確実な証拠がほしい夫の不倫調査

昨今の不倫発覚事情は、SNSのおかげで発覚しやすくなってきています。LINEをこっそりみたら浮気相手とラブラブのやり取りをしていた、普通に写真が写っていた、妻や夫の携帯にGPS機能を仕込んで検索したらラブホテルだった、しかし証拠が取れずじまいで悔しい思いをした人が多く存在します。愛するパートナーが浮気や不倫をしているのに証拠がとれない、認めない時こそ探偵興信所に依頼するべきなのです。今回は事例を踏まえ不倫と浮気について配信します。

 不倫とは

道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くことです。最近テレビで取り上げられているのが、一線を越えていないから不倫ではないと否定しますが、肉体関係を否定していても、LINEで男女関係があると客観的に思われるようなやり取りや、街中で手を組んでキスをしていた証拠、そういう行為も「不法行為」の対象になり得ます。判例では、「婚姻共同生活を侵害・破壊に導く可能性のある行為」をさしますから、不倫慰謝料のケースでは、性行為以外でも請求は可能である判例があります。しかし、短期に解決するには、不倫相手やパートナーが言い逃れできないような確実な証拠を押さえることが必要になってくるでしょう。

不倫の慰謝料請求の争点

1、肉体関係があったかどうか?
2、既婚者と知っていたかどうか?
慰謝料の請求権が成り立つかどうかは、大体上記の2点です。実際はそこが争われるケースは意外に少ないと言われています。請求権が成立することが前提として慰謝料の金額が問題の中心になることが多い印象です。弁護士からの内容証明書の効力はかなり効き目があるようです。裁判になればそれ以上にお金がかかりますから、お互い落としどころをつくり解決することが多いようですね。

LINEから発覚した夫の不倫相談事例と調査結果

【相談内容】➡

相談者:60代女性

埼玉県さいたま市

主人とは職場恋愛から結婚して30年です。子供2人も授かり幸せな家庭でした。お互い公務員でしたが、早期退職をして退職金をもとに介護関係の会社を設立しました。私の退職金も主人に全て貸し出しました。会社は軌道に乗り従業員も増え安定した収入を得られました。

私は今まで主人を献身的に主人を支え尊敬尊重して信じてついてきました。会社が軌道にのってきた頃から、主人の行動に不信感があり、寝ている隙に、主人の携帯ロックを解除してLINEをみたら、地獄に落ちたように愕然としました。

私にとってLINEの内容がとても残酷でした。不倫相手は、会社の経理の女です。主人からも浮気相手からも、愛している、会いたい、声が聞きたい、❤❤❤❤❤。

自宅で主人が不倫相手と電話していました。名前を呼んでいたのですぐに分かりました。すぐに問い詰めましたが、経理に仕事の相談をしていただけだ。勘違いにもほどがあると逆切れされました。このことは娘たちにも相談しました。娘たちは私の味方になってくれ協力してくれることになりました。

その後、浮気相手の女とのLINEでは、家内に怪しまれているから裏工作しないと、離婚して早くお前と一緒になりたい、このLINEで離婚を決意しました。

何社か探偵事務所に相談しましたが、浮気調査見積もりでは着手金50万円と成功報酬で150万円と破格な金額でした。
今後、離婚裁判となると弁護士費用それ以上にお金がかかるので、再度予算内でできる探偵事務所を探して越谷の探偵事務所、日東探偵社さんに相談し予算内で不倫調査を依頼することができました。

【対象者の情報】➡

第一対象者:配偶者(夫)
年齢:60代
職種:会社経営
調査地域:埼玉県

浮気相手情報
第二対象者:判明している
浮気調査の目的:離婚を前提にした不倫の証拠がほしい

 【調査結果】➡

予算内に合わせた不倫調査を実施するには、ご依頼者様のご協力を基に確実な証拠を押さえられるようにピンポイントで調査を実施するプランを計画しました。

LINEを自由に見れる点があったからこそ予定を組むことができました。調査結果では、第一対象者と第二対象者、某ホテル付近のコンビニで合流。

袋2つ分の買い物を済ませ、それぞれの車でホテル駐車場に入る。ホテルの入りと出を取り浮気の証拠を押さえた。離婚を前提としている為、言い逃れができない様に、複数回ホテルに入店した証拠を押さえて、すべての調査は終了した。

浮気調査・不倫調査

素行調査・行動調査

離婚について知っておこう

離婚マネー

 

離婚前、確実な証拠がほしい時は探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP