妊娠を伝えたら彼氏が失踪した(人探し)

交際中の彼氏に妊娠した事実を伝えたら失踪された。彼氏の所在調査、人探し調査事例をご紹介します。昨今はこのような相談が殺到しています。突然彼氏と連絡が取れなくなった、彼氏の家に見に行ったらすでに引っ越しをしていた、携帯電話番号も変わってしまった、彼氏と連絡する手段がなくなり困っている方が多く存在しているのです。引っ越した先を知りたい、彼氏の実家の住所を知りたい、責任を取ってもらいたい、失踪した心理を知りたい、その要望に探偵興信所・日東探偵社がお答えします。

 彼氏が失踪人探し相談事例

【相談内容】➡

相談者:30代女性
埼玉県在住

彼氏とはネットで知り合い交際3か月になります。体調の変化があり、まさかと思い市販されている妊娠検査薬を試したら、陽性反応が出ました。

その後、産婦人科へ行きました。診断は妊娠6週ということが分かりました。他に性行為した男性はいません。完全に彼氏との間にできた子です。彼にどう伝えようか?正直彼氏の対応が怖かったですが、言わなきゃいけないと思い、彼氏に妊娠の事実を伝えました。彼氏は、産んでほしいし結婚もしようと言ってくれました。

その後、LINEで実家の両親と話し合ってくると連絡がありました。厳しい家庭なので、まず実家の両親を説得してくるとの理由でした。それから彼氏と連絡が取れなくなりました。LINEは既読されることもなく、携帯電話番号に連絡しても電源が入っていません。

もしかしたら実家が厳しい家だから軟禁状態にいるのか?彼の安否が心配な気持ちと、逃げられたかもしれない思いが複雑に入り乱れ不安で仕方ありません。彼のマンションに行きましたが、既に引っ越しをしたと知りました。完全に逃げられたと確信しました。彼の所在を知りたくて、テレビでよく観た大手と言われる探偵会社に相談しましたが、個人情報の問題で調査依頼は受けれない、親族ではないとダメだと言われましたが、日東探偵社さんだけは親身になり相談に乗って頂き最後の砦と思い相談させて頂きました。

 【調査結果】➡  事前に頂いた対象者情報、氏名、携帯電話番号、前住所を基に調査を開始した結果、1か月の調査にて現在の対象者の所在を特定することに成功した。その後、提携している法律事務所を通じて、相手方と接触した。相手方にも代理人が立てられ慰謝料請求を200万円支払うことで和解が成立した。

 【調査を終えて】➡

依頼者の声

 代理人同士の話し合いで責任だけは取ってもらいましたが、正直彼氏の気持ちをもう少し聞きたかったですし、不安だった気持ちや裏切られた心の傷を理解してほしいかったですが、ここまで問題解決に向けて行動してくれた探偵さんに弁護士さんに感謝しています。彼氏の無責任な失踪と、産んでほしいと嘘までついた罪を罰してほしいくらいです。心の傷や体の傷は癒えません。しかし大人にもなって自分で解決できない男、責任が取れない人の子どもを産んで幸せな家庭なんて築けないと思えばと考えるようになったら少しは気持ちが楽になりました。相手を憎んでも何も生まれないし進めないと思い、今後は自分も気を付けていい人を見つけて幸せになりたいと思いました。

突然の失踪、行方調査は探偵興信所・日東探偵社にお任せ下さい。

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP