埼玉NEWS還付金詐欺(探偵興信所放送)

市職員などを装い、医療費や税金を払い戻すとうそをついて金をだまし取る
「還付金詐欺」の被害が1~3月、被害件数で昨年同期(35件)の約2倍の
66件、被害額「4495万円」では、約1.5倍の6913万円になったことが
県警特殊詐欺総合対策本部のまとめでわかった。

 犯人は手口を多様化させ、騙しやすいタイミングや場所を狙う

● 市職員を名乗って「医療費を還付する」・・・と誘い
● 高齢者に指示してATMを操作させる手口

還付金詐欺の対策として・・

● 市役所からATMに行くような要求は一切ない
● 身近な人に相談する
● 折り返し、市役所に連絡する
● 自分一人で決断しないこと
● 銀行員に確認する(還付金で送金することを伝える)

東京、埼玉の探偵興信所、日東探偵社から・・・

● 万一、怪しい詐欺師かもしれない人物から連絡があった場合には、当社に連絡をしましょう。
● 警察はおとり捜査はできませんので、当社が変わりに詐欺師を撲滅します。
● お金を払う前に気づくことが大切です。
● 一度詐欺師に入金したら、取り戻すのはとても長い時間が経過します。
● 詐欺に使われた銀行口座に預金額があれば、詐欺被害金保証されますが、
  詐欺師は入金後直にお金を引き出します。それが出し子の役割です。その後
  詐欺の中堅役に渡され、最終的に詐欺のボスに入金されるのです。
  そして、価値のないお金の使われ方をされるのです。お金は大切なものです。
  良い使い方を致しましょう。

PAGETOP