探偵に人探しを任せる方法:家族・知人・他人の安否・生存確認と居場所特定

安否・生存確認 探偵 依頼

人探しは、様々な理由や事情で連絡が取れなくなった人の安否や生存を確認したり、居場所を特定したりすることです。人探しを自力で行うこともできますが、時間や労力がかかったり、情報が少なかったり、法律や倫理に抵触したりするリスクがあります。そこで、探偵に人探しを依頼するという方法があります。探偵は、プロの技術やノウハウを持っており、人探しに必要な情報や手段を提供してくれます。しかし、探偵に依頼するには、費用や期間、契約内容などに注意しなければなりません。また、人探しの対象者が家族・知人・他人によっても、方法や注意点が異なります。この記事では、探偵に人探しを任せる方法として、家族・知人・他人の安否・生存確認と居場所特定の方法と注意点について詳しく解説します。

この記事は、以下のような方へおすすめの内容です。

  • 連絡が取れなくなった家族・知人・他人の安否や生存を確認したい方
  • 連絡が取れなくなった家族・知人・他人の居場所を特定したい方
  • 探偵に人探しを依頼する際の方法や注意点を知りたい方

人探しの目的や背景は、人によって様々

人探しの目的や背景は、人によって様々です。例えば、以下のようなケースがあります。

  • 家出や失踪した家族や知人を探したい場合
  • 学生時代や職場での同級生や同僚と再会したい場合
  • 借金やトラブルで逃げた人を追いかけたい場合
  • 血縁関係や親子関係を確認したい場合
  • 遺産相続や遺言執行のために相続人を探したい場合
  • 初恋の人を現在を知りたい
  • 元交際相手(元カノ・元カレ)の生存や安否が気になる

人探しは、人間関係や感情の問題が絡むことが多く、精神的にも負担が大きいことがあります。また、人探しには、個人情報やプライバシーの保護、法律や倫理の遵守など、様々な問題が発生する可能性があります。そこで、人探しを自力で行うのではなく、探偵に依頼するという方法があります。探偵は、人探しに必要な情報や手段を提供してくれるだけでなく、依頼者の心理的なサポートもしてくれることがあります。

探偵による安否確認・生存確認の事例とは?

探偵による安否確認・生存確認の事例を、先ずは具体的にチェックしておきましょう。

自分にとって大切な人の安否を確認したい:50代男性

私は、大学時代の親友であるAさんと、卒業後も定期的に連絡を取り合っていました。Aさんは、私と同じく会社員として働いており、家族や仕事の話をよくしてくれました。しかし、ある日突然、Aさんからの連絡が途絶えました。電話にもメールにも返事がなく、SNSも更新されていませんでした。私は、Aさんに何かあったのではないかと心配になりました。Aさんの家族や同僚にも連絡を試みましたが、誰も知らないと言われました。私は、Aさんの安否や生存を確認したいと思いましたが、自分ではどうすることもできませんでした。そこで、探偵に依頼することを決めました。

探偵に依頼する際には、Aさんの写真や住所、勤務先などの情報を提供しました。探偵は、Aさんの行動パターンや交友関係などを調査し、Aさんの現在の状況を把握しました。探偵からの報告によると、Aさんは、仕事でストレスを抱えており、一人で旅行に出かけたということでした。探偵は、Aさんの居場所を特定し、安否や生存を確認しました。Aさんは無事であり、私への連絡が滞っていたことを謝罪しました。私は、Aさんが無事であることを知って安心しました。探偵に依頼してよかったと思いました。

離婚した元妻と連絡が取れなくなり心配 :60代男性

私は、10年前に別れた元妻とは、離婚後も仲良く連絡をしていました。元妻は、私と別れた後に再婚して、新しい家族を作っていました。私は、元妻はが幸せならそれでいいと思っており、自分も新しい恋人と付き合っていました。しかし、ある日から、元妻からの連絡が途切れました。電話もメールも返ってこず、SNSも止まっていました。私は、Bさんに何か起きたのではないかと不安になりました。元妻の今の夫や子供にも問い合わせましたが、誰も答えてくれませんでした。私は、Bさんの安否や生存を確かめたいと思いましたが、自分では何もできず悩んだ末に探偵事務所に依頼することにしました。

元妻の知っている全ての情報を渡しました。探偵は、元妻の生活状況や人間関係などを調べて、元妻の現在の様子をつかみました。探偵からの報告によると、元妻、再婚した夫と別れて、子供と一緒に引っ越したそうです。探偵は、元妻の居場所を突き止めて、安否や生存を確認しました。元妻は無事であり、。私は、元妻が無事であることを聞いて安堵しました。探偵に依頼して気持ち的にも楽になりました。

中学生の時の初恋の人の安否を確認したい:40代男性

私は、中学生の時に初恋をしたCさんと、卒業後もしばらく連絡を取り合っていました。Cさんは、私と同じ高校に進学し、同じ部活にも入りました。私は、Cさんに告白しようと思っていましたが、なかなか勇気が出ませんでした。しかし、ある日突然、Cさんが転校することになりました。Cさんは、私に別れの手紙を残してくれましたが、連絡先や住所は教えてくれませんでした。私は、Cさんに会いたいと思いましたが、どうすることもできませんでした。それから30年近く経ちましたが、私は未だにCさんのことを忘れられませんでした。私は、Cさんの安否や生存を確認したいと思いましたが、自分ではどうすることもできませんでした。そこで、探偵に依頼することを決めました。

探偵に依頼する際には、Cさんの写真や氏名と名前、生年月日や実家などの情報を提供しました。探偵は、Cさんの卒業後の進路や結婚歴などを調査し、Cさんの現在の状況を把握しました。探偵からの報告によると、Cさんは、大学卒業後に結婚し、実家から遠く離れた地域に移住したということでした。探偵は、Cさんの居場所を特定し、安否や生存を確認しました。Cさんは無事であり、幸せな家庭を築いていました。私は、Cさんが無事であることを知って安心しましたが、どうしても連絡だけでも取りたいと探偵から事情を説明してもらいなんとか連絡を取り合える仲になりました。本当に最後まで私のために動いてくれた探偵さんには感謝しています。

家族と家族でない人の安否確認では、何が違うの?

