人探しは名前もわからない状態で可能?探偵依頼で必要な情報とは?

人探しは名前もわからない状態で可能?探偵依頼で必要な情報とは?画像

この記事では、名前もわからない状態での人探しについてご紹介します。

SNSで知り合った相手など名前もわからない状態で人探しをするのってかなり厳しそうですよね。名前もわからない状態での人探しをしてくれるのが探偵です。探偵へ依頼すれば、名前もわからない人探しでも見つけられる可能性があります。

まずは自分で名前もわからない人を探したいというときの3つの方法や探偵に依頼するときのメリット・デメリットを解説したので、ぜひ参考にしてください。

この記事はこのような人におすすめの記事です!

  • 名前のわからない状態の人探しは可能かどうか知りたい人
  • 自力で名前のわからない状態の人探しをする方法を知りたい人
  • 名前もわからない人探しを探偵に依頼するメリットを知りたい人
  • 探偵に依頼する際の注意点を知りたい人
  • 名前もわからない状態で探偵が人探しをした場合の事例を知りたい人

人探しは名前もわからない状態でもできる!

名前もわからないのに人探しなんてできるのだろうかと不安に思ってしまいますよね。結論を先に言うと、名前もわからない状態でも人探しはできます。

SNSで知り合った人ともう一度会いたい、行きつけのカフェの店員だった人と会いたい、子どものころよく遊んでいた友達と会いたいなど、名前も分からない人を探している人は意外と多いです。

名前が分かれば、検索したり、人に聞いたりといった方法で探すことが考えられますが、名前が分からないとなるとその先の探し方が分からないですよね。現在はSNSなどを駆使すれば、名前が分からなくても探す方法はあります。

ただ、簡単なことではありません。名前もわからない人探しは、かなり難易度が高いと思っておきましょう。

自分で名前もわからない人探しをする3つの方法

名前もわからない人探しをするには、どのように探せばよいのでしょうか。自分で探すための3つの方法を紹介します。

  • SNSで検索する
  • いる可能性がある場所などでビラを配る
  • 相手がいる可能性がある場所で聞き込みをする

ハンドルネームやあだ名など知っている情報を使ってSNSで検索してみましょう。YouTubeなど思いつく限りのもので検索してみると、新しい情報を得られる可能性があります。

昔の写真でもよいので、写真があるときには、写真を添付してインターネット上で人探しをするとより見つかりやすいでしょう。ただし、インターネット上に写真が残ることになるため、写真をあげるときには注意が必要です。

昔住んでいた場所、働いていたお店近くなどでビラを配ったり、聞き込みをすると、探している相手の居場所を知っている人と出会える可能性があります。しかしビラ配りや聞き込みには時間がかかり、人探しをしていることが公になるというデメリットがあるでしょう。

名前もわからない人探しを探偵に依頼するメリット・デメリット

名前もわからない人探しを探偵に依頼するとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。自分で探してみたけれど見つけられなかった人、探偵への依頼を検討している人はぜひ参考にしてください。

探偵に依頼するメリット

探偵に依頼するメリットは2つあります。

  • 緊急性がなくても調査してくれる
  • 相手に探していることがバレにくい

警察は、緊急性の有無を精査した上で、緊急性がある場合のみ、捜査を開始してくれます。警察に行き、行方不明届を提出しても必ずしもすぐに捜査が開始されるとは限らないのです。探偵に依頼すると、緊急性の有無に関わらず、しっかりとした調査を行ってもらえます。

自分で人探しとしてビラを配ったり、縁がありそうな人に聞き込みをしていると、目立ってしまうでしょう。人探しをしていることが公となってしまいますが、探偵に依頼すると探していることがわかりにくく、相手に調べていることが知られにくくなります。

探偵に依頼するデメリット

探偵に依頼することはメリットだけがあるとは限りません。2つのデメリットも考えられます。一つずつ見ていきましょう。

  • 費用がかかる
  • 必ず成功するとは限らない

自分で人探しをするなら、費用はほとんどかかりません。しかし探偵へ依頼すると、費用がかかります。探偵へ依頼する費用が高そう・・・。と思う人は多いですが、費用は予算と照らし合わせながら提案してもらえるので、無理のない範囲で利用可能です。

 

探偵に依頼するときに重要なのは情報提供!

探偵に依頼するときには、持っている情報をできるだけ提供しましょう。名前もわからない人の情報をたくさん持っていることは少ないですよね。しかし思い返してみると、その人との様々な思い出があるはずです。その思い出一つ一つが大切な情報となる可能性があります。

  • 以前働いていた会社
  • その人の友達
  • その人の外見(特徴)
  • 最後に会った場所
  • よく会っていた場所や時間

このような情報は、探偵が人探しをするときに重視される情報です。今何をしているのかが分からなくても、その当時何をしていた人なのかで特定できる可能性が高くなります。

記憶をたどって、できる限りの情報を提供しましょう。人探しは情報が要です。些細なことでも探偵に話しておくとよいでしょう。

人探しを名前もわからない状態でするときの注意点

名前もわからない状態で人探しをするときには、2つのポイントに注意しましょう。相手に会いたいという気持ちが高ぶり、意外な落とし穴にはまる可能性があります。2つのポイントに注意して、問題が起こらないように予防しましょう。

探偵に依頼すると高い調査費用が必要な場合がある

相手の名前もわからないなど情報が少ない事案は、探偵に依頼する費用が高くなる可能性があります。

  • 名前もわからないほど情報が少ない
  • 調べるエリアが広すぎる
  • 相手が意図的に調査から逃げている

名前もわからない相手だと、しらみつぶしのように広いエリアで調査をしなければならないことがあります。調査が必要なエリアが広ければ広いほど、調査費用が高くなる傾向があるのです。

また、相手が依頼主に借金をしているため、意図的に身を隠している場合にも費用が高くなる可能性があります。隠れている人を探すのはより難易度が高いため、費用は高めです。

名前もわからない人の人探しとなると、費用が高くなりやすい条件がいくつもそろい、かなり調査費用が高くなってしまうこともあります。

しかし依頼する前に予算を伝えておけば、その費用内でできる調査をしてもらえるので、無理せずに依頼できます。

自分で捜索しているとストーカーと思われることがある

自分で人探しをしていると、ストーカーと間違われてしまう可能性があります。自分のことでビラを配られたり、SNSで調べられたりすると、ストーカーを疑ってしまうものです。悪気はなくても、相手とすれば自分のことを嗅ぎ回っている人という印象になってしまいます。

ストーカーと間違われないためには。探偵へ依頼するのがおすすめです。全く面識のない人が調べているため、目立ちにくく、ストーカーと思われることはないでしょう。

日東探偵社が名前もわからない状態で人探しを行なった事例・(探偵のデータ調査・人探し調査)

浮気相手の人探し相談者:40代女性
調査地域:東京都・大阪

もう10年くらい前になるのですが、私は小説や漫画を読むのが好きで、休みの日はよく最寄りの本屋さんに行っていました。ある日、目的の本を買って店を出ようとすると、出入り口付近で若い男性に呼び止められました。年齢は同い年くらい?身長は180cm前後の背の高い男性でした。

最初は何の用だろう、自分は何かしたのかなと驚きと怪訝に満ちていたですが、「書店で一目惚れをしたから友達になってほしい」とのことでメールアドレスが書かれた紙を渡されました。突然のことなので私は驚きその書店には行かなくなり、もちろんメールもしていません。でも10年経った今も当時のことが鮮明に思い出され、「嬉しかった気持ち」の方が大きかったことに後悔しています。高身長で好みのタイプだったこともあり「あの時メールすればよかったかな」と名前もわからない相手ですがメールしなかったことも悔やんでいます。質問なのですが、名前もわからない、分かっているのは当時の書店の場所とメールアドレスだけ。このような状態でも人探しは可能でしょうか?

名前もわからない状態の人探しで分かっていた情報

  1. メールアドレス
  2. 年齢(想定)
  3. 当時住んでいた地域は東京
  4. メアドを渡されたよく行っていた書店の住所

調査目的

  1. あの時嬉しかった気持ちを伝えたい。
  2. どんな人だったのか知りたい

人探し調査、探偵がお悩みを解決します。

探偵人探し名前もわからない状態での人探し調査依頼を頂きました。調査費用は、予算内で調査可能です。調べたい方の情報がメールアドレスということもあり、当時の情報・資料を基に、データ調査にて検索した結果、本人の名前、住所を検索することに成功して調査は終了した。

人探し調査を終えて

本当に、探偵会社さんは、氏名(名前)が分からないだけの状態で人探しができるんだと思い、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

相手のことがわかっただけで、当時連絡せずに後悔していた気持ちに自分の心に整理がつき清々しい気持ちになりました。最初は名前も分からない状態で人探しは無理だろうと決めつけていましたが「人探し 名前も分からない」でネット検索すると探偵事務所が多く検索結果に表示されていたことから勇気を出して無料相談フォームから日東探偵社さんに相談してよかったです。

名前(氏名)も分からない状態でも探偵なら短期間で成功率は高まる!

探偵のアイコン

今回は、名前もわからない状態での人探しについて解説しました。名前もわからない状態でも人探しはできます。

自分で人探しをするのは、ほとんど費用をかけずに手軽に探し始められるのがメリットです。探偵に依頼すると費用はかかりますが、短期間で集中して調査してもらえるため、自分で探すよりも成功率は高いでしょう。

予算を伝えれば、その予算内でできる調査を提案してもらえます。名前もわからない状態で人探しをしたい人は、ぜひ探偵への依頼も検討してくださいね。

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

 

 

 

PAGETOP