児童虐待事件被害

虐待とは、むごい扱いをすること。繰り返しあるいは習慣的に、暴力をふるったり、冷酷・冷淡な接し方をすることです。
心理的圧力をかけたり、肉体的暴力をふるったり、暴言を浴びせたり・侮辱したり、嫌がらせをしたり、無視をするなどの悪意ある行為を繰り返し行うことを言います。嫌がらせや躾を行っている行為者は、躾の一環として勘違いしている他、嫌がらせなど、罪の意識はない加害者がいます。

児童虐待の定義

身体的虐待 殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など
性的虐待 子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
ネグレクト 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
心理的虐待 言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

児童事件被害の子過去最多645人

全国の警察が今年上半期(1~6月)、虐待を受けているとして児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは過去最多の3万7113 人に上った。警察庁が4日発表した。半期ごとの統計を始めた2001年以降、7年連続で増加している。通告した人数は年間で最多の約6万5千人となった。昨年の上半期より2割以上多く、7万人を上回るペースだ。警察庁は、社会の関心が高まり、通報や相談が増えたとしている。暴言や無視などこどもの心を傷つける(心理的虐待)は、前年同期より5009人多い2万6415人で全体の約7割を占めた。うち6割強は子供の前で配偶者らを暴言したり罵倒したりする(面前DV)で1万6869人。他に、(身体的虐待)は6792人、(育児放棄)ネグレクトは、3795人、性的虐待は111人だった。虐待があったとして保護者らを摘発した事件は641件で、過去最多の前年同期より130件増えた。内訳は殺人や傷害、暴言など身体的虐待が516件で約8割を占めた。一方、面前DVなどの心理的虐待は、身体的虐待に比べて立証が難しく、摘発数の1.9%の12件にとどまる。性的虐待は98件、ネグレクトは15件だった。虐待事件の被害にあった子どもは過去最多の645人)に上った。このうち19人が亡くなられている。

警視庁は

今年、上半期(1~6月)に全国の警察が摘発した児童ポルノ事件は過去最多の1423件だったと発表した。年間で過去最多の2413件となった昨年の同期に比べて281件多かった。14年施行の改正児童買春・児童ポルノ禁止法で、罰則が新設された単純所持容疑の摘発が急増したのが要因とみている。

探偵による児童虐待調査

探偵・興信所が行う虐待調査は、特定人物が虐待を受けていないか?未成年者に対して行われる虐待の状況を把握し、証拠収集を行う調査を言います。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP