飲酒の知識

飲酒運転日東探偵社では社会問題となっている飲酒運転について、身内や会社の上司や同僚、部下などの飲酒運転の相談窓口を設けております。飲酒運転の怖さを知るために飲酒運転に関する知識や情報を発信しております。

お酒に関する知識

お酒を飲んでも、一晩寝れば大丈夫?そんなふうに思っていませんか?しかし飲酒運転で検挙される人の中には、少なからず「昨日の酒」が残っているケースがあります。最近も大手航空会社の副操縦士が、乗務前の飲酒で逮捕される事件がありました。節度を持ってお酒を楽しむためにはどうすればいいのか?

警視庁情報

警視庁が、2016年に起こった飲酒死亡事故のうち、飲み終わった時刻から死亡事故発生時刻の経過時間が分かっている当事者113人を調べたところ、うち7人が、5~9時間たった後に事故を起こしていた。「9時間以上」という人も2人いた。「一瞬で人生が変わるのが飲酒運転。飲酒の目安や分解時間の知識があるかどうかがカギです。

厚生労働省

「節度ある適度な飲酒」の量を、1日平均で「純アルコール20㌘程度」としている。ビールで換算すると中瓶1本、ウィスキーやブランデーならダブルで1杯。実際には体形や体質、体調などに左右されるが、1単位を分解するのにかかる時間を「男性は4時間、女性は5時間」として啓発している。

国立病院機構・久里浜医療センター

アルコールの分解は、肝臓・心臓・筋肉などの働きに左右される。女性が男性より分解に時間がかかるのは、一般的に男性よりも体が小さく、肝臓のサイズも比例することや、体脂肪が多い分、筋肉量が少ないことなどが原因という。また、体内の水分量が少ないと、血中のアルコール濃度が高まる。加齢で体内の水分量が減る高齢者も注意が必要。厚労省でも女性や65歳以上の高齢者は、20㌘よりも少ない飲酒を推奨している。

飲酒運転の証拠がほしい

飲酒運転の証拠を押さえたい場合には、埼玉の探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP