兵庫県、議員の不倫関係

兵庫県市議会委員の
酒上太造議員(47)が不倫関係のもつれで、ニュースに
取り上げられています。
謝罪のインタビューでは、堂々としていますが、反省して
いるのか?分かりません。最近、議員のモラルの低下
が目立っています。不正をして大泣き謝罪したあの議員
と同様であると私は思います。

不倫相手の言い分

● 心から解決心から謝罪してほしい
● 議員としてではなく、人と人として謝罪してほしい
● 暴行を両手で突っ張りされた
● 被害届を出している

議員の言い分

● あさはかな優しさ
● 片手で突いた
● 妻、子に申し訳ないと反省
● 暴行を受けて被害届を出している

テレビ番組のキャストの意見

● ただのエロさ
● 女性の気持ちを分かっていない
● 生まれている子がいるのに中絶してと申し出たと
  薄情な言い分
● なんの会見なんだろうと議員の不信感
● 政治家としてのなんなのか?

日東探偵社、本部長からの意見

● 男女関係、不倫関係からのもつれの典型的なトラブルである
● 一番の被害者は誰と答えれば、子供ですよね
● 自分のトラブルも解決できない人に、人の上になる資格はない
● 人として謝罪してほしいと思う、不倫相手の意見には賛成する
● あさはかな優しさの意味が理解できない、ボランティアで不倫関係
 を始めたのか?愛情、好意があったからではないのか?
 そんなあさはかな優しと会見されたら女性として心に傷がつくだろう
● トラブルには必ず原因がある。議員、社会的地位の高い人なら
 当然的事前にトラブルを解決できるようではなくては議員として
 政治家として日本の問題、トラブルを解決は出来ないと私は思う。
 周囲の人間関係は社会の縮図である。問題解決力がない議員さんなら
 辞めてもらった方が賢明であり、税金の無駄使いになるとかではなく
 良い議員が選出してもらった方がよい。相手の気持ちが理解できない
 人間に国民の声は届かないし理解はできないのだろう。
 そんな人に議員の地位や、日本の政治を任せてはいけない・・・・

 

PAGETOP