芸能人・覚醒剤で逮捕NEW‘S

止まらない芸能人の覚醒剤使用での逮捕。一度覚醒剤の快楽におぼれたものは、あり地獄のようにぬけ出せないのである。違法な薬物をしようして発想が豊かになり体が楽になったつもりが、現実は脳みそが壊れているだけ。特別な能力を手にしたと勘違いしているだけ・・・・すべてが幻想である。違法薬物を使用していれば、いつかは、逮捕、刑務所、不健康になり廃人、人生からの転落が待ち受けている。気付いて薬を絶つことを選択すれば、きっと新鮮で正真正銘の幸せな人生が待っているでしょう。幸せは意外と身近にある。そんな幸せを見つけることが出来たらきっと薬を自然と止めれるのだ。芸能人はよく言えば多くの人を幸せにできる特権がある。しかし間違いを犯してしまえば、信用を裏切り絶望させてしまう。天国から地獄だ。信用は一気に大きな音をたて崩れていく。身ぐるみをはがされたぬいぐるみの様に。しかし過ちを改める事で再出発は必ずできる。時間と労力はたくさんかかるが、裏切ってしまった代償は大きいのだから、今まで以上に、一日を大切に生きることが大切でしょう。

 芸能人逮捕者

●覚醒剤を譲り受けたとして、警視庁組織犯罪対策5課は7日、麻薬特例法違反で、人気ダンスユニット「ZOO」の元メンバー坂井俊浩容疑者(46)東京都渋谷区を逮捕した。

●神奈川県警薬銃対策課と山手署は2日、覚醒剤取締違反(所持)の疑いで、ロックバンド「C-C-B」の元メンバーでミュージシャンの田口智治容疑者(54)東京都足立区を逮捕した。

探偵見解

よくテレビで、こいつ薬やっているんじゃ?と思う人間は大体薬物を使用していた。周りが汗をかいていないのに大汗かいていた者がいた。薬物をしようしている人は、必ず言動で判断することが可能。でも、全く分からないものもいるのも現実だ。止めれた者は、もちろん本人の意思もあるが、周囲の力があってやめれたと思う。、未だに薬物を絶つことができないで苦しんでいる芸能人は必ず存在する。芸能人でなくても一般人でも同じ悩みだろう。取り締まる警察、検事、弁護士、政治家でも逮捕の例が多々ある。それが薬物なのだ。人間やめますが?それともシャブやめますか?だ。周囲でもそんな怪しい人がいて迷惑をかけられていたら、相談してみよう。身内ならば特に逮捕される前に事前に対応することが大切である。

PAGETOP