薬物事件麻薬取締官(埼玉探偵興信所ニュース)

薬物事件の捜査書類を偽造して携帯電話の通話履歴を違法に差し押さえたとして、警視庁は8日、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部の麻薬取締官、奥村憲博容疑者(46)横浜市青葉区を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕した。本人は「間違いありません」と容疑を認めている。

組織犯罪対策5課によると

奥村憲博容疑者の逮捕容疑は2~4月、覚醒剤事件の捜査で、協力者の男性(50)覚醒剤取締法違反罪で起訴=の証言を偽造して供述調書を2通作成。それをもとに横浜簡易裁判所から捜索差し押さえ令状を取り、別の人物の携帯電話の通話履歴を差押えたというもの。この捜査で逮捕者はでていないという。

奥村容疑者を身辺調査するきっかけ

同課が9月、覚醒剤378g(末端価格2646万円相当)を所持していたとして、協力者の男を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕したことだった。男の交友関係を調査した結果、奥村容疑者と頻繁に連絡を取っていたことが判明した。身辺調査の結果、男の証言を調べたところ、男の証言の一部を変え、署名や押印を勝手に加えるなど、調査を偽造した疑いが浮上したという。同課は、奥村容疑者が調査を偽造した経緯や男との関係を慎重に調査している。

 麻薬取締官とは

麻薬取締官は全国に8か所ある厚労省・麻薬取締部の職員で、約300人いる。刑事訴訟法に基づく特別司法警察官として逮捕権があり、薬物事件を捜査している。

日東探偵社の薬物調査・毒物混入調査

薬物調査
毒物混入調査
お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP