やっぱり気になる他人の不倫(埼玉の探偵興信所)NEWS

ベッキー無題

どうでも、思ってみても、なぜか気になる他人の「不倫」。年明けから相次いだタレントや国会議員の不倫騒動は、「休業」と「辞職」にまで発展した。世間は、なぜこんなに注目するのか。

 

掲載週刊誌・売り切れ続出

「初売初日の昼に売り切れた。直送してほしい」1月、タレントのベッキーさんとバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音さんの不倫を週刊文集が報じて以降、発行元の文芸春秋には書店から問い合わせが相次ぐ。
1月14日号から4週連続で2人のスキャンダルを掲載し、2月18日号では宮崎謙介・元衆議院の「お泊りデート」。
他人の不倫がなぞこうも気になるのか。東京大大学院の瀬地山角教授(ジェンダー論)によると、不倫・浮気が即離婚につながる米国に比べ、日本は不倫・浮気がばれても離婚しない夫婦が多く、「浮気しても結婚が続くので不倫が目立つ」という。一方、日本人には「性関係は夫婦内に規定するべきだ」という規範意識が強い。
「不倫が起きやすいのに、不倫に厳しい。だから不倫に注目が集まりやすい」という理屈だ。

SNS発達逃げきれない

ゲス無題

今回は「プラスアルファ」の要因もあった。ベッキーは「清純」なイメージが強かった上、ゲス川谷さんは「糟糠の妻を捨て新しい女性に乗り越えたとえられた。」宮崎氏については「育休をぶち上げたことに尽きる。それがなければ、辞職も、注目されることもなかっただろう」と瀬地山角教授

 

危機管理コンサルタントの白井邦芳さん

有名人のスキャンダルは昔からあるが、SNSが発達した現代では情報が広く拡散するようになり、当事者は説明せずには逃げきれなくなったと分析する。渦中の「当事者」から世間はどう映るのか。2010年に、女性タレントとの過去の不倫を報じられたジャーナリストの山路徹さん(54)は「ひたすら謝って謝って、それでも許してもらえるか、分からない状況だった」と当時を振り返る。今回の不倫騒動に対する社会の反応を「一度叩き始めるとボコボコにするまで気が済まないリンチの論理に似ている」と感じた。山路さんは今も、情報番組などで不倫へのコメントを求められる。「一生付き合っていくしかない。むしろ、逆に受け入れて対応しないと生きていけません」

報道を見て「他山の石」に

不倫は犯罪ではなく、本来は当事者間で解決する問題。有名人だからといって、社会が「制裁」を加えようとするべきではないと主張する。「はじめての不倫学」の著者、坂爪真吾さんは、不倫を殺人や自殺に発展することもある(社会の問題)と促えて、社会全体で防止策を考えるべきだと提唱する。誰でも突然、誰かに心を奪われることがあり得る。
不倫には「魔力」があると話す。その上で「不倫がどれだけ人を傷つけるのか、自分自身に置き換えて不倫騒動をみるとよい。それが不倫防止につながれば、今回の不倫騒動にも意義があるのでは。」

埼玉の探偵興信所見解は

明日は我が身で、SNSの普及により、簡単に男女が出会えるご時世です。LINE,FB、グリー、ミクシィー、携帯アプリ、出会い系サイトなど年齢に関わらず出会えるのだ。簡単に出会える分、後々の男女トラブルも考えれる。1、2回会ったことがないのに、即同棲生活する人も多い。夫婦、恋人以外の異性に刺激を求めてしまうのも考えれる。倦怠期や刺激のない人生に飽きてしまい、性欲も大きく関わるが、不倫や浮気をする人には共通点がある。人間の行動や思考はそうそう変わりはない。一度肉体関係をもってしまった男女は、また次も体を貪り求めてしまう。まるであり地獄のように。なかなか抜け出せないのだ。幸せになれて退屈な夫婦生活を脱却して楽しむ人がいる一方で、不倫に苦しめられている人もいることを忘れずに・・・・人の気持ちを裏切る行為は罪なのだ。

パートナーの不倫・浮気でお悩みの方は

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP