子供の家出対策:親必読!即実践できる4つの行動

子供の家出対策:親必読!即実践できる4つの行動
子供が家出して帰ってこない場合、親は不安で心配で落ち着かなくなります。このページを訪れている方の中にも、今まさにそのような状況にある方がいらっしゃるかもしれません。この記事では、適切な行動について詳しく解説していきます。一度家を出た子供が帰ってこない場合、事件や事故に巻き込まれている可能性があります。もし子供との連絡が取れない場合は、速やかに警察に届け出を行い、行方不明者届出を提出しましょう。警察が動かない場合は、探偵に相談することも検討してください。このような緊急事態には、迅速に適切な対応をすることが大切です。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 子供が家出した時に手掛かりが少なくても見つかる可能性を探したい人
  • 警察が積極的に捜索してくれないで悩んでいる人
  • 子どもの家出失踪調査を探偵に依頼を検討している人

探偵は、特定人(探したい人)の尾行や張り込み、周囲への聞き込み調査、独自のデータ調査の導入など、多様な手段を駆使して調査を行います。そのため、手掛かりが少なくても、探偵に依頼することで家出した子供の行方を探し出すことができます。まずは専門家の相談窓口を利用して、状況に合わせた最適な探偵を選びましょう。

目次

家出した子供の捜索方法:1日経過後からできる自分でできるポイントとアドバイス

家出した子どもが、数時間から半日戻らない場合、事件との関連性を判断するのはまだ早いですが、放置するわけにはいきません。自分でできる範囲内の捜索を行うことをお勧めします。今回は、家出した子どもを見つけるための効果的な捜索方法をご紹介します。

①家出した子供の行き先予測:よく行きそうな場所の多いパターン

  • 友人宅
  • SNSなどで知り合った人の自宅
  • マッチングアプリなどで知り合った人の自宅
  • 漫画喫茶
  • 交際相手の家

子供の失踪時によく見られる傾向としては友達の家が頼りにされることが多いです。

②本人が好きな場所や通っていた場所を捜索する

子供の失踪時、必ずしも現場が対象者の自宅から遠くない場合もあります。学校までの道のり、よく立ち寄るお店、公園、ゲームセンター、コンビニ、友達の家など、子供が普段から通る場所を徹底的にチェックしましょう。もし子供が見つかったら最高ですが、見つからなくても事件性がある可能性があるため、そこでの痕跡を探し出すことも重要です。探すべき場所に優先順位をつけ、複数人で探索することでより効率的に捜索ができます。

③学校の先生や友達に連絡して情報収集する

子供が失踪した場合には、子供が通う学校の先生や友達の親など、身近な人に迅速に連絡を取ることが欠かせません。その際には、子供の行き先について知っている情報を募りましょう。とはいえ、家出と思われる場合には、親の想像違いで子供が単に友達と遊んでいたことがあったりする場合もあります。それでも、迅速かつ確実に情報を集めることが第一の義務です。

失踪した子供の捜索中には、迷惑や恥ずかしい思いをするかもしれないと考えて躊躇せず、広範囲に情報を集めることが重要です。最終的に「ただ遊んでいた」という事実が判明する場合でも、慎重に捜索を行うことが最善の策となります。

④子供が失踪した場合における携帯電話の利用:効果的な情報収集

失踪した子供が携帯電話を持っている場合、何度も継続的にコンタクトを取ることが重要です。初めの段階では、子供が応答しないこともありますが、辛抱強くアプローチし、本人との連絡を確保することが必要です。

ただし、大切なのは、適切な対処方法を選ぶことです。子供に対して感情的になることは避け、優しく、安心感を与えるようなメッセージを伝えましょう。帰宅を待っていることを伝え、子供が家に帰れるようサポートすることが大切です。効果的な対処法を理解し、しっかりとした対応を行うことで、子供の安全を確保することができます。

⑤行方不明の子供捜索の効果的な方法:私物を調べることの重要性

家出をする子供について、彼らが何を持って出ていったのか、そして何が家に残されているかをチェックすることは、事件性があるのか自発的に家を出たのかを判断するために非常に効果的です。

例えば、洋服や大金がなくなっている場合には、子供が自分自身の意志で家出をした可能性があります。その場合、子供は数日間は戻らないつもりであることも考えられます。

また、非常に深刻なケースとして、子供の部屋から遺書が見つかることがあります。この遺書には、子供の居場所や、家出の原因など、重要な手がかりが含まれている場合があります。捜索を行う際には、遺書を慎重にチェックし、可能な限り早急に行動を起こさなければなりません。

子供が家出して1日以上戻らない場合、どう対処すべきか?警察に相談しよう

「子供が帰ってこない。どうしたらいいのか?」という状況に陥る親も少なくありません。このようなときには、まず自分で情報収集をし、SNSや友人などに連絡して子供の居場所を探すことが大切です。1日以上たっても帰ってこない場合は、警察に行方不明者届け出をし、未成年者であれば捜索を依頼することも大切です。しっかりと対処して、子供が無事に帰ることを願っています。

行方不明者の届出方法

行方不明者の届け出は、警察署に行くことで可能です。届け出の際には、行方不明者の詳細な情報を提供する必要があります。具体的には、失踪した場所や日時、行方不明者の身長や体型、服装や持ち物、特徴的な身体的特徴など、可能な限り多くの情報を提供することが望ましいです。また、顔写真や家族との写真などの資料も持参すると良いでしょう。警察の捜索に必要な情報を提供することで、行方不明者を早期に発見する可能性が高くなります。

行方不明者の届出が可能な人

  • 行方不明者の親族
  • 行方不明者の監護者
  • 行方不明者の福祉に関する事務に従事する者
  • 行方不明者の同居人
  • 行方不明者の雇用人
  • 行方不明者の配偶者
  • 行方不明者の後継人
  • 行方不明者の恋人

行方不明者届出ができる方は、

行方不明者の親権を行う者又は後見人
行方不明者の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)その他の親族
行方不明者を現に監護する者
福祉事務所(社会福祉法(昭和26年法律第45号)に定める福祉に関する事務所をいう。)の職員その他の行方不明者の福祉に関する事務に従事する者
上記の者のほか、行方不明者の同居者、雇主その他の当該行方不明者と社会生活において密接な関係を有する者
です。
引用:大阪府警察

行方不明者届出はどの警察署にだせば良いのか?

行方不明者届を出すことが可能な警察署は、以下のように定められています。

行方不明者の失踪時の住居地を管轄する警察署
行方不明者の失踪時の場所を管轄する警察署
行方不明者の保護者の住居地を管轄する警察署

引用:神奈川県警 行方不明者相談

行方不明者届出の記載事項

行方不明者の届け出には以下のような情報が必要となります。

  • 行方不明者の名前と年齢
  • 行方不明になった日時と場所
  • 行方不明者の外見(身長、体重、髪型、服装など)
  • 持ち物や荷物についての情報
  • 行方不明になったときに使っていた交通手段
  • 行方不明者の行動履歴やスケジュール
  • 行方不明者が持っているスマートフォンや携帯電話などの連絡先
  • 行方不明者に関する特記事項や身体的特徴など

できるだけ詳細な情報を提供することが、捜索活動を効果的に進めるために重要です。また、顔写真や身体的特徴を記載した画像などの資料を持参すると、捜索活動が進んだ際に役立つ場合があるとされています。

警察が行なってくれる捜索はどんなことする

警察に届け出が行われると、警察官が行方不明者に関する情報を基に捜索活動を行います。具体的には、以下のような活動が行われることがあります。

  • 行方不明者の友人や家族、職場などに情報を求める
  • 行方不明者がよく利用している場所などを調べる
  • 行方不明者が使用していた携帯電話やスマートフォンの履歴を解析する
  • ヘリコプターや警察犬などを使用した地上・空中捜索
  • 周辺の監視カメラや防犯カメラの映像解析などによる捜索

警察が行う捜索活動は、行方不明者の状況や事件の性質などに応じて異なります。ただし、警察だけでなく、家族や関係者も、自分で情報を集めたり、周辺住民に協力を頼んだり、情報を発信することで、捜索活動に役立てることができます。

子どもが家出失踪して警察が動いてくれない場合は探偵事務所に依頼しよう

もしも子供が家出して1日以上経っても帰ってこない場合、すぐに警察に届け出ることをおすすめします。しかし、警察が動いてくれない場合は、再度警察署を訪れ、帰宅していないことを明記して、強く捜索の要請をすることもできます。また、行方不明者情報センターなどの人探し専門機関の探偵事務所に連絡し、情報提供を依頼することもできます。行方不明者を早期に発見するためにも、家族や周囲の人々が迅速な行動を取ることが重要です。

幼児や福祉犯の場合、捜索が積極的に行われることが期待されますが、警察による捜索には限界があります。事件性や生命の危険がない場合は、手配による捜索が中心になるため、早期発見は困難です。

そのような時に、探偵のような調査のプロに頼ることができます。探偵は迅速に、警察にも負けない質の高い調査を行い、早期発見につながる情報を入手することができます。これにより、家族の不安を取り除き、被害者の安全を確保することができます。

探偵事務所が行う人探し調査

探偵事務所が行う人探し調査は、主に以下のような内容を含みます。

1. 行方不明者が使用していた携帯電話やスマートフォンの履歴の解析や、クレジットカードの使用履歴などから、行動履歴を特定するための調査を行う。

2. 行方不明者がよく通る場所や、友人や家族、知人などを訪問して、彼らから情報を得ることができる。

3. 防犯カメラや監視カメラの映像を収集し、目撃情報の有無や行方不明者の居場所の推定をする。

4. 行方不明者の陰の方に潜む人物を特定するため、情報網を広げて周辺の住民にアプローチする。

5. 行方不明者についての情報を収集し、分析することにより、彼らがどこに向かっているのか、どのような理由で行方不明になったのかを推測できる。

家出失踪調査でかかる費用はどれくらい

探偵事務所によって、家出調査にかかる費用は異なりますが、一般的には調査時間や調査人数、調査内容によって費用が決まります。基本的には時間単位やパックプラン、成功報酬型などのプランが用意されています。調査料金は調査員の人数や使用する機材によっても変動する場合があります。家出調査にかかる平均的な費用は、10万円から30万円程度となりますが、個人や事例によって異なります。探偵事務所によっては、無料相談や見積もり無料などのプランも用意している場合がありますので、事前に確認してみてください。

探偵や興信所の料金体系は3つ

探偵に調査を依頼する場合、調査料金は自己負担となります。また、調査料金は調査する時間の長さや調査員の数によって異なり、探偵事務所によっては、時間単位やパックプラン、成功報酬型など様々なプランが用意されています。事前にプラン内容や費用について詳しく確認し、自身の予算に合わせたプランを選ぶことが重要です。

①時間料金型

時間料金型は、1時間あたりの調査料金が設定されているプランです。調査対象者の情報が多い場合や失踪から時間が経っていない場合など、調査が早く終わる可能性がある場合はこのプランを選ぶと、比較的お得に依頼できることがあります。

②パックプラン料金型

パックプラン料金型は、定められた時間と料金がセットになったプランです。例えば、8時間6万円のプランでは、8時間の調査が6万円で行えます。ただし、調査が短い期間で終わった場合、時間に応じた料金として支払うため、不必要な料金がかかる場合があります。そのため、必要な調査期間をしっかりと見積もって選ぶことが大切です。

③成功報酬型

成功報酬型は、人探しにおいて最もよく利用される料金体系は「成功報酬型」です。このプランでは、調査が成功しなければ報酬金は発生しませんが、依頼時に着手金が必要な場合があります。成功の定義は事前に確認しておく必要があり、難易度によっては報酬額が変わる場合もあります。このプランにはメリットとデメリットがあるため、細かく検討することが重要です。調査料金については尋ねにくいと感じるかもしれませんが、損をする可能性があるので、不明点があれば遠慮なく問い合わせをするようにしましょう。

いつ探偵事務所を利用すべきか?適切なタイミングとは?

行方不明者の捜索で探偵事務所を利用する場合、捜索を始めるタイミングが非常に重要です。行方不明者の発見率は、捜索を早期に開始することで高まるため、なるべく早く探偵事務所に依頼することが望ましいです。

自分で捜索を試みても情報が得られない場合、探偵事務所に捜索を依頼することが有効な手段です。探偵事務所に対して費用の不安や、捜索がそこまで大事なのかといった疑問がある場合でも、多くの探偵事務所では無料相談を行っているため、まずは相談してみることをおすすめします。

行方不明の子供が見つかった後は心のケアが必要

行方不明の子供が無事に見つかった後に、親が行うべきことは、家出再発防止のため、子供の感情や悩みに理解を持ち、子供の気持ちに寄り添うことです。子供が抱えているストレスや悩み、親としての教育方針を再考することが大切です。

一般的に大人から見ると、子供の家出の理由は些細なことが多いように感じられます。しかし、多感な子供にとっては深刻な問題や傷がつくこともあるため、親は子供の気持ちや心情を理解し、共感することが重要です。

子供自身が親の理解と支援を感じれば、家出行為を控えるようになります。もし、事件に巻き込まれてトラウマを抱えてしまった場合は、定期的なカウンセリングや根気強い心のケアが必要です。子供の心のケアには時間がかかる場合がありますが、親が積極的に取り組むことで、子供の回復をサポートすることができます。

子どもの家出失踪を見つけ出した事例

家出した子どもを見つけた体験談や事例をご紹介しています。

事例を紹介①家出した非行少年を探し出した探偵事務所の捜索力とは?

ある非行少年が家出をして、探偵事務所の助けを得て無事に保護された実際の事例について紹介します。

最初、彼の家族は捜索を行いましたが、依然として彼がどこにいるのかわからず、心配が続いていました。そこで、彼らは探偵事務所に相談しました。探偵事務所は、行方不明少年探索の専門家であり、状況に合わせた捜索方法を提供してくれました。

探偵事務所の捜索チームは、少年がそうした場合によく向かう場所を調べ、周辺の住民や店舗のオーナーに聞き込みを始めました。そしてある情報から、少年がある特定の地区にいるということを突き止めることができました。

その後、探偵事務所の捜索チームは現場に向かいました。そこで、少年がたまたま店舗の中にいるのを見つけ、家族に連絡をし、無事に保護されることができました。

このように、探偵事務所は、行方不明少年の捜索に特化しており、最新の技術や機器を使い、迅速な対応が可能です。家族にとっては手掛かりがなく、不安が募るなか、探偵事務所に相談することで、安心して捜索を依頼することができます。

事例を紹介②探偵事務所の捜索力で娘を発見!家出の心配から解放された母親の実体験

家出はどの世代にとっても心配なものですが、特に娘を持つ親にとっては、常に心配がつきまといます。しかし、ある探偵事務所の捜索力を最大限に活用することで、家出娘の捜索も迅速に行うことができる場合があることがわかっています。ここでは、ある母親が探偵事務所を利用し、家出した娘を無事に発見した実体験について紹介します。

この母親にとって、娘とは一緒に過ごしてきた生涯の重要な存在であり、娘が姿を消してからは大きな心配がつきまといました。彼女は警察に相談しましたが、家出の可能性は否定されず、捜索活動も進展しませんでした。そこで、探偵事務所に相談したところ、娘の捜索活動が開始されました。

探偵事務所は、娘の通話履歴やインターネット履歴を調査し、GoogleマップなどのGPS技術を活用して、彼女の位置情報を割り出しました。また、不審な人物の目撃情報を集め、娘の居場所を突き止めました。数日後、探偵事務所は娘の現在の場所を特定し、母親に娘の安否を報告しました。

このように、探偵事務所が提供する特殊な捜索力は、家出した人の捜索に最適な方法と言えます。彼らは、家出者が頻繁に利用する場所の情報を集め、さまざまな手段で迅速な捜索を行うことができます。そして、家出者を保護し、心配していた家族を安心させることができるのです。

最後に、この母親の経験から、探偵事務所が家出事件において果たす役割を再確認し、その重要性を述べたいと思います。そういった事務所を利用することにより、家族はその重圧と不安感から解放され、愛する人が無事であることを確認できます。

ご依頼者さまの声

探偵事務所の助けを借りて娘を無事に発見することができたことに対して、この母親は探偵の素晴らしい仕事に心から感謝しています。探偵事務所のチームは、最初の相談から捜索の終わりまで、丁寧かつ迅速な対応をしてくれました。特に、常に親身になって相談にのってくれたことや、捜索にともなう手続きや手配に取り組んでくれたことに感謝しています。探偵事務所のプロフェッショナリズムに対して深い感謝の言葉を贈りたいと思っています。今後も、探偵事務所の活躍を祈っています。

まとめ

子供が遠出をした際に迷子になることは、どの親でも心配になります。また、思春期になると反抗心から家出をすることもあるかもしれません。しかし、小さな子供と思春期の子供では家出する理由や期間も異なります。

特に未成年の場合、帰宅せず連絡が取れない場合には早急に捜索に動くことが大切です。家出をした場合、子供自身も不安や恐怖を抱えていることがあります。そのため、捜索にあたっては専門家である探偵事務所や警察に相談することがお勧めです。

また、大人になってからも過去に遠出をして迷子になった経験がある方もいるかもしれません。家族とはぐれたり、道に迷ってしまったりすることは誰にでも起こり得ることです。しかし、家から離れた場所で迷子になると、その場から動けなくなってしまうこともあります。そのため、家に帰る前には必ず親に連絡するように心がけることが大切です。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連タグ

関連記事

PAGETOP