家出失踪した人の行き先|失踪した家出人がよく行きそうな場所と探し方

家出失踪 探偵 

この人探しサイトをご覧になっておられる方は、配偶者(夫・妻)両親(父親・母親)子ども(息子・娘)交際相手(彼氏・彼女)が突然、失踪してしまい警察に行方不明者届(旧捜索願)を出しているが、失踪してから何も手がかりを得られず警察から連絡がなかったり連絡があったが、本人の意思で帰宅しないでお困りの方だと思います。

警察では解決できない家出人調査を探偵や興信所が大切な人を探します。
そこで、このサイトでは家出人のよく行く場所や行き先!家出人を探す際に効率よく探すポイントをご紹介しています。

家出人調査は、家出してから7日間が無事に再会又は捕捉できるかがポイントになります。

家出人調査は、時間が勝負です。待つのではなく動きましょう!
自分で動けない場合は探偵事務所などに協力してもらうことが良いです。無料相談を活用して早期解決しましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 家出人を早期発見したい方
  • 家出人の行き先を絞って探したい方
  • 失踪中の家出人の居場所や安否を確認したい
  • 警察が捜索してくれない案件で探偵に家出人調査を依頼したい方
  • 失踪先の住まいを特定し連れ戻したい方

娘や息子の家出失踪調査探偵ガイド(目次)

失踪中の家出人が行き先として推測される場所と行き先一覧

家出人の生活環境や年齢(成人・未成年)によって行き先も大きく異なります。
失踪や家出は、協力者がいることが多いですが、いないこともあります。潜伏先がどこなのか?捕捉できる場所など家出人の性格や趣味などで変わってくるでしょう。以下では、実際に家出した人物の行き先をご紹介します。
突発的な家出や計画的な家出失踪で行き先も違います。協力者の存在も大きいですが、家出をするにしても住み場所や働く場所を探さなくては生活ができませんので、宿泊先や職場を探すことが重要です。

協力者友人の家

家出人の潜伏先として考えられるのは友人宅が多いです。10代~30代くらいの家出人の行き先として考えられるでしょう!親しい友人宅であれば、気兼ねなく安全に生活が出来るため、居候して共に仕事をしている可能性もあります。
友人関係や交友関係が分からない場合は、同級生などに交友関係を聞いてみましょう!

不倫や浮気相手の自宅や別宅を借りている

家出人が浮気をしていた疑いや浮気をしていた事実があった場合は、浮気相手の自宅に入り浸る可能性が非常に高いです。
浮気相手が既婚者であれば、不倫用の別宅を借りている可能性もあります。
別宅が家出人の名義であれば、見つけることが高いですし、勤務先などが変わっていないのであれば勤務先から尾行することで
自宅を割り出すことが可能になります。
 

漫画喫茶(インタネットカフェ・ビデオ鑑賞)

ビジネスホテルよりも安く宿泊できる漫画喫茶やネットカフェは家出人の行き先としてもっとも利用されている施設です。
 
漫画喫茶は24時間営業していることもあり、自由に出入りできることも良い特長で家出人にとっては快適に過ごせるでしょう!
長期滞在しても安く宿泊できるプランも充実しており、個室なので有意義に生活ができる特長もあります。
 
家出人を探せることが多い施設ですが、行方不明者(失踪願い)の届出をしていても成人であれば、個人情報保護法で利用しているか教えてくれないことが多いです。
漫画喫茶の会員証を友人から借りている場合などは、利用者情報を得られない可能性も。
 
その場合は、家出人が施設を利用しているか確認する方法がありますので、探偵へ依頼する特権でもあります。
現在のインタネットカフェや漫画喫茶では、身分証の確認が必要なところが多いですが、個人店であれば身分証がなくても利用できることもありますので、聞いたことのないような個人店の満喫が狙い目かもしれません
 
イアンターネットカフェの代表例
 
  • 快活CLUB(クラブ)
  • 自遊空間
  • 花太郎(ビデオ鑑賞)
 

ビジネスホテル

家出人の行き先と宿泊先で考えられるのは、ビジネスホテルが濃厚です。友人や知人に頼る人がいない方が使いますが、
但し、相当お金に余裕がないと長期的な宿泊はお金が減り続けるので一時的に利用すると考えましょう!
 
ラブホテルも良く潜伏先として利用されております。捜索場所は広範囲で調べてると良いでしょう!
 

寮付の職場に就職(出張出稼ぎ場所)

失踪家出人が成人の女性の場合は、特に20代の場合は、風俗店やキャバクラやスナック、ラウンジ、ガールズバーなど求人おまとめサイトなどで寮付の職場がすぐに見つかります。

体験入店を繰り返している方も多いですが、寮付の職場で身を隠す方も多くいるのが現状です。

30代~60代の方であれば、温泉街が多い地域、旅館に中居として働き生活をしている方も多いです。

携帯電話の通話履歴が確認出来たり、使用しているパソコンの検索履歴やメールでのやり取りを確認してみましょう!

街中でナンパしてきた異性の自宅

都内の繁華街であればいくらでも声をかけてくる男性は沢山います。
 
10代の女性でも20代と言われればナンパしてくる男はたとえ未成年と疑いがあっても後先考えず泊めてしまうこともあり
下心満載のナンパ男に引っかかってしまうと、犯罪に発展することもあるので危険です。
 

パチンコ店やスロット店

家出人の趣味がパチンコ・スロットであれば行き先として探偵が最も捜索する場所になります。
ギャンブル依存症の方であれば、家出中や失踪中でもイベントや新装開店のお店を狙い遠方までパチンコしに行くことが多いです。
 
実際、家出をした人が元々ギャンブル依存症である情報があり、新装開店のパチンコ店で捕捉したことがあります。
 

公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレース)

家出人の趣味が競馬、競輪、競艇、オートレースのどれからに当てはまるならば、開催されている公営ギャンブル場を捜索してみましょう!
夫や妻がギャンブルで借金して家出をすることが多いです。

ギャンブル依存症の症状は、
 
ギャンブルにのめり込む
興奮を求めて掛金が増えていく
ギャンブルを減らそう、やめようとしてもうまくいかない
ギャンブルをしないと落ち着かない
負けたお金をギャンブルで取り返そうとする
ギャンブルのことで嘘をついたり借金したりする
といった症状が特徴的です。
 

Twitterを利用して神待ち掲示板で知り合った人物の家

家出をした未成年の少女がよく利用するのがこの神待ち掲示板ですが、未成年の家出で行方不明者届を出していれば警察のネットパトロールに引っかかる可能性が高いです。

未成年と知りながら自宅に泊めたりすると、未成年者略取罪に該当される可能性があり神待ちは掲示板は、事件やトラブルに発展する可能性が非常に高いことも特徴です。

サイバー警察では、Twitterやインスタといった各SNSやウェブサイト、匿名電子掲示板等を閲覧し、違法・有害情報がないか調査を行う「サイバーパトロール」を実施しています。
サイバーパトロールによる「パパ活」の取り締まりも実施されている。

 

マッチングアプリや出会い系サイトで知り合った人の家

SNSの普及で誰でも簡単に異性と出会えてしまうマッチングアプリや出会い系サイトでは、マッチングアプリでの危険な目に遭った方は、非常に多いです。
相手が遊び目的だったり、勧誘目的、援助交際をさせられたりする可能性が高いです。サイコパス系の異性に出会ってしまうと事件やトラブルに巻き込まれてしまうことも多いです。
実際に、マッチングアプリで知り合った人との間での事件も多発しているのが現状です。

家出人の移動手段が車なら車中や駐車場

家出人の移動手段が車なら車中で宿泊している可能性があります。家出する人は、意外と車中泊をしていることが多いです。行き先としては道の駅などの駐車場を利用されることが多いです。実際、捜索して発見に至った場所も
大型駐車場などです。条例でアイドリング・ストップを義務付けていることが多いので季節によりますが、冬は寒く夏は暑いこともありとても居心地が良い環境ではありませんが、車中泊に慣れている家出人であれば、駐車場を隈なく捜索しましょう!

