浮気をやめてほしい

浮気知った時の対応

なぜ、夫や妻が浮気をしてしまったかを考える

浮気をする人、浮気をしない人には理由がある

浮気のパターンは3つあります。

浮気の疑惑が残り苦しい時

世の中の男性、女性がすべて浮気をするとはいえませんが、浮気願望があるのは否めません。「一度でも浮気をした男性、女性はまた繰り返す」「浮気はやめれない」「どうして浮気性の相手を好きになってしまったのか」「選んだのが間違いだった・・・・」と浮気をされて記憶で人生を巻き戻して後悔してもどうしようもありません。修復したいというお気持ちがあるならば、治すように心掛けることも必要です。感情的にならず、どれだけ浮気をされることが(苦しくて、つらくて、悲しく切なくて心が痛む)かを相手に知ってもらうことです。

探偵興信所に浮気調査を依頼する≪浮気調査のメリット≫

離婚前提     □ 浮気相手に慰謝料請求できる
□ 自分のパートナーに慰謝料を請求できる
□ 裁判・離婚調停を有利に進められる
□ 別れられる原因となる(気持ちの整理がつく)
□ 浮気性の夫、妻と別れの決断ができる
 修復     □ 浮気相手を特定し浮気は罪と気づかせる
□ 夫婦関係を修復を見直せる
□ 不倫関係に終止符(成敗)
□ 浮気の証拠をもとに、心の傷、痛みを訴えれる
□ 嘘を暴いて真実を知る(勇気が必要)

≪浮気調査の必要性≫

● 探偵興信所に浮気調査を依頼した場合もちろん調査料金が発生します。しかしそれ以上にパートナーの浮気を放置したくないならきちんとして白黒はっきりさせる不倫調査・浮気調査が必要です。浮気調査を依頼する決心覚悟が大切なのです。悲しみを乗り越えること、乗り越えた先には、きっと明るい人生が待っている。浮気疑惑をもったまま生活を継続すれば、気持ち的にも不安、心配に日々悩まされてしまいます。結婚生活も喧嘩ばかりで最悪は精神的疾患され患うこともあるのです。明るい結婚生活を取り戻すには真実と向き合う事が重要。嫌な真実を知るのはとても衝撃的で、辛いことですが、不安な日々が続くほうが長期に辛いです。

 

浮気を知った時の対応

 失敗例 浮気を問い詰めて逆切れされてしまった 
 成功例  感情を抑えて、泣いて心の痛みを伝えた

● 泣いたり、わめいたりして、怒りを相手にぶつける
● 執拗に攻め立てる
● 口をきかなくなる
● 仕返しだと自分も異性と浮気をする
● どうせ遊びだろうと、自然に別れるのを待つ
● 何も対処せず、言いたいことも我慢して耐える
※ これらの対応は一般的な行動ですが、むしろ逆効果になるでしょう。
※ 問題を抱えている程、人間は感情的になるので、その結果、間違った判断を下すおそれあります。大変だと思いますが感情を押されることも大切なのです。人を変えるにはまず自分を変えることから始めたほうが良いでしょう。

なぜ、夫や妻が浮気をしてしまったかを考える

● 男性、女性の浮気の心理を読むことが大切です。
● 浮気をした方を責めてしまうのは当たり前で当然の事ですが、自分になにか足りなかったかなと、自分自身を振り返ってみることも必要です。※ 寂し気もちにさせていたからなど。
● 浮気の原因を追究してみること。
● 男性と女性では考え方が相違することがあるので、異性の友人に相談してみる。※ ここで注意してもらいたいことが、相談相手と恋愛してしまう事も多々あるので気を付けること。問題をかかえている時ほど、人のやさしさに心が一時的でも移入してしまうので、自分も嫌なことは、決して同じことをしないこと。 目には目をはNGである。

浮気をする人、浮気をしない人には理由がある

浮気をしない人は浮気をする理由がない≫
● 夫又は妻を悲しませたくないから浮気をしない
● 子供を悲しませたくないから浮気をしない
● 人間には時間が限られているので無駄なことはしたくない
● 幸せな家庭を壊したくないからしない
● 浮気願望があるが罪悪感が残るからしない
● 浮気をしてばれたら、夫、妻があとあと辛いおもいするからしない
● 大切な人を傷つけてまで浮気をする理由がない
● 出世に響くからということもありしない
● 特に出会いがないということもあります
※ 浮気をしない人は、浮気をするとどうなるか後先のことをしっかり考えている。

≪浮気をする人の理由≫
● 偶然、自分の好みのタイプと出会ってしまい交際することになった
● 必然的に、好みのタイプと出会いアプローチしてしまった。
● 性欲の為
● 浮気癖
● ただただ 好きになってしまった、惚れてしまった。
● 相手方が夫又は妻を好きになり、本人も気持ちを応えてしまった
● 男は浮気をしても許されるという考え方
● 楽しければ良いと自己中心的な理由
● 一度だけならばれないから大丈夫と軽はずみな理由
● 元カノ、元カレを忘れられず、ズルズルとセフレ
※ 浮気をしてしまう人は、後先どうなるかを考えず、目先の欲望に負けてしまい身勝手な考え方をしてしまうのです。結果、浮気の痕跡を残し、妻や夫に怪しまればれてしまい、配偶者、交際相手を悲しませることが多いのです。

※ 愛する人が浮気をしているかもしれないと不安になり日々の生活に支障を与えてしまう事を浮気をしている人は決して忘れてはいけません。
心に傷を与えているのです。不安な日々はとても辛いことです。浮気をやめて安心してもらうことが相手に対しての報いとなるのではないでしょうか?

浮気のパターンは3つあります。

①  体の浮気  セックス目的 のみ
情の浮気  浮気相手と別れるのがかわいそう
③  心の浮気  配偶者よりも浮気相手と絆が深い
 
≪対策≫
① 何度も同じ相手と体の関係を続ければ飽きが来るはずです。長続きはせず労力を使わず別れさせれます。
② 情と愛情の差があるのを教えてみる
③ 浮気相手より心の関係を築く必要があります。
 
※ 心の浮気に走る時、男性:たいてい妻とうまく行っていない時や毎日喧嘩、心のすれ違いなど女性:私生活に退屈しマンネリを抜け出したくて、浮気相手にはまる
 

浮気の疑惑が残り苦しい時

 失敗例  自分も仕返しに異性と関係をもつ
 成功例  冷静に別れを伝えてみる
 確実な証拠を得る為に
どんな理由で疑いをもったかはそれぞれ違いますが、一度怪しいものを発見してしまえば信じることは出来なくなりますし疑いだけが残ります。
ズバリ浮気をしているかもしれない・・参考にしてください。
浮気をしているかもしれないと思っている相手と共同生活するには精神的不安定になり、顔を合わせば、感情に任せて文句や嫌味の一つも口からこぼれるでしょう。相手もそんな雰囲気を察し気まずい空気が悪循環を招きます。毎日が不安で仕方ない気持ちはとても辛いことです。
真実を知る事も怖いかも知れませんが、しかし、真実を知らなくては前には進みません。
そのためにも勇気をもって真相を明らかにする必要があるのです。
 

浮気をやめさせたいのなら浮気調査した方が良いでしょう。

※ 白か黒かをはっきりする必要がある。

第一の行動 浮気の確実な証拠を得る必要がある
第二の行動  感情的にならず、冷静に心の痛みを伝える 
第三の行動  厳しく浮気相手に会わないように訴える
浮気相手に警告する
 
● 最後に、冷静に話し合う事が重要です。
● 二人で解決できないようであれば、第三者の助けも視野に入れる。
 ※ 暴力的な相手なら第三者の介入は必要である。
● いい方にも気を付けながら話しあう。
● 逆ギレされないよにも細心の注意を払うこと。
 

結婚生活の3つのツボ

1、愛は無償であるという考えを検討する。
● 夫婦の関係は親子の無償の愛とは違い、ヨコの人間関係である。
● お互いにギブ・アンド・テイクの原則に従わなければならない。
● 自分の実家の法事に付き合ってくれて当たり前、お弁当を作ってくれて当たり前、給料やボーナスをそっくり渡してくれて当たり前、こういう姿勢が不和を起こすのです。アタリマエは不和の元。
● 夫婦の関係はコンパニオンショップである。
● 要は気を使い合うことが大切でありお互いが尊重し合えなくては続かないのである。誰でも結婚前・交際前はお互い気を使っていたでしょう。その気持ちを忘れてはいけないです。頭を使わないと感情のこじれ、行き違いから刺激を求めて不倫・浮気に走る方も多数存在するのです。

2、心さえ通じ合っていればうまくいくという楽天主義を吟味する。
● 上記の考えも検討を要するでしょう。
●  夫婦で旅行をする、夫婦で協力して掃除をする、夫婦で老父母を定期的に訪問する、お墓参りには共に、夫婦でショッピングに出かける、夫婦でお酒を飲む、夫婦で肌を触れ合うなど、習慣化した共同作業(行事リチュアル)をすることも大切です。
● 夫婦で(行事)リチュアルをもつのに必要な条件は時間のやりくりである。
● 行事の条件は、計画性である。年間、月間、週間スケジュールを私生活にも作ることである。行事には必ず打ち合わせが必要である。それゆえに円満な夫婦は会話の量が多い筈。無口なのは不和の始まりであり、浮気や不倫に発展することもあるです。「君の好きなように決めればいいじゃん」というセリフは無精である。

3、相手はこちらの欲するとおり行動すべきであるという考えに囚われないこと。

● 子どもや同居する親の為に渋々配偶者に絶対服従し、争いを避けている人もいるが、こういう無理はやがて心身症、不倫や浮気・キッチンドリンカー、家出に至ることもある。
● 夫婦はある程度、自由を許容しあうことが大切である。ただし一歩間違えると浮気をする機会を与えてしまうので気を付けましょう。
● 相手が介入してほしい領域と違う場合はそっとしておこうと見極める必要がある。
● 以上、要約すると、円満な結婚生活を営もうと思ったら、なるべく頭と体を使い、無精は敵、欲張りひとりよがりは不和のものと知り、つまり恋愛に比べて結婚はシビアです。

 

浮気の証拠がほしい場合には探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。 

 オペレーター無題  浮気調査・不倫調査 
行動調査・素行調査 
PAGETOP