家族であっても家族でなくても、探偵に安否確認を依頼する際には、調査内容や条件に違いはありません。

安否確認に問題があると探偵が判断したら、依頼を受けないこともあります。

  • 事件性があると判断した場合
  • 明らかにストーカー行為と判断した場合
  • 相談内容と事実が違う場合など

ストーカー規制法などに違反する恐れがある場合は、安否確認を依頼しても断られる可能性が高いです。

しかし、正当な理由があるなら、探偵は家族でも家族でなくても、安否確認の調査を行ってくれます。

安否・生存確認を探偵に任せるメリット

探偵事務所に安否・生存確認を依頼すると、事件性が低くても迅速な調査ができます。

さらに、探偵事務所に安否・生存確認を依頼すると、少ない情報からでも、聞き込み調査などで情報を集めることができます。

所有物件や賃貸物件の管理会社などをたどって調査したり、病院や介護施設など、依頼者が直接行けないような場所でも、探偵事務所に安否・生存確認を依頼すると、現地に出向いて安否・生存確認をしたりします。

また、安否・生存確認の対象者はもちろん、情報収集のための聞き込み調査でも、調査が依頼者からのものであることや探偵であることがバレないように調査を進めます。

本人と直接連絡が取れないけれども、安否・生存確認をしたいと思う依頼者は、対象者に知られたくないと思う方がほとんどなので、相手に気づかれずに安否・生存確認をすることもできるのは、大きなメリットです。

探偵に頼らずに安否確認の方法を探してみる

安否をすぐに知りたいというのは、誰しも同じです。しかし自分で連絡を試みても、連絡先が判らなかったり、居場所が分からなかったりする場合、どう対処したらいいのでしょうか。

警察に相談してみる

自分でやれることがなくなったら専門機関に相談してみましょう。場合によっては早急に安否・生存を確かめる必要があるかもしれません。

まず、災害や事故の安否確認は、警察が主に行います。生死が不安な緊急事態で安否が気になる場合は、早急な判断が重要です。

市役所に相談する

安否確認をしたい人物が高齢者の場合、探し人が暮らしている地域の市役所の福祉部門に電話して、相談する方法があります。地域によってサービス内容は違いますが、一人暮らしの老人なら訪問チェックをしている場合もあるからです。

ただし、自分の身分や連絡先、現地に行けない理由などをきちんと伝えなくてはなりません。電話では、本当に親族なのかどうかなどの関係性を確かめることはできません。また、個人情報の管理は年々厳しくなっていると思っておいたほうが良いでしょう。

相続などの関係で生死だけを確認したい場合は、戸籍を見ることで解決します。但し連絡が取れない場合は所在調査が必要になります。

安否確認を探偵に依頼するための情報整理

安否確認を依頼するときには、事前にいくつか探偵事務所に情報を伝えておくと、効率的にポイントを絞って対応できることが多いです。

できるだけ知っていることは何でも相談時にお話しください。

特に以下の情報は、調査対象者に関する情報を、多くご提供いただけると調査の時間やコストを節約できます。

  • 苗字と名前
  • 住所
  • 年齢(生年月日が分かれば探しやすい)
  • 携帯電話番号
  • 自宅の電話番号
  • 写真や写メ
  • 連絡が取れなくなった時期や理由
  • 関係性
  • 共通の友人関係
  • 学歴
  • 住んでいた地域
  • SNS

 

安否・生存確認を依頼する際の注意点

正当な理由があるなら、探偵は家族でも家族でなくても、安否確認の調査を行ってくれます。

しかし例外として、ストーカー規制法などに違反する恐れがある場合は、安否確認を依頼しても断られる可能性が高いです。

例えば、「交際相手とトラブルがあり警察が介入している事案」など、調査はお受けできませんのでご了承ください。

調査を依頼するには正当な理由が必要

人探しや安否・生存確認を依頼する際には以下に該当する場合は、引き受けられない可能性が高いです。

  • ストーカーやDVの問題に関わる人物に関する依頼
  • 調査結果で犯罪や違法行為をしようとしていると見られる依頼
  • 第三者に不利益や損害を与える目的がある可能性のある依頼

まとめ

この記事は、探偵に人探しを依頼する方法と注意点について解説しています。人探しの目的や背景は、人によって様々ですが、自力で行うのは時間や労力がかかるだけでなく、法律や倫理の問題もあります。そこで、探偵に依頼するという方法があります。探偵は、人探しに必要な情報や手段を提供してくれるだけでなく、依頼者の心理的なサポートもしてくれることがあります。しかし、探偵に依頼するには、費用や期間、契約内容などに注意しなければなりません。また、人探しの対象者が家族・知人・他人によっても、方法や注意点が異なります。この記事では、家族・知人・他人の安否・生存確認と居場所特定の方法と注意点について詳しく解説しています。探偵に人探しを任せるメリットや、探偵に頼らずに安否確認の方法を探す方法も紹介しています。

この記事の監修者

この記事の監修者

株式会社Nitto(日東探偵社)本部
記事の監修担当者:獅子田純華
年間1000件の人捜し成功実績を誇る人捜し調査のスペシャリスト
人探し・行方調査・所在調査などを専門として行う捜索のプロ!探偵興信所・日東探偵社の代表。
復縁についての相談実績多数!

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

関連タグ

関連記事

PAGETOP