24時間営業の温泉施設

家出人にとって24時間営業の温泉施設は最適な環境です。自分のスケジュールに合わせて動くことが出来ますから家出人にとっては最高の潜伏先と言えるでしょう!
過去に家出人を見つけた場所でもありますので、探してみることも良い場所になります。

トー横

トー横は「トーホーシネマズ横」の略であり、東京都新宿区歌舞伎町にあるTOHOシネマズ(東宝ビル)の周辺地区の俗称。
「風紀の乱れた少年少女がたむろする界隈」というステレオタイプを念頭に置いて用いられる語。家出をする場所に、未成年の家出場所の一つとして、トー横という場所があります。

トー横キッズ(とうよこ・キッズ)とは、東京都新宿区の旧新宿コマ劇場跡地に建設された映画館を中心とした高層ビル
「新宿TOHOビル」周辺の路地裏(新宿TOHOビルの横=トー横)でたむろをする、都内在住の特に10代の若者の集団のことを指す。
引用元:トー横キッズ(Wikipedia)

家出人が失踪した原因について

失踪・家出する原因と動機別では、疾病関係、異性関係、学業関係、犯罪関係、家庭関係、宗教関係などが挙げられます。

合わせて読みたい関連記事

家出失踪には、なんらかの理由と原因があるはずです。

関連サイト:「家出失踪の原因(人探し)」←をクリックして下さい!

 

失踪・家出時の状況や手掛かりから行き先を調べる方法

家出人の状況や年齢、性別によって行き先も異なりますので事例と解説をします。

夫が不倫をしていて駆け落ち状態で家出した場合

夫が不倫をしており浮気相手の元へ行ってしまった場合には、浮気相手の自宅を割り出すことが良いです。
とはいえそう簡単に一般の方が浮気相手の自宅を探し出すことは難しいので、探偵事務所に浮気相手の自宅又は新たに借りた家を探してもらうことも視野に入れてみましょう!
このケースの場合は、警察も積極的に捜索はしません。

妻が浮気相手と蒸発し家出した場合

妻が子どもを連れて家出をした場合、やはり警察が動かない案件です。
そこで頼りになるのが探偵事務所になります。探偵は、人探しのプロなので発見する確率は非常に高いです。

合わせて読みたい関連記事

家出失踪・手がかりの見つけ方家出の状況を確認することは、人探し・行方調査を効率よく進行する上で、重要な作業です。

関連サイト:「家出失踪・手がかりの見つけ方」←をクリックして下さい!

 

娘や息子の家出失踪した場合

娘や息子が失踪した場合、一番に思いつくことが警察に行方不明者届を出しますが、未成年の場合には積極的に家出人を捜索してくれますが、成人の家出人の場合には見つけても本人の意思で帰りたくない場合は警察もノータッチになります。
やはりこの場合、早く自宅に戻すならば探偵に依頼することが良いでしょう!

合わせて読みたい関連記事

娘や息子が家出をしたら探偵に依頼しましょう!

関連サイト:「娘や息子(子ども)の家出失踪に関する対処法と相談事例」←をクリックして下さい!

 

家出人の所持金を把握しており所持金が少ない場合

家出人の所持金をある程度把握しており突発的な失踪や家出だから遠方に向かうことがないと判断することはやめましょう!
遠方に安く行ける手段は多くあります。格安な飛行機や夜間バスなどを利用して少ない金額で遠方に行ける時代です。
捜索場所としては、駅や高速バスなど広く探してみることも必要です。所持金が少ないから遠方はないと思い込みはなくしましょう!
 

家出人が高齢者の場合

家出人が認知症を患わっている高齢者の人探しならば、一刻を争う問題があります。トラブルに巻き込まれる可能性や逆に巻き込む可能性
があるということです。認知症の高齢者でも車を運転する方は多いです。事件に巻き込まれているよりも考えられるのは事故を起こしていないかなどです。
認知症は脳の動きが鈍くなり細胞が減少したりすることにより判断力、記憶力が衰える病気です。
家出ではなく迷子になっている可能性が高いので、捜索の初動も早めの対応が望ましいでしょう!
 

家出人がうつ病や精神疾患を患っている場合

家出人が人間関係で苦しんでいたり職場でのストレスを抱えていたりする場合、うつ状態になり全てを放棄して家出失踪する方がいます。
この場合は、とても危険な状態なので、連絡が取れなくなったら待つのではなくすぐに警察に相談し行方不明者の届出をしましょう!
警察と合わせて探偵に人探しを依頼しましょう!

警察に行方不明者届を出しても全く手がかりがない家出人

警察に行方不明者の届出を出したが、一向に手がかりがない場合は、人探しのプロに依頼することも早期解決の選択肢になります。
家出人の家族としても生きていくにも生活がありますし仕事も休めない状況の方もいます。全て自力で探すことは精神的に疲弊してしまいますので、探偵に依頼すると良いでしょう。

人探し関連サイト

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

PAGETOP