大麻絡みの検挙者 若年層中心に増加 家庭栽培のプラントも

大麻事件に絡む検挙者数が増えている。「危険ドラッグ」の規制が強化された2014年ごろから若年層が中心に増加しているほか、自宅やマンションの一室で大麻を栽培する「プラント」の摘発件数も前年を大きく上回っている。

埼玉県警によると

埼玉県内で昨年11月末までに検挙されたのは前年同期比13人増の69人。11~14年は23人~36人で推移していたが、危険ドラッグの規制強化に伴い大麻にシフトした可能性があるという。検挙された69人のうち約36%は30歳未満だった。

薬物銃器対策課によると

大麻は相場価格が1g6,000円とされ、覚せい剤などの薬物と比べると安く手に入る。また、海外では合法化されている地域もあり、「大麻は使用しても大丈夫」という誤った認識が広がっていることなどから「若年層が手を出しやすいのでは」とみる。昨年8月には、埼玉県東部で当時16歳の無職少女が大麻を所持したとして、大麻取締法違反の疑いで逮捕されたという。「プラント」の摘発も急増。大麻を栽培していたとして昨年11月末までに検挙されたのは7人(前年同期比6人増)。専門知識がなくても栽培できることから、民家やマンションの一室がプラントになっているケースもあるという。

 同課によると

プラントには、大麻特有の青臭く、甘い匂いがする。光量を調節するために窓に目張りをしている。大量の照明や空調を使うため電気の使用量が多い。などの特徴がある。県警は、こうしたプラントが大麻の供給源になっているとみて、摘発に力を入れていく方針。ホームページでも大麻使用の危険性やプラントの特徴を周知し、注意を呼び掛けている。

探偵・興信所による薬物調査

埼玉・東京を中心に活動する探偵興信所・日東探偵社では、身近にいる友人、離れて暮らす息子や娘、取引先の怪しい噂がある人物、薬物使用の疑いがある人物らの行動を監視し素行調査を実施しています。当社に薬物相談される方は、愛する家族が警察に捕まる前に、社員の不正で会社の信用が落ちる前にという想いから、生活状況を把握する為にも素行調査、行動調査を推奨しております。薬物検査も行うこともあります。相談や調査は、秘密厳守を徹底しておりますので、安心して相談して下さい。

薬物関連の調査項目

危険ドラッグ・覚せい剤・大麻

行動調査・素行調査

浮気調査・不倫調査

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP