不倫報道なぜこんなに過熱?

お笑い芸人、タレント、政治家、作家・・・・。国会議員の「不倫」問題。なぜこんなに不倫報道が過熱するのか。不倫報道は最近目立つ。政治家では、男女が同じ部屋に泊まり不貞行為を否定、一線を越えていないと主張し、夫婦関係は破綻していたから不倫ではないと一般的な言い訳?そんな苦し紛れの主張を繰り返した。がしかし第三者が聞いても納得ができる話ではない。一般社会でも浮気、不倫問題は尽きない。有名人の不倫は一般的な問題の題材的なものだろう・・・・

 不倫と報道された有名

不倫と報道された有名人たちの例 ※朝日新聞掲載
2016 1 タレントのベッキーさんと川谷絵音さん
  2 男性国会議員として初めて育休を宣言した宮崎謙介・元衆院議員。議員辞職した
  3 作家の乙武洋匡氏。報道後、自民党が参院選での擁立を断念
2017 3 俳優の渡辺謙氏
  7 ダンスボーカルグループで活躍した今井絵理子参院議員。
  9 民進党幹事長に内定していた山尾志桜里衆院議員。直後に取り消し

イメージの変化

不倫のイメージの変化も挙げる。天気は、16年1月に発覚したタレント・ベッキーさんと、ミュージシャン・川谷絵音さん。「謝罪後に、実は反省していないとも受け取れるLINEでのやりとりが世間にさらされる新しい展開で、「不倫=完全悪」のイメージが出来上がり、メディアも視聴者も、今でも引きずっている。一方で精神医学的なとらえ方では、「コンプライアンス」(法令順守)の風潮の強まりを指摘。「不倫のとらえ方は人、事例によって異なるはずで、それほど悪いと思っていない人もいるだろう。なのに、不倫を許容するような意見を表明した人まで批判の対象になる雰囲気がある。寛容さが失われているように思う。

浮気・不倫の慰謝料相場は減っている

過熱する不倫報道の裏で、実は、不倫にともなう慰謝料の相場は下がっているという。不倫訴訟に詳しい弁護士は、不倫で離婚した場合に裁判で認められる慰謝料は約300万円、離婚しない場合で100万円だといい、10年前と比べて2、3割減だと明かす。「裁判所が、円満な家庭を維持することの価値が相対的に下がっている、と考えているのかもしれない」それでも不倫の注目度が上がることについて、「一旦悪とイメージがついた人を一斉にバッシングする風潮がある。不倫は決して褒められることではないが、批判できるのは身内だけなのではないかと話す。

探偵からみた浮気・不倫。探偵の仕事

探偵と浮気・不倫は切っても切れないもの。浮気をされて苦しんでいる相談者からの依頼で浮気調査を行い、真実を伝えることが使命。探偵も数多くの経験をしているとはいえ、浮気の事実を伝えることは心苦しい。伝えた時の依頼者の反応は、マチマチで離婚を有利に働きたいから証拠が取れた、嘘を暴いて浮気の証拠が取れて喜ぶ人や報告書をみて泣き出す人も居る。一度は愛したパートナー。嫌いで結婚した人はいないと思う。夫婦関係が冷めたからとはいえ内心は辛い。数々の男女トラブル、不倫や浮気の真実を現実的に向き合ってきた探偵からのみた浮気については、確実な証拠を押さえる為に調査力を高め、真実を伝え、寄り添い支えることも探偵の仕事だ。

浮気・不倫調査は探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP