年を重ね、もう一度出会う同窓会(同級生探し探偵)

同級生探し探偵50歳過ぎてからは、同窓会が面白い。目立たなかった人が綺麗になっていたり、思いがけないほど出世した人がいたり。利害関係のない昔の仲間だから、悩みも打ち明けられる。互いに年を重ねてきたからこそのいとおしさに触れあえる場。そんな同窓会を実現できる役割は探偵の人探し調査でもあります。連絡を取りたいけど音信不通な同級生探しは日東探偵社にお任せ下さい。

 同窓会は「脳にも良い」昔の記憶が刺激に

「同窓会は脳に良い」と言うと、意外に思われるかもしれません。でも、医学的にも根拠のある話なのです。同窓会に出席して、思い出話をすると「違うよ、A君。あの時はお前は補欠だったろ」などと、思い違いを指摘されます。若い頃の時分像は、無意識に美化されたり、誤解でゆがめられたりしがちですが、同窓生がそれらを修正してくれるのです。過去の誤った記憶にとらわれて、同窓会への参加をためらう人もいます。でも、思い切って出席すれば「そんなことないよ」と、気づかせてもられるかもしれません。50代の頃、Aさんは努めて昔の友人に会い、思い出の地を巡りました。そうして点の記憶をつなげていき、脳内の自分史を編集しました。その過程では、自分がやり残したことが浮かび上がります。それらを第二の人生で取り組むべきテーマかもしれません。その自分史が完成した時、その人に本当の還暦が訪れるのだと思います。昔の記憶を蘇らせることを「ライフレビュー」といい、認知症の治療にも用されています。昔好きだった曲を聴き、初めて聞いた時のワクワクした感情が蘇る。そうした体験は脳を若返らせます。そんな刺激を脳は喜び、快い気持ちにつながるドーパミンなどが出ます。同窓会は、そんな体験ができる格好の機会なのです。

肩書抜きの貴重な関係性

中学で進学校に通っていたAさんは「生徒間の競争意識が強く、『中学は暗黒時代だった』という人もいて、当初は同窓会に参加したくなかった」。ところが、いざ集まって当時の話をしたら「結構楽しいこともあったと気づき、意識が変わった」という。当時の関係のまま話ができる楽しさも魅力のようだ。「地位や肩書を抜きにして、あだ名で呼び合える。社長になった友人を『社長』なんて呼びませんよね。50代、60代になっても一瞬であの頃に戻れる場は、すごく貴重」とAさんは振り返る。「今更格好つけても仕方ない」利害関係も、上下もない。腹を探りあう必要もない。だから話しやすいし、楽しいのかもしれません。

同級生だから介護の悩みもできる

互いの「幸せ」を感じられるのも、年を重ねたからこそ。「若い時は容姿を気にしたけれど、50代~60代になると人生が顔にでる。幸せが顔ににじみでている人と会えなくなると、本当にうれしくなります。一方で、同窓会に出たくても出られない事情がある人も大勢います。卒業時に、同窓会に出られるのは幸せと先生が話していました。今はその意味を実感しています。仲間と連絡が取れ、同窓会に参加できるお金も時間もある。そういう条件がそろっているのは、確かに幸せだと思う。親の介護の話題がよく出る。お互いの体験談に思わぬヒントが得られることも。同窓会は、話しやすい雰囲気に加えて、住んでいる所がバラバラ。普段は付き合いがなく、でも仲が良い。そんな間柄だからこそ突っ込んだ話もできる。自分や子どもの婚活を始める人もいるが、同窓会に「タブー」はないのか?雑談では、「孫自慢は避けた方がいい」「健康の話題はいいけど、病気自慢は辛い」といった意見がでた。

同窓会では、当時の気持ちを素直に伝えられる

同窓会には、当時、両想いだったけど縁がなかった人、お互い好きな人や、初恋の人がいるはずです。当時は勇気がなく、タイミングが合わず、気持ちを伝えられなかった後悔があるようです。青春を共にした旧友との再会や、わだかまり、誤解があったことを、年を重ねたからこと上手に素直に伝えることができるのも、同窓会の良さだと思います。

同級生探しは、探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP