SNS悪用で景色から住所特定

愛知県尾張地方や岐阜県で昨春以降、空き巣などを繰り返していたとして窃盗グループのメンバーとみられる、10~20代の少年ら35人を愛知県警が摘発していたことが分かった。窃盗メンバーはSNS などを通じて集まり、事件ごとに入れ替わっていたという。10月下旬までの1年半に計約160件の窃盗や窃盗未遂などを繰り返し、被害総額は3千万円にのぼるという。

愛知県警

少年や男は昨春から10月下旬までに、愛知、岐阜県内の民家や会社事務所などに侵入し、現金や貴金属を盗むなどした疑いがある。少年らは事件ごとにSNSで連絡を取り合い、3~5人のチームを結成。飲食店の客引きや元暴走族が大半だった。事件時、中学生だった少年もいたという。全員が互いに面識があるわけではなく、一度、他のメンバーと窃盗事件に関与した少年が、地元の知人や友人らを誘い、新たな窃盗チームを作った。グループ全体を統率するリーダーはおらず、メンバー同士の上下関係もなかったという。

羽振り良さそう、景色から住所を特定していた

今回の事件で、若者たちがインスタグラムの公開情報を駆使して、盗みに入る先を決めていたことも明らかになった。

メンバー初対面同士も

愛知県警は今年1月、同県稲沢市のアパートの一室に侵入して金品を盗んだ疑いで、客引き(21)ら20代の男5人を逮捕した。メンバーは、客引き仲間と地元の友人2人、さらに地元の友人が連れてきた作業員。5人の中にはこの時が初対面のメンバーもいて、互いの名前も知らなかったという。

被害のきっかけは?

被害に遭った部屋の住人は男子大学生。狙われたきっかけはインスタグラムだった。この大学生はしばしば高級ブランド品を身につけたり、高級車を運転したりする様子を投稿。元々、地元では有名人だったが、「羽振りの良さそうな投稿をしている大学生がいる」などと評判になり、地元以外にも口コミで広がっていった。この窃盗事件で中心的な役割を担った客引きは「いつか(大学生の家に)盗みに入ろう」と、この投稿写真の景色やコメントを手がかりに、知人ら聞き込みをし、最終的に大学生が住むアパートを特定に成功。

事件当日

客引き仲間らと計3人で現場アパート付近に張り込んだ。大学生が出かけるのを確認したところで2人が合流し、大学生の部屋にトイレの窓から忍び込んだ。現金30万円のほか、ブランド品の財布や服など総額231蔓延相当を盗んだという。客引きはこの事件以外にも、地元の友人らと窃盗や窃盗未遂をしたとして逮捕された。

やりとり消滅

県警によると、客引きらはLINEや、こうかんしたメッセージが数時間でける仕組みのアプリを使って連絡を取り合っていた。会社情報など個人情報の売買を専門にする「情報屋」や飲食店の客引きらから得た情報をもとに、忍び入る先を決めていたという。

非行・素行不良の確認調査

いじめ問題、素行不良、犯罪を犯しているかもしれない人物特定と確認は埼玉の探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

PAGETOP