GPS捜査違法(埼玉探偵NEWS)

水戸地裁

 

 

 

 

 

窃盗事件巡り水戸地裁

裁判所の令状なしに捜査対象者の車にGPS(全地球測位システム)の発信機を取り付けた茨城県警の捜査が違法かどうかが争点となった窃盗事件の判決公判が25日、水戸地裁であった。北村和裁判長は「違法だが、刑の重さには影響しないと」と判断。窃盗に問われた無職の男・懲役2年(求刑懲役2年6か月)を言い渡した。

茨城県警の捜査員

男の車にGPSを取り付けて行動を確認。盗んだとみられるバックをもっていたところを撮影した写真を検察側が証拠として提出したが、地裁は1月の公判で令状のないGPS捜査はプライバシーの侵害にあたるとして「重大な違法」と認定。証拠の採用を却下した。

探偵興信所

多くの探偵興信所ではGPSを使用しています。探偵興信所に依頼する前に、ご自分で妻や夫の車輛にGPSを取り付ける方も多く存在しますが、無駄に終わってしまうケースも多々あります。GPSにて、怪しい時間に検索し、この時間にここにいたあそこにいたとは分かるけど、実際誰と居たかは分かりません。不倫・浮気の証拠にもなりません。それに素人ではGPSをうまく使い尾行をすることは出来ません。
やはりプロと素人の差があるのです。日東探偵社ではGPSを利用する際は、あくまでも保険として使用します。GPSに100%頼る探偵はまだまだ未熟です。妻や夫の浮気・不倫でお悩みの方はいつでも相談してください。
 
 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP