婚約者が失踪した本当の理由は?探偵に人探し依頼して発覚した驚きの事実【解決事例付き】

婚約者が失踪した本当の理由は?探偵に人探し依頼して発覚した驚きの事実【解決事例付き】
婚約者が失踪したらどうすればいい?事件や事故の可能性も考えるべき!婚約者がいなくなったとき、突然の失踪で逃亡された側としては不安でたまりません。
警察に届け出ても、すぐに捜査してくれないこともあります。しかし、諦めないでください!失踪者は見つかることが多いのです。失踪者の多くは、何らかの理由で家出している場合があります。
この記事では、失踪した婚約者の原因と発見方法を、実際に解決した事例を交えてお伝えします。
この記事を読んで、婚約者を見つけるために必要なことを知ってください。

この記事を読んでわかること
  • 婚約者が失踪した経験を持つ人
  • 婚約者が失踪しそうで心配している人
  • 婚約者とのトラブルや問題を抱えている人


この記事では、失踪した婚約者の原因や発見方法、ショックからの回復方法などを知ることができます。また、実際に解決した事例を参考にすることで、自分の状況に対処するヒントや勇気を得ることができます。

婚約者が突然姿を消す理由はさまざまだ

約者が突然姿を消したときには、さまざまな理由が考えられます。以下に、代表的なものをいくつか挙げてみます。

結婚や同棲への不安や恐怖から逃げ出した

1、コミットメントへの恐怖: 結婚や同棲は長期的な関係を築く重要なステップで、相手とコミットする必要があります。しかし、コミットメントに恐怖や不安を感じる人もいます。彼らは、関係の不確実性や束縛感、自由の制約などを恐れて逃げることがあります。

 

2,自己成長や個人的な目標の追求: 結婚や同棲は相手との関係を優先することが多く、個人的な成長や目標に制約がかかるかもしれません。自分自身を自由に追求し成長したい人は、結婚や同棲を避けたいと思うことがあります。

 

3,過去のトラウマや経験: 結婚や同棲は、過去の関係や家庭環境によっても影響を受けることがあります。過去のトラウマや不健全な関係によって、結婚や同棲への不安や恐怖が引き起こされることがあります。このような人々は、再び同じような状況に陥ることを避けるために、結婚や同棲を避けることがあります。

 

4,自己価値感の不安: 結婚や同棲は、相手との関係を築くために相手から愛や支持を受け取る必要があります。しかし、一部の人々は自己価値感に不安を抱えており、他者からの愛や支持を受け取ることに問題を抱えています。彼らは、このような関係に入ることを恐れ、逃げ出すことがあります。

これらは一部の例であり、結婚や同棲に対する不安や恐怖から逃げ出す理由は、個人によって異なる場合があります。逃げ出すこと自体は、その人の感情や状況によって正当化される場合もありますが、将来の関係の可能性や成長の機会を逃すリスクもあることを念頭に置く必要があります。

事件や事故に巻き込まれた可能性も考える

婚約者が失踪した時には、様々な感情が交錯します。不安や心配はもちろん、怒りや悲しみ、裏切られたという思いも湧いてくるでしょう。しかし、婚約者が失踪した理由は一概には言えません。中には、「事故や事件に巻き込まれた」という重大な事態もあり得ます。
その場合は、共通の友人や親族に連絡をして協力を得てみましょう!

 

他に好きな人ができて浮気や駆け落ちをした

婚約中、浮気相手が出来て別れることを告げることが苦手な人は、そのまま駆け落ちして逃げる人も多いです。
その場合、本人の意思なので家族や友人の協力も得られないことがあります。

 

家庭や職場の人間関係に悩んで精神的に参ってしまった

家庭や職場の人間関係に悩んでいると、日常生活の中で大きな負荷を感じるようになります。人々との関係がうまくいかない場合、心理的なストレスや孤独感が増加し、自己価値感の低下や希望を失うこともあります。このような状況下で、失踪という行動を選択する人もいるのです。

 

婚約者が失踪した時に避けるべきこと

婚約者が失踪した時には、以下のようなことは避けるようにしましょう。

婚約者を疑って罵倒するメッセージを送る

婚約者が失踪した理由が不誠実なものであると思ってしまうこともありますが、事実確認ができるまでは飛びつかないようにしましょう。婚約者が事故や事件に巻き込まれている可能性もあります。その場合は、婚約者を疑って罵倒するメッセージを送ることは、婚約者の心に傷をつけるだけでなく、関係修復の妨げになります。

婚約者のSNSやブログなどを荒らす

婚約者が失踪した理由が不誠実なものであると思ってしまうこともありますが、事実確認ができるまでは冷静になるようにしましょう。婚約者のSNSやブログなどを荒らすことは、婚約者だけでなく、周囲の人たちにも迷惑をかけることになります。また、婚約者のプライバシーを侵害することにもなります。

婚約者の家族や友人に責任を押し付ける

婚約者が失踪した理由が不誠実なものであると思ってしまうこともありますが、事実確認ができるまでは冷静になるようにしましょう。婚約者の家族や友人に責任を押し付けることは、協力的な態度を取ってくれる可能性を減らすだけでなく、関係悪化の原因になります。

半同棲していた婚約者に失踪された相談事例

30代 女性 栃木県在住 H様

2018年頃にマッチングアプリで出会った男性と交際し、2023年2月頃に彼から結婚したいとプロポーズされました。
彼の母親とも会い私の両親にもご挨拶を済ませて結婚式場も予約しました。私の両親は世間体や周囲の目を気にする人で、私が結婚しないと自分の育て方や家庭環境に問題があると思われるのではないかと不安だと思います。実際親戚での集まりでは、従姉妹が結婚して孫がいるのに対していつも孫の話題で盛り上がっている中、両親だけ話に入れない寂しさや焦りを感じることが伝わります。その中での婚約者だったので安心してあげれると喜んでいました。両親も結婚に対して喜んでいましたが、しかし彼に対しての評価が低いところもありました。私よりも5歳若いので心配していました。彼もそのことは伝わっていました。
彼とは私のマンションで半同棲していたのですが、父親の体調が悪く父親が経営する建設会社のお手伝いなどをするために実家の宮城県に戻らなくてはいけなくなり一時的に実家に戻っていました。
3か月くらいでしたが、その間に彼と連絡が取れなくなり音信不通になりました。
携帯電話は繋がるのですがでません。相手の母親に連絡しても協力的ではなく心配している様子が見受けられません。
彼の仕事場に連絡しましたが、退職していることが分かりました。栃木に戻り彼のアパートに行きましたが既に転居されていることも分かりました。
自分では探せずどうしたら良いのか分からず探偵事務所さんに相談しました。

 

マッチングアプリで出会った男性と婚約した後に、突然連絡が取れなくなってしまったということですね。それはとても辛いことだと思います。彼はどうしてあなたに連絡しなくなったのでしょうか。彼に何か事情があったのでしょうか。彼の母親や元職場の人もあまり協力的ではないようですね。彼の現在の居場所や状況が分からないということは、とても不安だと思います。我々が最後までサポートさせて頂きます!

探偵による人探し調査結果

調査結果

聞き込みや張り込みなどの調査では現在の住まいを特定することは不可能だと思い「特殊調査」を行いました。
ご実家情報と転居先からの転居先調査を実施した結果、東京都に転居されていることが判明しました。
その後所在調査を行い婚約者の姿を無事に確認し、人探し調査を終了しました。

 

ご依頼者様の声

転居先が東京都と報告を受けた時正直私は彼に騙されているのではないかと疑いました。当初の相談には書いていませんでしたが、彼はギャンブルが好きで、消費者金融からお金も借りていました。彼の借金を返済するために私が貯めてきた貯金で彼に500万円程渡しました。今後の夫となる人だからと思ってです。
彼の母親にも伝えていません。私も両親に話せませんでした。ただ今回の調査で判明した住所に勇気を振り絞り行きました。彼のマンションのインターホンに対応したのは、彼ではなく女性でした。その後、彼がインターホンで応対した後、外に出てきました。近くの公園で2時間ほど話した後、その日は帰宅しました。彼が現在住んでいる女性は、仕事の同僚だと言っていましたが、信じられません。突然音信不通になった理由も支離滅裂な答えでした。私のせいだと逆ギレされました。結局、婚約を破棄したいと言われました。悔しかったので彼の母親に状況を説明しましたが、まるで他人事のようでした。お金のことも息子と話し合ってくださいと不愛想に言われて終わりました。このままでは悔しかったので、私は都内の別れさせ屋に相談しましたが、費用が300万円もかかると言われて驚きました。正直やめたいと思いましたが、気持ちを抑えて弁護士に相談しました。弁護士は、婚約破棄や慰謝料などの請求をすることができると言ってくれました。

婚約者が失踪した時にすべきこと

婚約者が失踪した時には、パニックにならずに冷静になることが大切です。以下のようなステップを踏んでみましょう。

婚約者の家族や友人に連絡を取る

まずは、婚約者の身内や知人に連絡を取ってみましょう。婚約者の近況や居場所を知っている可能性があります。また、婚約者の携帯電話やSNSのアカウントなどの情報も共有しておくと良いでしょう。

婚約者の行方を探す

婚約者の行きそうな場所や趣味の場所などを自分で探してみましょう。婚約者が好きなバーにいたり、友達の家に泊まっていたりすることもあります。ただし、無理をせずに体調や安全を考えてください。

法律相談をする

婚約者が失踪したことで、結婚式や新居などの契約上の問題が発生する可能性があります。その場合は、弁護士や司法書士などの法律相談をすることをおすすめします。契約解除や損害賠償などの手続きや費用についてアドバイスを受けることができます。

探偵事務所に依頼する

探偵は人探しのプロです。素人では探すことができない難しい問題でも、培った調査力とネットワークで探すことが出来ます。

まとめ

この記事では、相談事例を踏まえ婚約者の失踪相談解決を書きました。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

 

関連記事

PAGETOP