お花見飲酒交通事故(探偵興信所)

 

飲酒運転2car_drinking

 

飲酒運転の怖さ

3・4月は送別会やお花見など、飲酒する機会が増える月です。同時に飲酒運転事故が増える月でもあります。
年始年末に次いで飲酒事故が多い月です。上司や取引先などから無理やりお酒を強要されることもあるでしょう。飲酒運転は重大な事故に直結する極めて危険な犯罪です。飲酒運転による死亡事故が未だに後を絶ちません。飲酒運転は、法律違反となるだけではなく、死亡事故につながる可能性が高いのです。失うものもはかり知れません。

飲酒運転で失うもの

死亡事故であれば、「大切な命」を失います。自分の命、他人の命(被害者)。行政処分や罰則を受ければ、家族、お金(賠償金)、信用、社会的地位、勤務先などを失って、本人、身内、被害者本人、被害者の家族の人生を一瞬で失う結果となるのです。
飲酒運転で得るものは一切ありません。飲酒運転事故して後になって後悔しても取り返しのつかない大きな代償が待っています。

探偵興信所による飲酒運転事故を未然に防ぐ取り組み

お花見シーズンになると多くのご相談があります。モラルの欠如した上司、社長、取引先関係者などの飲酒運転。それからお酒を強要する。権力、優位な地位を利用して無理やりお酒を飲ます方が存在します。(アルコール・ハラスメン)断れず嫌々飲まされることも大きな問題です。お花見をする方など昼間飲酒をしている。昼間だから検問など実施していないなど安易な気持ちで飲酒運転をする。もちろん地位の問題で注意はできず、飲酒運転を見てみぬふりをする。警察に相談したいけど、もし自分が通報。相談してばれたら怖いと相談も通報もできないで苦しんでいる相談者が多く存在するのです。

日東探偵社では依頼者様に代わって未然に飲酒運転をさせない調査、動きも実施しています。無駄な犠牲者が出ないよう、お早めにご相談しましょう。100%対象者に、ばれません。飲酒運転している対象者に疑われず調査を実施しています。一切ご依頼者様の情報は漏洩しませんのでご安心下さい。匿名でも飲酒運転調査を受任しております。

 

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい

PAGETOP