家出・行方調査・人探し、ネットカフェ難民捜索調査

突然の失踪、家出には、マンガ喫茶やネットカフェに身を隠す人が多く存在しています。ネットカフェや漫画喫茶難民とは、主に経済的理由で家やアパートなどに住むことができず、安ければ1000円ほどで一晩中過ごせるインターネットカフェで寝泊まりする人たちを指します。誰でも簡単に入れる家出人の巣穴になっているのも現状です。

 

ネットカフェ難民 都内に推計4千人まずは現状を知る。

住居がなく、東京都内のインターネットカフェなどで平日に寝起きしている人は約4千人もいます。(東京都が調査)東京都がそんな「ネットカフェ難民」の推計結果を公表した。失業、退職を機に住居を失った人が5割を占め、その後も不安定な仕事に就く人が多いという。東京都は安定した職場への就労など効果的な支援策を検討する。 

東京都が調査

都は2016年11月から17年1月、都内のネットカフェなど502店舗や利用者ら約1千人を初めて調査した。その利用実態などから、ネットカフェなどで朝まで過ごす人は平日で1万5300人と推計した。回答者のうち四分の一が住居がないと答えたことから、4千人と推計したという。さらに、該当者のうち363人に面会や書面で調査したところ、98%が男性だった。年代別では30代が39%で最も多く、50代が29%、40代が17%と続いた。

住居を失った理由「ネットカフェ難民」

32.9% 仕事を辞めて家賃が払えない
21.0% 仕事を辞めて寮などを出た
13.3% 家族との関係が悪化
7.9% 借金などのトラブル
5.4% 生活費がかさんだ
5.4% 同居先を出たかった
4.2% 同居先で居づらくなった
9.9% その他・無回答

 

 家出・突然失踪した息子のネットカフェ・満喫捜索

【相談内容】➡

相談者:60代女性
東京都在住

大学を卒業してからろくに仕事に就くこともなく、30歳を過ぎて実家で暮らしている息子がいます。ここ数年親子関係は非常に悪く喧嘩ばかり繰り返してきました。

夜どんな仕事をしているか分からないが、月に稼ぐお金も多少はあるようです。

父親と大きな喧嘩をした時は、何度か家出を繰り返してきましたが、仕事もせず手持ちの所持金がないので結局は家に帰ってきました。どこに居たのか問いかけると、インターネットカフェにいたとの事でした。ある日また父親と生活を巡る喧嘩をしました。

息子も夫もお酒を飲んでいたので、それはそれは大きな喧嘩で近所に迷惑が掛かる程大きな声、大きな音を出して息子が夫を押し倒して怖くなったのか、家を出ていきました。

息子の部屋に入って手がかり的なものを探しました。何店舗かの新宿、渋谷、八王子駅付近の満喫のレシートがありました。直接、マンガ喫茶・インタネットカフェに連絡しましたが、個人情報なので教えられないとのことです。

今までとは少し違うトラブルなのですが、どうせ所持金もないしすぐに帰ってくると思っていましたが、1週間、2週間、とうとうひと月も帰ってきません。夫の仕事が公務員なので、もし息子がお金がなくなって犯罪を犯して警察に捕まったらと考えると怖くなり、息子の家出失踪先を調べて家に連れ戻そうと思い数社の探偵事務所に相談しました。

 

【対象者の情報】➡

氏名:フルネーム(漢字)
住所:実家
生年月日:××××年×月×日
携帯電話:電源が入っていない
関係:親子

 【調査結果】➡ ご依頼者様から細かく情報を聞き取り、対象者である息子さんの今までの家出の経過と、部屋に置いてあったパソコンと部屋を物色して手がかりを探り、趣味や性格を含めて総合的に判断して地域を絞り漫画喫茶、インターネットカフェを中心に捜索を開始した結果、本人を確認しました。その後、行動調査を実施して生活状況を確認した。インタネットカフェに滞在している夜に、ご依頼者様に来ていただき保護して調査は終了。

ネットカフェ捜索・漫画喫茶捜索調査、人探し、行方調査は探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP