児童虐待調査

探偵が行う虐待調査虐待調査を探偵に依頼する前に、先ずは虐待について基礎的な知識と虐待調査に関する依頼の注意点などを理解していきましょう。虐待調査・児童虐待調査に関する情報サイトです。

虐待調査・探偵ガイド

➤虐待の定義
➤虐待調査とは
➤児童虐待調査の目的
➤虐待調査方法
➤児童虐待調査の料金体系

虐待の定義

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、冬戸外にしめだす、激しく揺さぶる、意図的に子どもを病気にさせる、 外傷とは打撲傷、あざ(内出血)、骨折、頭蓋内出血などの頭部外傷、内臓損傷、刺傷、たばこなどによる火傷などなど

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする、性器を触る又は触らせるなどの性的暴力、性的行為の強要・教唆などなど

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、 正しい看病等をしないで放置、子どもにとって必要な情緒的欲求に応えていない(愛情遮断など)子どもを遺棄する。祖父母、きょうだい、保護者の恋人などの同居人が虐待行為と同様の行為を行っているにもかかわらず、それを放置するなど

心理的虐待

言葉による脅し、無視、兄弟間での差別的扱い、子供の目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)、子どもを無視したり、拒否的な態度を示す、子どもの心を傷つけることを繰り返し言う、 子どもの自尊心を傷つけるような言動、子どもの面前で配偶者やその他の家族などに対し暴力をふるうなど

虐待調査とは

探偵・興信所が行う虐待調査・児童虐待調査とは、特定人物(特に児童)が虐待を受けていないか状況を把握するために不法行為の証拠を収集する目的とした調査を実施します。主な依頼者は、離婚に関係する親権問題から配偶者(夫・妻)若しくは、祖父・祖母・ご家族からの依頼が多いです。また家族ではない方からの虐待調査もご依頼は可能です。

児童虐待調査の目的

虐待調査の目的は、内容によって様々です。親として不適法者、不向きな人から、愛する子どもの将来、大切な家族である子どもや孫を守るために、探偵が協力して子どもを安全な場所で暮らせるよう虐待の証拠を押さえて調査します。虐待調査は重要な調査なのです。

  1. 娘の配偶者(娘の夫)が切れやすい性格で気性が荒いと聞いて心配
  2. 娘や息子の再婚相手が虐待をしていないか心配
  3. 息子の嫁が子どもに対して育児をいない証拠を押さえてほしい
  4. 別居している子どもに対して虐待がないか不安
  5. 離れて暮らす孫が、息子・娘の結婚相手に虐待されていないか不安
  6. ホームヘルパーが両親に対して虐待していないか調べてほしい
  7. 親権を得る為に虐待の証拠を押さえたい
  8. 孫を取り戻すために、虐待の証拠を押さえたい
  9. 子どもの自宅に行った際、孫の頭に大きなたん瘤や痣をみて心配
  10. 孫から再婚相手から虐待をされていると相談されたので調べてほしい

虐待調査方法

少しの異変に気付いたら、できる範囲で観察しチャックすることが大切です。身体的虐待は、目立たないところ、服で痣が隠れている場合があります。いつも同じ服で不衛生であったり、服が汚れていることが多いなど、細かく観察することが大切です。精神的虐待では、子どもの様子をよく観察して、しっかり話を聞いてあげましょう。虐待は自宅以外でも行われているケースがあります。親の子どもに対する接し方や、言葉使いなど、細かく監視し調査することで虐待が明らかになることがあります。虐待調査は、主に、聞き込み調査・張り込み・監視・尾行を中心とした調査になります。

児童虐待調査の料金体系

探偵・興信所に虐待調査を依頼する費用については、時間×日数×調査員の人数が基本的かかります。その他、移動経費なども加算されてきます。
探偵会社によって調査費用の算出方法も違ってきます。現場の状況によっても難易度で調査費用も変わってくるでしょう。

虐待調査料金の項目
着手金:調査依頼申し込みの際、調査費用合計の半額を調査前に入金。
基本料金:調査依頼の基本となる調査費用
調査諸経費:移動にかかった経費。調査中に使用した燃料費・高速代・宿泊費など
時間制:1時間(6,000円~)かける調査員の人数かける日数
パック制:20時間~100時間パック
成功報酬:調査目的が成功した時に事前に取り決めていた費用が発生します。
※ 虐待調査の料金・費用は、行動調査・素行調査・尾行による調査となるので、パック制度が選ばれています。

虐待関連サイト

●厚生労働省こども虐待対応の手引きはこちら
●児童虐待の定義と現状はこちら
●児童相談所(全国共通189番)

お名前
※必須

例:山田 太郎(偽名でも大丈夫です)

お住まい地域
ご連絡先
※必須

例:0120-15-7867

メールアドレス

例:test@sample.com ※携帯の場合は、PCからのメールを受信可能にしておいてください

お調べになりたい事柄
※必須

(いつ、どこで、だれがなど、知りたい事情、調べたい内容、現在の状況をお書き下さい)

現時点での情報
※必須

(今お持ちの情報をお聞かせ下さい)

調査目的、その他質問・要望
※必須
希望予算
※必須
円くらい
画像認証※必須

上記画像内の文字を入力して下さい

PAGETOP