元夫に会いたい!復縁したいと思う3つの理由とは?復縁のための4つの行動

元夫に会いたい!復縁したいと思う3つの理由とは?復縁のための4つの行動

この記事では、元夫に会いたいという心理や復縁するための行動についてご紹介します。

離婚したけれど、元夫に会いたい、復縁したいと悩んでいませんか。元夫に会いたい、復縁したいと悩んでいるなら、復縁に向けて確実な行動すると、気持ちの整理をつけられます。

元夫の居場所や連絡先が分からない、現状が分からないという時には、探偵への依頼も視野に入れるとよいでしょう。

元夫に会いたい、復縁したいと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

この記事は、このような人におすすめです。

  • なぜこんなに元夫に会いたくなるのか自分の気持ちを知りたい人
  • 元夫に会いたい、復縁したいと悩んでいる人
  • 復縁できる可能性がどれくらいあるのかを知りたくて不安な人
  • 復縁のためにどのように行動すればよいのか知りたい人
  • 元夫が再婚していないか気になっている人

この記事を読めば、元夫に会いたい、復縁したいという気持ちを整理して、復縁に向かえます。

もう一度、元夫と一緒に仲良く暮らし続けられるように、自分自身の気持ちやこれからの取るべき行動を知って復縁への第一歩を踏み出しましょう。

元夫に会いたいと思う3つの理由や心理を解説!

元夫に会いたいと思うときには、どのような心理が隠れているのでしょうか。元夫に会いたいと思う3つの理由を解説します。

  • 離婚を後悔している
  • 元夫の現状が気になる
  • 元夫のいない生活に寂しさを感じている

この3つの元夫に会いたいと思う理由や心理について詳しく見ていきましょう。

離婚を後悔している

自分の中で離婚原因に納得できていないことから、離婚を後悔していると、元夫に会いたいと思うことがあります。

離婚したことを後悔し、できるならやり直したいと復縁を望む気持ちが強いのでしょう。悩み苦しんだ末、やっと離婚という結論に辿り着いたというのに別々に暮らし始めた途端に元夫が恋しくて会いたいと未練が立ちきれない状態です。

はっきりと復縁を望む気持ちが無くても、「離婚を選んだことは正しかったのかな」と悩む不安な心理状態から元夫に会いたいと思うこともあります。喧嘩をして勢いだけで離婚してしまった場合も同様に後悔が押し寄せるばかりで、なかには精神的に病んでしまう方もいます。

また離婚をするまでは、束縛が強かったり、だらしなかったり話を聞いてくれないなど、どうしても相手の嫌な特徴ばかりが目につくもの。ところがいざ離婚してみたら、「よく考えればわがままも聞いてくれて優しい夫だった」と思い直して後悔する人もいます。

離婚を後悔する理由はさまざまですが、結婚生活を送っているときには気付けなかったことも多くあります。本当に必要な人だったと後から悔やんでも復縁が非常に難しいケースもあり離婚に対して後悔の気持ちを強く抱いてしまうのです。

 

元夫の現状が気になる

元夫が離婚後どのような生活を送っているのかが気になるため、会いたいと思う人もいます。

円満な関係で離婚したなら、元夫が今幸せに暮らせているのか、悩みを抱えていないかと元夫の現状を知りたいために会いたいと思うことがあるでしょう。

復縁を望む気持ちがあると、元夫に新しい彼女や妻がいないかが気になるものです。特に、自分に新しい彼氏や夫がいないときに、夫のパートナーの存在が気になることがあります。

復縁を望んでいなくても、自分がまだ新しい幸せをつかめていないのに、元夫は幸せをつかんでいるのかと思うと、複雑な気持ちを抱える人もいるでしょう。

それでも元夫の現状を知りたいという気持ちを抑えられず、会いたいと思う人はいます。

元夫のいない生活に寂しさを感じている

元夫と一緒に暮らす生活を当たり前に感じていたのに、離婚を経て、元夫のいない生活を寂しく感じることがあります。

一人でいることに寂しさを感じているだけなのに、私は元夫と復縁したいという気持ちが強いんだ!と勘違いをしているケースも。一人でいたくない、誰でもいいから一緒にいてほしいと思うと、元夫に会いたいという気持ちになるのでしょう。

例えば、元夫と生活を共にしていた家で一人で過ごしていると、離婚する前なら一緒にいたのに…。と急に虚無感に襲われることがあります。

そんな時に、元夫のいる生活が恋しくなることもあるでしょう。ただ寂しいだけなら会う必要はないと未練を断ち切りたいという思いもあったりお互いが離婚という結論を出した手前、家族や周辺の人たちを巻き込んできた事実は消えないという複雑な思いもあります。

寂しい。元夫に会いたいと思いながらも、周囲の人たちを巻き込んでまでの離婚なので簡単に元夫とヨリを戻すのは良くないと思いとどまる人もいます。

元夫と復縁できる可能性がある3つのケース

元夫と復縁したいけれど、復縁できる可能性はあるのかなと不安に思う人も多いでしょう。そこで、元夫と復縁できる可能性がある3つのケースを解説します。

  • 協議離婚した
  • 一時的な感情で離婚した
  • 生活リズムの変化で離婚した

この3つのケース全てが憎しみ合って離婚したケースではありません。

協議離婚ということは、調停や裁判で離婚したのではなく、二人で話し合って離婚したということです。大きく揉めることはなく、二人の間で解決しながら離婚までたどり着けたということは、円満離婚だったのでしょう。

喧嘩をして感情的になり、先のことをそれほど考えずに一時的な感情で離婚したケースも復縁の可能性があります。感情的になってしまっている中で、離婚というワードが出ると、流れで離婚してしまう夫婦もいるものです。

転職や引っ越しなど、環境の変化で元々と生活リズムが変わり、夫婦仲が悪くなるケースもあります。この場合は、コミュニケーション不足が原因ですれ違いの生活になっていることが多いです。

例えば、毎日仕事と家の往復で夫婦で話をする時間が無く、一緒にいる意味が無いと離婚したとしても、嫌いになって離婚した訳ではありません。仕事の状況が変われば、コミュニケーションが増え、夫婦として過ごしていけたでしょう。

離婚とは違う道を考えると「離婚すべきではなかったのでは?」とお互いに後悔し、復縁に繋がることが考えられます。

この3つのケースは、どれも相手のことが嫌いだから離婚したケースではありません。ミュニケーションを取るなど、改善すれば離婚せずに済んだかもしれないケースばかりです。そのため元夫と復縁できる可能性があります。

元夫と復縁できる可能性が低い4つのケース

残念ながら元夫と復縁できる可能性が低いケースもあります。

  • 調停や裁判で離婚した
  • 熟年離婚した
  • 元夫の生活が安定している
  • 元夫との間に子供がいない
  • 元夫の暴力などが原因で別れた場合

調停や裁判、熟年離婚は、どれも計画的に離婚を考えた上で離婚しています。離婚についてよく考えた上での結果であるため、元夫との復縁は難しいでしょう。

復縁をする際のきっかけで多いのが、経済面と子供の存在です。元夫の生活が安定していないなら、元夫を支えるために復縁するケースがあります。

元夫が経済的に困窮し、あなたと復縁することで経済的に安定するというなら、相手も復縁したいと思うでしょう。

しかし元夫の生活が安定しているなら、あなたと復縁するメリットがありません。離婚後の今の生活に満足している、充実した生活を送っている状態では、復縁に心が動く可能性は低いのです。

元夫との間に子供がいる場合には、子供のために…と復縁するケースもありますが、子供がいない場合は、復縁するきっかけを掴むのがなかなか難しいかもしれません。

また、元夫の暴力やDVが原因で別れた場合は、あなたの中でもう許せられると思っていても、必ずしも二度と元夫が暴力を振るわないという保証はどこにもありません。

元夫が改心している姿勢や言動を見せたとしても、一時的な感情で簡単にヨリを戻せるほどDVで傷ついた心は癒せないでしょう。そのため、一旦は自分自身の心の中の整理をしっかりつけ、冷静になってから復縁について考えた方がよいかもしれません。

元夫と復縁したいならとるべき4つの行動

結婚は、家と家の結びつきが大きく関係するものです。そのため、離婚はそれぞれの親族や子供など周りの人を巻き込んでしまいます。

離婚時に周りの人を巻き込んだのに、そこからまた復縁するとなれば、再び周りの人を巻き込むことになるため、復縁は簡単ではありません。

それでも元夫と復縁したいと思うなら、4つの行動を取ってみましょう。

  • 離婚原因をよく考え、改善する
  • 自分磨きをする
  • 元夫が再婚していないかをチェックする
  • 関係を修復する

復縁を望む人は、復縁するための4つの行動を実行して、復縁へと向かえるように努めましょう。

離婚原因をよく考え、改善する

離婚原因と向き合うことは辛いかもしれませんが、復縁を考えるなら、避けて通れない問題です。

大きな離婚原因がある場合も、小さな問題が重なって離婚原因になる場合もあり、夫婦ごとで原因は異なります。

例えば、元夫の浮気によって離婚した場合、離婚の大きな原因は元夫の浮気かもしれません。そのような場合でも、元夫の浮気だけが悪かったと思わず、元夫が浮気に至ったのはなぜなのか、自分に非はなかったかと考え、改善に努めましょう。

