上迷惑をかけたくないと、自ら別れを選びました。今まであの出来事を忘れたことはありません。心の中にはいつも彼女の存在があります。
先日、2度同じ内容の彼女の夢を見ました。その夢は、僕に何かを訴えている姿です。しかし最後の言葉を聞き取れず起きてしまいます。その言葉って何なんだろう!何かの過去のメッセージなのかもしれないと思いました。

探偵に人探し調査を依頼するきっかけ

もやもやしている気持ちを解消するため、行動に移すことにしました。彼女の実家を訪れると、そこは空き家になっていました。表札はそのままで、庭の手入れもされていない状態でした。隣人に話を聞いたところ、母親が約3年前に高齢で体調が悪くなり、どこかの施設に入所していることを知っていましたが、具体的な施設名は分からないとのことでした。彼女の弟が時々訪れている程度の情報しか得られませんでした。

唯一覚えていた彼女の友人宅を訪ねると、友人はもう住んでいないことがわかりました。友人の親が娘さんに連絡を取ってくれるよう手配してくれましたが、彼女は過去のことを思い出すのが辛いと言っていました。近くにいる可能性はあるものの、ここ数年間は連絡を取っていないため、連絡先は分からないとのことでした。

素人の調査では限界があるため、探偵事務所に依頼することを決めました。探偵さんには彼女の行方を探し出してもらい、再会を果たしたいと思います。

人探しの調査結果、目的の方は見つかりましたでしょうか?

彼女の現在の状況を知るために、まずは彼女の現住所を調べてもらい、見つかりました。見つかった後、所在調査を依頼しました。
彼女は、現在一人住まいでした。その事実を知った心境としては複雑です。あの時の私が選択した答えは正しかったのかと自問自答を繰り返しました。ただ一人で住んでいることが不幸せとは考えるのではないという自分もいます。私も彼女と別れてから一人で生きていくことを選び、不満ではありません。

人探し調査の結果後の行動は?

僕が突然彼女の自宅に訪問することはしませんでした。何十年も前の事ですので探偵さんにまずは彼女と接触をしてもらい僕の気持ちを代弁してもらってOKがでたら再会の手助けをしてもらおうといました。
その結果ですが、彼女は僕と連絡を取ってくれることを承諾してもらいました。

無事に再開することが叶いましたか?

彼女と連絡先を交換してからお互いのスケジュールを合わせて再会を果たすことが叶いました。再会してから今でも連絡を取り合える仲に戻ることができました。今では恋愛感情とかではなくサイコロが振出しに戻った感じがします。僕と別れたあと彼女の夢であった看護師になれたことを聞けて僕としては本当にうれしく思います。なによりも昔の恋人と再会でき当時の思いを伝えることと聞くことができて本当に幸せです。

日常のモノトニーに物足りなさを感じるあなたへ

最近、何となく物足りなさを感じていませんか?日常のルーティンに飽きてきたり、心のどこかで変化を求めている気がすることはありませんか?

この感覚は、人生の転換期のサインかもしれません。環境や仕事に対する違和感を感じ始めることで、自分自身に向けて新たなステップを踏み出す意欲が芽生えているのかもしれません。

物足りなさは、自分が停滞していることへの不満でもあります。この感情は、新たな挑戦や成長の機会を求めているサインと捉えても良いでしょう。平和で安定した日々に満足できなくなったのは、あなたがさらなる成長を求めているからかもしれません。

新しい可能性を探し、動き出すことで、物足りなさを解消し、充実感を得ることができるかもしれません。自分自身に問いかけてみてください。どんなステップアップがあなたにとって適しているのか、考えてみることも大切ですね。

新たな視点で壁を乗り越える方法

仕事の失敗や会社の倒産など、壁にぶつかり突破口が見つからない状況は、これまでのやり方や意識ではうまくいかない、生き方を変えるべき合図かもしれません。

しかし、このピンチをチャンスに変えることは可能です。新たなアプローチや視点を模索し、自分自身に向けて新しいステップを踏み出すことで、一気に幸せの階段を駆け上がることもあるでしょう。

自分の内なるモチベーションを呼び覚まし、前向きな行動を起こしてみてください。壁を乗り越えるための鍵は、自分自身の中にあるかもしれません。

懐かしい人との再会がもたらす新たな環境

日々の忙しさに追われていると、過去に抱いていた夢や気持ちを忘れてしまうことがあります。かつて交流した人々、学生時代の同級生や先輩、恩師など、懐かしい人々との再会は、私たちに新たな視点をもたらしてくれることがあります。彼らとの再会は、心機一転、新たな環境に身を置くチャンスでもあります。過去の出会いが、未来への光を灯すことを期待してみてください。

運命の糸が絡む瞬間

人生のターニングポイントでは、偶然と思えるような出来事が私たちを待ち受けています。連鎖的に起こる偶然は、人生の転換期のサインかもしれません。長らく心に抱いていた願いや思いが、潜在意識に働きかけ、新たな行動へと導いていることもあります。

偶然が重なる瞬間、私たちは「何度も起きることは、自分を信じて行動を起こす合図なのかもしれない」「これが新たなステージへの扉なのかもしれない」と感じ始めるでしょう。運命の糸が絡む瞬間に、新たな可能性が広がっていることを感じてみてください。

大切な人との別離

「大切な人との別れは、新たな人生の扉が開かれる合図かもしれません。」と感じ始めるでしょう。そのような瞬間は、人生の転換期の可能性を秘めていると言えるでしょう。大切な人とは、家族や子どものころからの親友、長く付き合ってきた恋人などです。

精神的に大きなショックを受け、別れを受け入れる過程でも変化が生じます。別れによってこれまでのしがらみから解放されることもあり、新しい方向に足を踏み入れるきっかけになるでしょう。運命の糸が絡む瞬間に、新たな可能性が広がっていることを感じてみてください。

まとめ

今回記事では、昔の恋人と再会するために必要な情報を書きました。
ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

 

関連タグ

関連記事

PAGETOP