離婚の原因と向き合うとき大切なポイントは、相手を責める気持ちがゼロの状態かという自分自信の気持ちに素直に耳を傾けることです。少しでも元夫を責める気持ちが残っていたらたとえ復縁が成功しても、時間と共にいつか必ず不満が出てきます。そうなった場合は同じ喧嘩や離婚話を繰り返すような状態になるでしょう。

喧嘩や離婚、別居などはお互いが精神的にとてもパワーのいることです。離婚理由を考えて自分に非は無いか、元夫を責める気持ちは無いかどうかを改めて考える冷却期間は必ず設けるようにしましょう。

自分磨きをする

元夫が復縁したいと思うほど、自分磨きをして、新しい自分をアピールできるようにしましょう。たとえば下記に挙げたポイントで今からできることを少しずつでもやってみてはいかがでしょうか。

  • ダイエットをしたり髪型を変えたりして見た目を変える
  • スポーツを始めるなど新しいことにチャレンジする
  • 規則正しい生活を送る
  • 生活習慣を変える
  • 普段の口癖やよくない言動を改めてみる

見た目を変えるだけではなく、新しい趣味を見つけるなど、今までしてこなかったことを始めてみましょう。

生活習慣を改めると、肌艶がよくなり、健康を保つことにも繋がります。

離婚直前のあなたは、離婚にまつわるいざこざや口論、喧嘩、別居などで見た目も言動も相当疲れ切ってしまっていたはずです。元夫が最後に見たあなたの姿や言動は必ずしも美しい状態ではなかったかもしれません。

まずは、規則正しい食事、睡眠から自分磨きを始めてみてはいかがでしょうか。元気で明るく可愛らしかった頃の自分に戻ることを最初の目標として、前向きな生活を心がけることで元夫の気になる存在に返り咲く可能性も低くはありません。

元夫が再婚していないかをチェックする

元夫と復縁したいなら、元夫に新しいパートナーがいないことが条件となります。パートナーがいるなら、どのぐらいの関係性なのかというのも気になるところです。

自力で元夫にパートナーがいるかどうかをチェックする方法はいくつかあります。

  • 元夫のSNSをチェックする
  • 共通の知人に聞く
  • 元夫本人に聞く

元夫本人に現在パートナーはいるのかどうかを聞くのが一番早いですが、聞きにくいという場合には、SNSをチェックしたり、共通の知人に聞くとよいでしょう。

元夫が今は新しいパートナーと付き合っている段階でも、結婚を視野に入れた付き合いなら、元夫と復縁できる可能性はかなり低いです。この場合は潔く諦めるか、しばらくは見守ってゆく姿勢も大切です。

付き合ったばかりの彼女がいる場合と、付き合って長い彼女がいる場合では、結婚への意識も違います。交際の真剣度を測るには、元夫と新しいパートナーの交際期間を知ることも有効でしょう。

関係を修復する

元夫との関係が悪いなら、関係を修復できるように努めましょう。第一に復縁を強く迫るのはNGです。元夫が今は復縁を考えられない状態なら、復縁を迫られても困ってしまいます。

元夫の心の中に復縁の気持ちが無い状態で「復縁しよう」と言われ続けても、困惑するだけで、場合によってはストーカーと思われてしまうことも。

子供や共通の知人に仲を取り持ってもらうのもおすすめです。元夫と自分の二人だけだと、話しにくくても、子供や知人を味方につければ、話しやすくなります。

関係修復のために、まずはしっかり話し合いましょう。二人で話しても関係を修復できない時には、子供や知人の手を借り、冷静に話し合える環境を整えるとよいでしょう。

まとめ:元夫に会いたい!復縁を望む相手の居場所や所在地がわからない場合は探偵への依頼も検討

今回は、元夫に会いたいという心理や復縁するための行動について解説しました。

離婚原因によって、復縁の可能性がある場合と、復縁の可能性が低い場合があります。離婚原因と向き合って、復縁する可能性があるのかを考えるとよいでしょう。

元夫に新しいパートナーがいるのか分からないという時には、探偵へ依頼し、素行調査をすれば、元夫の交際状況が分かります。また、元夫の居場所や所在地が分からない場合にも、探偵へ所在調査の依頼ができます。

日東探偵社では、元夫にパートナーがいるのか?今の現状を知りたい場合や居場所探しなどの調査が可能です。また、調査後の復縁や再会のサポートも行っているため、本気で復縁を考えている人は無料相談フォームよりご連絡ください。

会いたいという気持ちを整理するためにも、探偵というプロの力を借りることを検討してみませんか。気持ちの整理から、復縁へ向かうべきかどうかの精査、復縁へ向かう行動についてもしっかりサポート致します。気軽にご相談ください。

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連記事

PAGETOP